TOP > 映画監督・俳優を探す > 大木史朗

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1985年 まで合計50映画作品)

1985年

イヴの濡れてゆく

  • 1985年2月23日(土)
  • 出演(初老の紳士 役)

マネキン人形のアルバイトをする娘と、彼女に恋する郵便局員の姿を描く。脚本は「スチュワーデス・スキャンダル 獣のように抱きしめて」の渡辺寿、監督はこの作品がデビュー作となる村上修、撮影は「初夜の海」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
村上修
出演キャスト
イヴ 中村好男 大川かつ子 木築沙絵子
1973年

日本沈没(1973)

  • 1973年12月29日(土)
  • 出演(調査団員 役)

日本海溝の異変から日本列島が沈没すると予測した博士を中心に、日本民族救出のためのプロジェクト・チームが秘密裡に結成され、活動する様を、列島が大異変をくり返しながら沈没するまでを描く。脚本は「現代任侠史」の橋本忍、監督は「放課後」の森谷司郎、撮影は「日本侠花伝」の村井博と、木村大作がそれぞれ担当。

監督
森谷司郎
出演キャスト
藤岡弘、 いしだあゆみ 小林桂樹 滝田裕介
1968年

代貸

  • 1968年4月19日(金)
  • 出演(旅館主南 役)

「日本侠客伝 絶縁状」の棚田吾郎がシナリオを執筆し、「続・渡世人」の佐伯清が監督した任侠もの。撮影は「網走番外地 悪への挑戦」の稲田喜一。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 若山富三郎 大木実 辰巳柳太郎
1967年

渡世人

  • 1967年7月30日(日)
  • 出演(受刑者C 役)

「三等兵親分出陣」の棚田吾郎がシナリオを執筆し、「残侠あばれ肌」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「喜劇 急行列車」の飯村雅彦。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 市川和子 斎藤信也 水島道太郎

残侠あばれ肌

  • 1967年1月14日(土)
  • 出演(シケ馬安 役)

松浦健郎の原作を、「男度胸で勝負する」のコンビ山本英明と松本功が共同で脚色し、「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「湖の琴」の飯村雅彦。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 池部良 砂塚秀夫 桑野みゆき
1966年

侠客三国志 佐渡ケ島の決斗

  • 1966年10月1日(土)
  • 出演(岩松 役)

「続・兄弟仁義」の村尾昭がシナリオを執筆、「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影はコンビの星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
鶴田浩二 大木実 菅原謙二 久保菜穂子

夜の牝犬

  • 1966年2月3日(木)
  • 出演(医者 役)

「夜の悪女」でコンビの成澤昌茂がオリジナルシナリオを執筆、村山新治が監督した“夜の青春シリーズ”の第六作目。撮影もコンビの仲沢半次郎。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 大村文武 長沢純 緑魔子
1965年

昭和残侠伝

  • 1965年10月1日(金)
  • 出演(為吉 役)

「暗黒街仁義」の村尾昭と「夢のハワイで盆踊り」の山本英明、それに松本功が共同でシナリオを執筆、「刑事 (デカ)」の佐伯清が監督した侠客もの。撮影は「暗黒街仁義」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 三田佳子 伊井友三郎 中田博久

にっぽん泥棒物語

  • 1965年5月1日(土)
  • 出演(盗難調べの刑事 役)

「赤い手裏剣」の高岩肇と「雪崩(1956)」の武田敦が共同でシナリオを執筆「傷だらけの山河」の山本薩夫が監督した喜劇。撮影は「飢餓海峡」の仲沢半次郎。

監督
山本薩夫
出演キャスト
三國連太郎 北林谷栄 緑魔子 佐久間良子
1964年

柔道一代 講道館の鬼

  • 1964年2月1日(土)
  • 出演(下関の巡査A 役)

近藤竜太郎の原作を「雲の剣風の剣」の結束信二が脚色「柔道一代」の佐伯清が監督した柔道もの。撮影は「パレンバン奇襲作戦」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
千葉真一 大村文武 桜町弘子 西原八重子

大木史朗の関連人物

須藤健  神田隆  沢彰謙  山本麟一  杉義一 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 大木史朗

ムービーウォーカー 上へ戻る