映画-Movie Walker > 人物を探す > 浦辺粂子

年代別 映画作品( 1945年 ~ 2007年 まで合計289映画作品)

1963年

怪談 鬼火の沼

  • 1963年6月23日公開
  • 出演(おせき 役)

「剣に賭ける」の浅井昭三郎が脚本を執筆、「抜打ち鴉」の加戸敏が監督した怪談もの。撮影は「人斬り市場」の竹村康和。

監督
加戸敏
出演キャスト
城健三朗 丹羽又三郎 小林勝彦 近藤美恵子

花の咲く家

  • 1963年6月13日公開
  • 出演(おばさん 役)

“サンデー毎日”連載・大佛次郎原作を「あの人はいま」の柳井隆雄と石田守良・今井金次郎が共同で脚色、「泣いて笑った花嫁」の番匠義彰が監督した文芸もの。撮影もコンビの生方敏夫。

監督
番匠義彰
出演キャスト
佐田啓二 岩下志麻 岡田茉莉子 渡辺文雄

黒の死球

  • 1963年6月8日公開
  • 出演(祖母そで 役)

オール読物所載・高原弘吉原作“あるスカウトの死”を「やっちゃ場の女」の田口耕三が脚色、「殺陣師段平(1962)」の瑞穂春海が監督した推理もの、“黒”シリーズの七作目である。撮影は「黒の報告書」の中川芳久。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
宇津井健 河野秋武 藤由紀子 倉石功

魚河岸の旋風娘

  • 1963年3月3日公開
  • 出演(若林花子 役)

「咲子さんちょっと」の富田義朗が脚本を執筆、「ちんじゃらじゃら物語」の堀内真直が監督した喜劇。撮影は「空と海の結婚」の加藤正幸。

監督
堀内真直
出演キャスト
伴淳三郎 牧紀子 弘田三枝子 浦辺粂子

停年退職

  • 1963年3月1日公開
  • 出演(お民 役)

朝日新聞連載、源氏鶏太原作を「男と女の世の中」の斎藤良輔が脚色、「御身」の島耕二が監督したサラリーマンもの。撮影は「風神雷神」の渡辺公夫。

監督
島耕二
出演キャスト
船越英二 藤由紀子 倉石功 浦辺粂子

女に強くなる工夫の数々

  • 1963年1月15日公開
  • 出演(小川さだ 役)

「危いことなら銭になる」の池田一朗と「私と私」の笠原良三が共同で脚本を執筆、「河のほとりで」の千葉泰樹が監督した喜劇。撮影もコンビの西垣六郎と「女性自身」の遠藤精一。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
宝田明 司葉子 加東大介 淡島千景
1962年

パラキンと九ちゃん 申し訳ない野郎たち

  • 1962年12月30日公開
  • 出演(久恵の母 役)

「晴子の応援団長」の高橋二三のオリジナル・シナリオを「学生芸者 恋と喧嘩」の市村泰一が監督した喜劇。撮影もコンビの小杉正雄。

監督
市村泰一
出演キャスト
増田多夢 佐野修 上野保雄 石田智

ニッポン無責任野郎

  • 1962年12月23日公開
  • 出演(中込うめ 役)

「六本木の夜 愛して愛して」の田波靖男と「月給泥棒」の松木ひろしが共同で脚本を執筆、「若い季節(1962)」の古沢憲吾が監督したサラリーマン喜劇。撮影はコンビの飯村正。

監督
古沢憲吾
出演キャスト
植木等 団令子 ハナ肇 草笛光子

私は二歳

  • 1962年11月18日公開
  • 出演(おばあさん(小川いの) 役)

松田道雄著「私は二歳」「私は赤ちゃん」より「破戒(1962)」のコンビ和田夏十が脚色、市川崑が監督した子供の物語。撮影は「鯨神」の小林節雄。

監督
市川崑
出演キャスト
鈴木博雄 船越英二 山本富士子 浦辺粂子

裸体

  • 1962年11月8日公開
  • 出演(母もよ 役)

永井荷風原作から「お吟さま(1962)」の成澤昌茂が脚色・監督した文芸ドラマ。撮影は「あの橋の畔で」の川又昂。

監督
成澤昌茂
出演キャスト
瑳峨三智子 菅井一郎 浦辺粂子 飯田蝶子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浦辺粂子