映画-Movie Walker > 人物を探す > 加賀邦男

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1984年 まで合計292映画作品)

1984年

愛しき日々よ

  • 1984年11月15日(木)公開
  • 出演(病院の老人たち 役)

父親から受け継いだ火葬場で働く一人の男の生き方を描く。重兼芳子原作の「やまあいの煙」の映画化で、監督はこの作品で脚本も執筆している「父と子」の保坂延彦、撮影は戸部健一がそれぞれ担当。

監督
保坂延彦
出演キャスト
門田頼命 かたせ梨乃 鰐淵晴子 下絛正巳
1975年

本陣殺人事件

横溝正史の同名推理小説の映画化で、地方の由緒正しい旧家で行った“密室殺人”を描いた推理映画。脚本・監督は「餓鬼草紙」の高林陽一、撮影は「子連れ狼 冥府魔道」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
高林陽一
出演キャスト
田村高廣 高沢順子 新田章 東龍子

暴力金脈

  • 1975年8月9日(土)公開
  • 出演(萩原 役)

大企業を食いつくす総会屋の赤裸々な生態と、大資本に立ち向かう一匹狼の総会屋の虚々実々の攻防戦を描く。脚本は「暴動島根刑務所」の野上龍雄と「県警対組織暴力」の笠原和夫、監督は「暴動島根刑務所」の中島貞夫、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 梅宮辰夫 池玲子 小沢栄太郎
1971年

日本女侠伝 血斗乱れ花

  • 1971年4月3日(土)公開
  • 出演(杉山庄右ヱ門 役)

「日本女侠伝 鉄火芸者」に続く、シリーズ第4作目。脚本は「カポネの舎弟 やまと魂」の野上龍雄。監督は「博奕打ち いのち札」の山下耕作。撮影は「喜劇 ギャンブル必勝法」の山岸長樹がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
藤純子 津川雅彦 高倉健 山本麟一

関東テキヤ一家 喧嘩火祭り

  • 1971年2月13日(土)公開
  • 出演(矢崎為吉 役)

岐阜の裸祭りと秩父の夜祭りを背景に描く「関東テキヤ一家」シリーズ第四作。脚本は「札つき博徒」の志村正浩。監督は脚本にも参加しているシリーズ第三作「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の鈴木則文。撮影は「(秘)女子大寮」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
菅原文太 南利明 野川由美子 北村晃一
1970年

姿三四郎(1970)

  • 1970年7月25日公開
  • 出演(門馬三郎 役)

早撮りの名手、渡辺邦男が手がけた日本男子の原型・姿三四郎。脚本・監督は実に七年ぶりの渡辺邦男。撮影は西前弘が担当。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
竹脇無我 高橋幸治 森次浩司 小沢忠臣

女の警察 国際線待合室

  • 1970年2月7日公開
  • 出演(田淵 役)

「華やかな女豹」の中西隆三と佐藤道雄が共同でシナリオを執筆し、「涙でいいの」の丹野雄二が監督した“女の警察”シリーズ第三作。撮影は、「嵐の勇者たち」の山崎善弘が担当した。

監督
丹野雄二
出演キャスト
小林旭 青江三奈 戸部夕子 左時枝
1969年

さくら盃・義兄弟

  • 1969年3月29日公開
  • 出演(駒五郎 役)

若尾徳平と西田一夫が脚本を共同執筆し、中川信夫が監督した仁侠アクションもの。撮影は中尾利太郎が担当した。

監督
中川信夫
出演キャスト
高橋英樹 村田英雄 北島三郎 北林早苗
1968年

日本暗黒史 情無用

  • 1968年1月14日公開
  • 出演(熊川 役)

「大奥(秘)物語」の佐治乾と、「非行少女ヨーコ」の小野竜之助が共同で脚本を執筆し、「日本暗黒史 血の抗争」の工藤栄一が監督した“日本暗黒史”シリーズ二作目。撮影は「男の勝負 関東嵐」の古谷神。

監督
工藤栄一
出演キャスト
安藤昇 渡辺文雄 山城新伍 永山一夫
1967年

網走番外地 悪への挑戦

  • 1967年8月12日公開
  • 出演(港組組長 役)

伊藤一の原案より「網走番外地 決闘零下30度」の石井輝男が、脚本・監督を担当した“網走番外地”シリーズ第九作目。撮影は「決着(おとしまえ)」の稲田喜一。

監督
石井輝男
出演キャスト
高倉健 嵐寛寿郎 田中邦衛 穂高正伸
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 加賀邦男