映画-Movie Walker > 人物を探す > 高間賢治

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2019年 まで合計73映画作品)

2001年

ムルデカ 17805

  • 2001年5月12日(土)公開
  • 撮影監督

インドネシアの対オランダ独立戦争を背景にした歴史劇。祖国の敗戦後もインドネシアにとどまることを選んだ日本人たちの姿を、現地の人々との恋や友情を絡めて描く。

監督
藤由紀夫
出演キャスト
山田純大 保坂尚輝 ムハマド・イクバル ローラ・アマリア
2000年

クロスファイア

  • 2000年6月10日(土)公開
  • 撮影

 金子監督の強い希望で、淳子役に抜擢された矢田亜希子。心に傷を抱きながら、感情を爆発させるという難しい役柄を巧みに演じ、映画初主演とは思えない実力を発揮。

監督
金子修介
出演キャスト
矢田亜希子 伊藤英明 桃井かおり 原田龍二
1999年

ナビィの恋

  • 1999年12月4日(土)公開
  • 撮影監督

沖縄の小さな島を舞台に、60年前の恋に胸を焦がす老婆を巡る騒動を描いたコメディ。監督は「パイパティローマ」の中江裕司。脚本は、中江監督と中江素子による原案を基に、ふたりが共同執筆。撮影を「ラヂオの時間」の高間賢治が担当している。主演は「秘密の花園」の西田尚美と「夢幻琉球つるヘンリー」の平良とみ。

監督
中江裕司
出演キャスト
西田尚美 村上淳 平良とみ 登川誠仁
1997年

ラヂオの時間

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 撮影監督

ラジオ・ドラマの生放送中のスタジオを舞台に繰り広げられる騒動を描いた密室シチュエーション・コメディ。監督はテレビ・ドラマや舞台の脚本家として活躍中の三谷幸喜で、本作が初の映画監督作品となる。もともと舞台用に書かれた台本を、三谷自身が映画用に脚色。これにより、91年の「12人の優しい日本人」に続いて2度目のキネマ旬報脚本賞を受賞した。撮影は「ときめきメモリアル」の高間賢治が担当している。主演は「恋は舞い降りた。」の唐沢寿明と「良寛」の鈴木京香。西村雅彦が「マルタイの女」と併せて本作でキネマ旬報助演男優賞を受賞した。97年度キネマ旬報ベスト・テン第3位。

監督
三谷幸喜
出演キャスト
唐沢寿明 鈴木京香 西村雅彦 戸田恵子

ときめきメモリアル

  • 1997年8月9日(土)公開
  • 撮影監督

高校生活最後の夏休みに海の家でアルバイトをする高校生たちの恋と友情を爽やかに描いた青春ドラマ。監督は「That'sカンニング! 史上最大の作戦?」の菅原浩志。恋愛シュミレーション・ゲームとして人気のゲームソフト『ときめきメモリアル』をモチーフに、『ドク』『ビーチボーイズ』などのテレビ・ドラマの脚本家として知られる岡田惠和が脚本を執筆。撮影を「ドリーム・スタジアム」の高間賢治が担当している。主演は「渚のシンドバッド」の岡田義徳のほか、映画初出演となる榎本加奈子、中山エミリ、矢田亜希子、「モスラ(1996)」の山口紗弥加、「ドリーム・スタジアム」の池内博之らフレッシュ・スターが顔を揃えている。フジテレビの“ぼくたちの映画シリーズ”の第3期作品。

監督
菅原浩志
出演キャスト
岡田義徳 榎本加奈子 中山エミリ 矢田亜希子

ドリーム・スタジアム

  • 1997年6月21日(土)公開
  • 撮影監督

突然野球の能力に目覚めた落ちこぼれサラリーマンと、彼を取りまく人々の野球に賭けた夢を描いたファンタジー。監督は「わが心の銀河鉄道/宮沢賢治物語」の大森一樹。脚本は「大失恋。」の尾崎将也。撮影を「君を忘れない」の高間賢治が担当している。主演は「truth」の萩原聖人と「四姉妹物語」の牧瀬里穂。

監督
大森一樹
出演キャスト
萩原聖人 牧瀬里穂 桃井かおり 池内博之
1995年

君を忘れない(1995)

  • 1995年9月23日(土)公開
  • 撮影

戦争という暗く悲しい時代を、明るく懸命に生き抜いた7人の若きゼロ戦乗りたちの、恋と友情を描いた青春物語。監督は「居酒屋ゆうれい」の渡邊孝好。脚本は「エンジェル 僕の歌は君の歌」でも渡邊と組んだ長谷川康雄。撮影監督は「サンクチュアリ」の高間賢治がつとめ、キャストには「高校教師」の唐沢寿明、「シュート!」の木村拓哉ほか豪華なメンバーが顔を揃えている。

監督
渡邊孝好
出演キャスト
唐沢寿明 木村拓哉 袴田吉彦 反町隆史

サンクチュアリ(1995)

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 撮影

腐敗しきった日本を変えるために、表と裏の世界からトップの座を目指そうとする二人の青年の、熱き野望を描いた作品。監督は、これがデビューとなる藤由紀夫。撮影は「白い馬」の高間賢治が担当している。主演は「写楽」の永澤俊矢と「凶銃ルガーP08」の阿部寛。

監督
藤由紀夫
出演キャスト
永澤俊矢 阿部寛 中村あずさ 世良公則

白い馬

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 撮影監督

一人のモンゴル人少年を通して、草原に暮らす人々の日常を綴った人間ドラマ。監督は、実際にモンゴルの遊牧民たちと生活を共にした経験を持ち、「ガクの冒険」以来、自然とドラマを融合させた作品を発表し続けている椎名誠。撮影監督は前作「あひるのうたがきこえてくるよ。」に引き続き高間賢治がつとめている。モントリオール世界映画祭'95、第1回ダブリン映画祭、ゆうばり国際冒険・フンタスティック映画祭'95正式招待作品。

監督
椎名誠
出演キャスト
ガンボルディン・バーサンフー アディルビシーン・ダシビルジェ ナムジルパンサンギーン・サラントヤー ゾンドイン・ガルサンダンザン

ガメラ 大怪獣空中決戦

  • 1995年3月11日(土)公開
  • 撮影補佐

宇宙の守護神ガメラと超遺伝子獣ギャオスの壮絶なバトルを描いた特撮怪獣映画。本作品は、65年に「大怪獣ガメラ」として登場したシリーズの9作目にあたり、80年の「宇宙怪獣ガメラ」に続く14年ぶりの作品である。最新のSFXを駆使して、迫力の映像を展開。監督は「毎日が夏休み」の金子修介。脚本は「ネクロノミカン」の伊藤和典。特技監督に「未来の想い出 Last Christmas」の樋口真嗣がそれぞれあたっている。主演は「四姉妹物語」の伊原剛志、「ゴジラVSメカゴジラ」の中山忍、スティーヴン・セガールの娘・藤谷文子ら。封切り代表館である日比谷映画では、上映期間中「ガメラシアター」と館名を変更し、ポスター展などを場内で開催して話題を呼んだ。95年度キネマ旬報ベストテン第6位。同・読者選出ベストテン第2位。2016年7月2日より4Kデジタル復元版が劇場公開される。

監督
金子修介
出演キャスト
伊原剛志 中山忍 藤谷文子 小野寺昭
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高間賢治