映画-Movie Walker > 人物を探す > 竹内公一

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2017年 まで合計42映画作品)

2017年

花筐/HANAGATAMI

  • 2017年12月16日(土)公開予定
  • 美術監督

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生
2016年

風に濡れた女

  • 2016年12月17日(土)公開
  • 美術

限られた予算の中、“10分に1回の濡れ場があれば、内容は自由”というスタイルで、70年代以降に日活が製作した成人映画のレーベル“日活ロマンポルノ”。その45周年を記念し、5人の映画監督がロマンポルノに挑んだプロジェクトの1作。塩田明彦監督が、間宮夕貴をヒロインに迎え、元劇作家の男と不可思議な女との出会いが巻き起こす騒動を描く。

監督
塩田明彦
出演キャスト
間宮夕貴 永岡佑 テイ龍進 鈴木美智子

シェル・コレクター

  • 2016年2月27日(土)公開
  • 美術

ピュリッツァー賞作家の同名処女短編集の一編を「美代子阿佐ヶ谷気分」の坪田義史監督が映画化。沖縄の豊かな自然の中で貝を兎集しながら一人静かに暮らしていた盲目の貝類学者が、貝毒を用いて奇病を治したことから波乱を呼んでいく。主演はイラストレーターや小説家、また「凶悪」をはじめ俳優としても活躍するなど多彩な顔を見せるリリー・フランキー。島に流れ着いた女を「キャタピラー」で第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を獲得した寺島しのぶが、学者の息子を「ぼくたちの家族」の池松壮亮が、奇病に侵された有力者の娘を「寄生獣」シリーズの橋本愛が演じる。

監督
坪田義史
出演キャスト
リリー・フランキー 寺島しのぶ 池松壮亮 橋本愛
2014年

0.5ミリ

  • 2014年11月8日(土)公開
  • 美術

生活のため町で見かけた訳ありの老人の家に押しかけ身の回りの世話をするヘルパーと、彼女と触れ合ううちに固く閉ざした心を開き生の輝きを取り戻していく老人たちを描いた人間ドラマ。デビュー作「カケラ」で満たされない女心を描いた安藤桃子監督が、8年におよぶ介護体験に着想を得た自身の小説を映画化。癖の強い老人たちと真正面からぶつかっていくヘルパーを「かぞくのくに」で第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を、「愛と誠」他で同助演女優賞のダブル受賞を果たした実妹の安藤サクラが演じる。ほか、「カンゾー先生」の柄本明、漫才師の坂田利夫、「沈まぬ太陽」の草笛光子、「マルサの女」の津川雅彦らが出演。2014年10月24日より、高知県・高知城西公園内『0.5ミリ』特設劇場にて先行公開。

監督
安藤桃子
出演キャスト
安藤サクラ 織本順吉 木内みどり 土屋希望

野のなななのか

  • 2014年5月17日(土)公開
  • 美術

北海道芦別市を舞台に、葬儀のために集まった家族の姿と、その家族に関わる終戦の秘話を通じて、3.11以降の日本のあり方を見つめるドラマ。「この空の花 長岡花火物語」の姉妹編的位置づけとなる大林宣彦監督作品。全編、芦別市でロケ撮影を行なった。出演は「沈まぬ太陽」の品川徹、「アフタースクール」の常盤貴子。

監督
大林宣彦
出演キャスト
品川徹 村田雄浩 松重豊 窪塚俊介
2013年

彌勒 MIROKU

  • 2013年10月26日(土)公開
  • 美術監督

“私立探偵濱マイクシリーズ”で知られる林海象監督が、京都造形芸術大学・映画学科の90人の学生たちと作りあげた意欲作。稲垣足穂の小説「彌勒」を基に、小説家を目指す少年・江美留の姿を2部構成でつづる。「第一部 少年編」では映画学科の女優たちが夢みる少年役を演じ、「第二部 青年編」には、永瀬正敏、井浦新らが出演。

監督
林海象
出演キャスト
永瀬正敏 土村芳 四谷シモン 佐野史郎

今日子と修一の場合

  • 2013年10月5日(土)公開
  • 美術

奥田瑛二の5本目となる長編監督作は、東日本大震災の被災地である宮城県南三陸町出身の2人の男女の姿を描くヒューマンドラマ。それぞれ心に深い傷を抱え、東京で新たな生活を送る2人が地震を機に、新たな一歩を踏み出していく。実生活では夫婦である安藤サクラと柄本佑を主演に迎え、南三陸町で長期ロケを行い撮影された。

監督
奥田瑛二
出演キャスト
安藤サクラ 柄本佑 和田聰宏 小篠恵奈

いたいのいたいのとんでいけ

  • 2013年5月11日(土)公開
  • 美術

新進の女性監督たちが自らの手で映画製作・上映や宣伝を手がける集団『桃まつり』による特集上映。これまでに国内外の他の映画祭などで注目を集めた作品などを輩出している。第5回目となる今回は“なみだ”をテーマに制作された短編8作品を3組に分け上映。「東京アリラン」がザ・コダック・フィルムスクール・コンペティション2008の日本代表に選出された朴美和監督が、まだあどけない子が父母の仲を修復させようとする姿を描く。SEIYUのテレビCM『餃子~夫婦ゲンカ篇』の大川春菜、「ハッピーフライト」の林田麻里、「血と骨」のミョンジュらが出演。「弐のなみだ」ではその他に「サヨナラ人魚」を併映。

監督
朴美和
出演キャスト
大川春菜 林田麻里 ミョンジュ 笠原詩織
2012年

この空の花 長岡花火物語

  • 2012年4月7日(土)公開
  • 美術監督

新潟県長岡市で毎年、8月1日から3日にかけて行われる長岡花火。第2次大戦時の空襲で亡くなった人々への追悼の思いから打ち上げられる花火大会を舞台に、2004年の中越地震、2011年の東日本大震災の追悼の思いも込められたドラマ。長岡を訪れた主人公が出会う人々との交流を通し、同地で起きた出来事がつづられる語り口が斬新だ。

監督
大林宣彦
出演キャスト
松雪泰子 高嶋政宏 原田夏希 猪股南
2009年

鍵穴通りでサヨウナラを

  • 2009年4月18日(土)公開
  • 美術

新鋭・吉田邦雄監督がカフカの小説「城」に触発されて製作した初長編作。不倫、駆け落ち、愛人の死、離婚など、数奇な運命をたどる男の姿を描くドラマ。

監督
吉田邦雄
出演キャスト
大谷賢治郎 小林麻子 神山てんがい 杵鞭麻衣
ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 竹内公一

ムービーウォーカー 上へ戻る