映画-Movie Walker > 人物を探す > 高木美保

年代別 映画作品( 1984年 ~ 1993年 まで合計5映画作品)

1993年

夜逃げ屋本舗2

  • 1993年5月15日(土)公開
  • 出演(相沢康子 役)

自己破産した人々を狙う悪徳な債権取り立て屋に戦いを挑む、“夜逃げ屋”たちの活躍を描くドラマ。「夜逃げ屋本舗」(92)の続編。前作では夜逃げの最後の切り札として登場した自己破産だが、今回はその自己破産のその後を描く。監督は前作に続き原隆仁、主演も同じく中村雅俊が演じる。

監督
原隆仁
出演キャスト
中村雅俊 益岡徹 高木美保 中島陽典
1992年

夜逃げ屋本舗

  • 1992年1月18日(土)公開
  • 出演(相沢康子 役)

借金苦の人々を救うべく活躍する夜逃げ屋の面々の姿を描いた社会派コメディ。脚本・監督は「べっぴんの町」の原隆仁。共同脚本は真崎慎と長崎行男。撮影は「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
原隆仁
出演キャスト
中村雅俊 大竹しのぶ 谷啓 高木美保
1987年

二十四の瞳(1987)

  • 1987年7月11日(土)公開
  • 出演(松江(26歳) 役)

瀬戸内海の小豆島を舞台に、一人の女教師と十二人の教え子たちの交流を描いた名作の映画化。原作は壷井栄の同名小説、脚本は「新・喜びも悲しみも幾歳月」の木下惠介、監督は「ときめき海岸物語」の朝間義隆、撮影も同作の花田三史がそれぞれ担当。

監督
朝間義隆
出演キャスト
田中裕子 武田鉄矢 紺野美沙子 川野太郎
1985年

野蛮人のように

  • 1985年12月14日(土)公開
  • 出演(文子(雑誌編集者) 役)

偶然から思わぬ事件に巻き込まれる女流作家の姿を描く。原作・脚本・監督は「TAN TANたぬき」の川島透、撮影は「それから」の前田米造がそれぞれ担当。主題歌は、薬師丸ひろ子(「ステキな恋の忘れ方」)。

監督
川島透
出演キャスト
薬師丸ひろ子 柴田恭兵 河合美智子 太川陽介
1984年

Wの悲劇

  • 1984年12月15日(土)公開
  • 出演(菊地かおり 役)

女優をめざす若い劇団の研究生が、ある事件に巻き込まれて主役を演じ、本当の女優になっていく姿を描く。夏樹静子原作の同名小説を、本篇の中の舞台劇におりこみ、「湯殿山麓呪い村」の荒井晴彦と「野菊の墓」の澤井信一郎が共同で脚本を執筆。監督は澤井信一郎、撮影は「愛情物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
薬師丸ひろ子 世良公則 高木美保 志方亜紀子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高木美保