映画-Movie Walker > 人物を探す > 世良公則

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2019年 まで合計18映画作品)

2019年

小さな恋のうた

  • 2019年5月24日(金)公開
  • 出演(根間敏弘 役)

沖縄出身の人気バンド、MONGOL800の代表曲で2001年にリリースされた「小さな恋のうた」をモチーフにした青春ストーリー。バンドに青春をかける高校生たちが不幸な事故から再生していく姿が描かれる。バンドのボーカルを佐野勇斗、ドラムを森永悠希が演じるなど、実際に音楽経験のある俳優たちが熱のこもった演奏シーンを披露する。

監督
橋本光二郎
出演キャスト
佐野勇斗 森永悠希 山田杏奈 眞栄田郷敦

七つの会議

  • 2019年2月1日(金)公開
  • 出演(村西京助 役)

「半沢直樹」「下町ロケット」など数多くの映像化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名作を、野村萬斎主演で映画化したミステリー。万年係長が上司のパワハラを告発したことを機に、会社内で起こる騒動が描かれる。TVドラマ化された池井戸作品の常連である、香川照之や片岡愛之助ら実力派俳優が多数共演している。

監督
福澤克雄
出演キャスト
野村萬斎 香川照之 及川光博 片岡愛之助
2007年

恋するマドリ

  • 2007年8月18日(土)公開
  • 出演

引っ越しをきっかけに偶然出会った3人の男女の交流を描く、せつないラブ・ストーリー。映画初主演となる新垣結衣が、キュートな魅力でヒロインを好演する。

監督
大九明子
出演キャスト
新垣結衣 松田龍平 菊地凛子 中西学
2001年

青の瞬間(とき)

  • 2001年5月19日(土)公開
  • 出演(北山文彦 役)

日本映画学校で学んだ草野陽花監督の劇場デビュー作。小さな島で不満やいら立ちを抱えて生きる少年少女の多感な日々を、みずみずしく実直なタッチで描き出す。

監督
草野陽花
出演キャスト
郭智博 柳沢真理亜 伊藤淳史 世良公則
1998年

カンゾー先生

  • 1998年10月17日(土)公開
  • 出演(鳥海 役)

昭和20年、戦時下の岡山県の小さな漁師町を舞台に、患者を肝臓炎としか診断しない風変わりな町医者と彼を取り巻く町民たちの生き様を描いた人間喜劇。監督は「うなぎ」の今村昌平。坂口安吾の原作を基に、今村と「うなぎ」の天願大介が共同脚色。撮影を「出現!東京龍/TOKYO DRAGON」の小笠原茂が担当している。主演は「鍵」の柄本明。第51回カンヌ国際映画祭特別招待、報知映画賞主演男優賞&助演女優賞受賞作品。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第4位。

監督
今村昌平
出演キャスト
柄本明 麻生久美子 ジャック・ガンブラン 世良公則
1996年

走らなあかん 夜明けまで

  • 1996年3月30日(土)公開
  • 出演(金倉健一 役)

出張で大阪にやってきたビジネスマンが、アタッシュケースを間違えられたことからヤクザの抗争に巻き込まれ、奔走する姿をコミカルに描いたハードボイルド。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズで大阪を巧みに描出している萩庭貞明。脚本は「シンガポールスリング」の丸内敏治と、「Zの回路 復讐の裏ゴト師」の監督などで知られる石川均。主役のサラリーマンに「白鳥麗子でございます!」の萩原聖人。共演は「119」の大塚寧々、「トキワ荘の青春」の大森嘉之、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART V」の夏八木勲ほか。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
萩原聖人 大塚寧々 大森嘉之 世良公則
1995年

鬼平犯科帳

  • 1995年11月18日(土)公開
  • 出演(狐火の勇五郎 役)

小説・テレビ・舞台でと、幅広くその人気を誇る鬼平こと長谷川平蔵の活躍を描いたチャンバラ時代劇。監督は同テレビシリーズの監督もつとめている小野田嘉幹。原作は池波正太郎の同名ベストセラー。主演はテレビシリーズでもおなじみの中村吉右衛門。松竹創業100周年記念作品。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
中村吉右衛門 岩下志麻 藤田まこと 石橋蓮司

サンクチュアリ(1995)

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 出演(渡海 役)

腐敗しきった日本を変えるために、表と裏の世界からトップの座を目指そうとする二人の青年の、熱き野望を描いた作品。監督は、これがデビューとなる藤由紀夫。撮影は「白い馬」の高間賢治が担当している。主演は「写楽」の永澤俊矢と「凶銃ルガーP08」の阿部寛。

監督
藤由紀夫
出演キャスト
永澤俊矢 阿部寛 中村あずさ 世良公則

斬り込み(1995)

  • 1995年2月8日(水)公開
  • 出演(石神新三 役)

下町に住むトビ職人が、愛する女や住民のために、悪徳暴力団に立ち向かっていく様を描いた任侠アクション。監督は「DAN-GAN教師」の福岡芳穂。主演は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の世良公則。他に菅原文太、中尾彬、内藤剛志らが出演している。ヤクザ映画専門館の新宿昭和館で封切られたのも話題となった。スーパー16ミリ。

監督
福岡芳穂
出演キャスト
世良公則 菅原文太 内藤剛志 中村久美
1994年

新・極道の妻たち 惚れたら地獄

  • 1994年1月15日(土)公開
  • 出演(権藤啓太 役)

対立する巨大組織に次々に狙われながら、自分の小さな組と組員たちを守っていこうとする極道の妻の戦いを描くやくざ映画。人気シリーズ「極道の妻たち」の最新第7作で、監督はシリーズ3作目「極道の妻たち 三代目姐」も手がけた降旗康男。脚本は「継承盃」の松田寛夫、撮影は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の木村大作が担当。1作目以降シリーズの大半に主演している岩下志麻が今回も主役の姐を演じる。

監督
降旗康男
出演キャスト
岩下志麻 山下真司 清水宏次朗 斉藤慶子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 世良公則