映画-Movie Walker > 人物を探す > 原隆仁

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2005年 まで合計12映画作品)

2005年

いらっしゃいませ、患者さま。

  • 2005年6月4日(土)公開
  • 監督

閉鎖寸前の病院を“お色気作戦”で立て直す奇想天外な騒動を描いた、渡部篤郎主演のドタバタ・コメディ。大友康平、渡辺えり子ら個性派キャストが勢ぞろい!

監督
原隆仁
出演キャスト
渡部篤郎 大友康平 原沙知絵 藤岡弘、
1997年

OL忠臣蔵

  • 1997年9月13日(土)公開
  • 監督、脚本

悪質な企業解体屋の魔手から会社を守るために立ち上がったOLたちの奮闘ぶりを描くコメディ。監督は「大夜逃 夜逃げ屋本舗3」の原隆仁。脚本は神山由美子と「大夜逃 夜逃げ屋本舗3」のチーム・長崎行男、真崎慎、原の合作。撮影を「さすらいのトラブルバスター」の浜田毅が担当している。主演は「タイム・リープ」の坂井真紀、「天使のわけまえ」の南果歩ら。

監督
原隆仁
出演キャスト
坂井真紀 南果歩 細川直美 中島ひろ子
1995年

大夜逃 夜逃げ屋本舗3

  • 1995年2月11日(土)公開
  • 監督、脚本

負債者たちを強制労働所に押し込む不良債権回収代行業者と、おなじみ夜逃げ屋との戦いを描いたコメディのシリーズ第3弾。監督はシリーズ全作を手がけている原隆仁。撮影は「免許がない!」の仙元誠三が担当している。主演はシリーズの顔・中村雅俊。その敵役に「忠臣蔵 四十七人の刺客」の中村敦夫がふんしている。

監督
原隆仁
出演キャスト
中村雅俊 中村敦夫 益岡徹 西山由海
1993年

夜逃げ屋本舗2

  • 1993年5月15日(土)公開
  • 監督、脚本

自己破産した人々を狙う悪徳な債権取り立て屋に戦いを挑む、“夜逃げ屋”たちの活躍を描くドラマ。「夜逃げ屋本舗」(92)の続編。前作では夜逃げの最後の切り札として登場した自己破産だが、今回はその自己破産のその後を描く。監督は前作に続き原隆仁、主演も同じく中村雅俊が演じる。

監督
原隆仁
出演キャスト
中村雅俊 益岡徹 高木美保 中島陽典
1992年

夜逃げ屋本舗

  • 1992年1月18日(土)公開
  • 監督、脚本

借金苦の人々を救うべく活躍する夜逃げ屋の面々の姿を描いた社会派コメディ。脚本・監督は「べっぴんの町」の原隆仁。共同脚本は真崎慎と長崎行男。撮影は「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
原隆仁
出演キャスト
中村雅俊 大竹しのぶ 谷啓 高木美保
1989年

べっぴんの町

  • 1989年10月14日(土)公開
  • 監督

少年院の教官出身というアマチュア探偵の活躍をハードボイルドタッチに描く。軒上泊原作の同名小説の映画化で、脚本は「六本木バナナ・ボーイズ」の柏原寛司、監督は「バカヤロー! 私、怒ってます」(第三話)の原隆仁、撮影は宗田喜久松がそれぞれ担当。主題歌は、柴田恭兵(「AGAIN」)。

監督
原隆仁
出演キャスト
柴田恭兵 田中美佐子 本木雅弘 つみきみほ
1988年

バカヤロー! 私、怒ってます

  • 1988年10月15日(土)公開
  • 監督

普段大人しい人間が精神的抑圧から「バカヤロー!」と叫び出すまでのシチュエーションを描く。「そろばんずく」の森田芳光が総指揮・脚本を務めた四話からなるオムニバス映画で、監督は新人の渡辺えり子、中島哲也、原隆仁、堤幸彦、撮影は「うれしはずかし物語」の川上皓市と「団鬼六 妖艶能面地獄(1988)」の長田勇市が二話ずつそれぞれ担当。

監督
渡辺えり子 中島哲也 原隆仁 堤幸彦
出演キャスト
相楽晴子 伊原剛志 石橋蓮司 森下愛子
1986年

ア・ホーマンス

  • 1986年10月10日(金)公開
  • 助監督

二つの組織が対立する新宿に記憶を失った男がフラリと現れ、抗争に巻き込まれる姿を描く。週刊『漫画アクション』に短期連載された狩撫麻礼・作、たなか亜希夫・画による同名劇画の映画化で、脚本は「友よ、静かに瞑れ」の丸山昇一、監督はこの作品がデビュー作となる俳優の松田優作、撮影は「キャバレー」の仙元誠三がそれぞれ担当。主題歌は、A・R・B(「AFTER'45」)。

監督
松田優作
出演キャスト
松田優作 石橋凌 手塚理美 片桐竜次

そろばんずく

  • 1986年8月23日(土)公開
  • 助監督

広告代理店業界を二分する代理店同士の喰うか喰われるかの熾烈な戦いを描くコメディー。脚本・監督は「それから」の森田芳光、撮影は「野蛮人のように」の前田米造がそれぞれ担当。主題歌は、とんねるず(「寝た子も起きる子守唄」)。

監督
森田芳光
出演キャスト
石橋貴明 木梨憲武 安田成美 小林薫
1985年

それから(1985)

  • 1985年11月9日(土)公開
  • 助監督

明治後期の東京を舞台に、親友の妻への愛に悩む主人公の姿を描く。夏目漱石の同名小説の映画化。脚本は「ヘッドフォン・ララバイ」の筒井ともみ、監督は「メイン・テーマ」の森田芳光、撮影は「お葬式」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
森田芳光
出演キャスト
松田優作 藤谷美和子 小林薫 笠智衆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 原隆仁