TOP > 映画監督・俳優を探す > 上原由恵

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2008年 まで合計6映画作品)

2008年

カフェ代官山 Sweet Boys

  • 2008年3月15日(土)
  • 出演

相葉弘樹ら、注目の若手俳優共演の青春ドラマ。個性豊かな若者たちが切り盛りするカフェを舞台に、そこへパティシエ修行に来た青年の成長をさわやかに活写する。

監督
武正晴
出演キャスト
相葉弘樹 大河元気 桐山漣 馬場徹
2004年

69 sixty nine

  • 2004年7月10日(土)
  • 出演(中年ホステス 役)

村上龍の自伝的な青春小説を宮藤官九郎の脚本で映画化。激動の'69年を舞台に、モテたいがために一大騒動を巻き起こす男子高校生の姿をコミカルに描く痛快作。

監督
李相日
出演キャスト
妻夫木聡 安藤政信 金井勇太 太田莉菜

ニワトリはハダシだ

  • 2004年11月13日(土)
  • 出演(相田愛子 役)

社会の底辺でたくましく生きる人々を描き続ける、巨匠・森崎東最新作。知的障害をもつ少年の誘拐騒動を通し、現代社会に潜むタブーをユーモラスに描き出す。

監督
森崎東
出演キャスト
浜上竜也 肘井美佳 原田芳雄 倍賞美津子
2003年

座頭市(2003)

  • 2003年9月6日(土)
  • 出演(井筒屋の妻 役)

時代劇史上に残る名作シリーズ「座頭市」を、世界的人気を誇る北野武監督が大胆にリメイク。町を牛耳る悪党を相手に大暴れする盲目のヒーローの姿を描いた痛快アクションだ。

監督
北野武
出演キャスト
北野武 浅野忠信 橘大五郎 大家由祐子
1985年

生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言

  • 1985年5月11日(土)
  • 出演(アイコ 役)

ドサ回りのストリッパーを中心に、不良中学生、原発ジプシー、娼婦などいわゆるはみだし人間たちの生き方を描く。脚本は「ロケーション」の近藤昭二と、同作の森崎東、大原清秀の共同執筆。監督は森崎東、撮影は「いつか誰かが殺される」の浜田毅がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
倍賞美津子 平田満 片石隆弘 竹本幸恵
1978年

金曜日の寝室

  • 1978年4月29日(土)
  • 出演(キーパンチャー 役)

上司との情事を楽しむOLが、突然、破滅の淵にたたき落とされる姿を描く。脚本は「若妻日記 悶える」の下飯坂菊馬と「教師女鹿」の桂千穂の共同執筆、監督は「さすらいの恋人 眩暈(めまい)」の小沼勝、撮影は「黒薔薇夫人」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
加山麗子 野平ゆき 宇南山宏 岡本麗

上原由恵の関連人物

岸部一徳  矢柴俊博  眞島秀和  加瀬亮  森下能幸 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 上原由恵

ムービーウォーカー 上へ戻る