映画-Movie Walker > 人物を探す > 浦辺粂子

年代別 映画作品( 1945年 ~ 2007年 まで合計289映画作品)

1968年

女と味噌汁

  • 1968年2月14日(水)公開
  • 出演(老婦人の客 役)

平岩弓枝の同名小説を、「颱風とざくろ」の井手俊郎が脚色し、「宴」の五所平之助が監督した女性もの。撮影は「日本のいちばん長い日」の村井博。

監督
五所平之助
出演キャスト
池内淳子 川崎敬三 田中邦衛 佐藤慶

春らんまん(1968)

  • 1968年1月14日(日)公開
  • 出演(さだ 役)

水木洋子の原作を「ドリフターズですよ! 前進前進また前進」の松木ひろしが脚色したテレビドラマを、「颱風とざくろ」の井手俊郎が映画用に潤色・シナリオ化したホーム・コメディ。監督には「沈丁花」の千葉泰樹があたり、撮影は「燃えろ!太陽」の西垣六郎が担当した。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
新珠三千代 宝田明 白川由美 司葉子
1967年

君に幸福を センチメンタル・ボーイ

  • 1967年12月16日(土)公開
  • 出演(二ノ谷くら 役)

「その人は昔」の松山善三がシナリオを執筆し、「石中先生行状記(1966)」の丸山誠治が監督した歌謡もの。撮影は「喜劇 駅前百年」の岡崎宏三。

監督
丸山誠治
出演キャスト
舟木一夫 山岡久乃 浦辺粂子 清水将夫

乱れ雲

  • 1967年11月18日(土)公開
  • 出演(三島ぬい 役)

昭和の巨匠・成瀬巳喜男の遺作となった傑作メロドラマ。交通事故の被害者と加害者の男女が、憎しみと愛情のはざまで揺れる姿を繊細に描いて涙を誘う。武満徹が音楽を担当。

監督
成瀬巳喜男
出演キャスト
加山雄三 司葉子 土屋嘉男 森光子

なつかしき笛や太鼓

  • 1967年9月30日(土)公開
  • 出演(お婆ちゃん 役)

「愛の手紙は幾歳月」の木下恵介がシナリオを執筆し、「香華」いらい久々に監督も担当した木下プロ第一回作品。撮影も「香華」の楠田浩之。

監督
木下恵介
出演キャスト
夏木陽介 大空真弓 高橋洋一郎 浦辺粂子

柳ヶ瀬ブルース

  • 1967年9月15日(金)公開
  • 出演(笹川かね 役)

「花札渡世」の成澤昌茂がシナリオを執筆し、「ボスは俺の拳銃で」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「男なんてなにさ」の坪井誠。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 原ひさ子 鶴見丈二 安城由貴子

花札渡世

  • 1967年3月10日(金)公開
  • 出演(甘酒屋の老姿 役)

「赤い夜光虫」の成澤昌茂がシナリオを執筆し、監督したやくざもの。撮影は「残侠あばれ肌」の飯村雅彦。

監督
成澤昌茂
出演キャスト
梅宮辰夫 鰐淵晴子 伴淳三郎 遠藤辰雄
1966年

浪曲子守唄

  • 1966年10月25日(火)公開
  • 出演(すぎ 役)

「赤い夜光虫」の成澤昌茂が自身の原案を潤色し、「可愛いくて凄い女」の池田雄一が脚本を執筆、「地獄の野良犬」の鷹森立一が監督した任侠もの。撮影はコンビの西川庄衛。

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 下沢広之 瑳峨三智子 根上淳

かあちゃんと11人の子ども

  • 1966年10月1日(土)公開
  • 出演(産婆 役)

吉田とらの原作を「恐山の女」の堀江英雄が脚色し、同じく「恐山の女」の五所平之助が監督した実話の映画化。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

監督
五所平之助
出演キャスト
左幸子 渥美清 久我美子 稲野和子

可愛いくて凄い女

  • 1966年9月17日(土)公開
  • 出演(飯島ゆき 役)

「続・おんな番外地」の舟橋和郎、「カミカゼ野郎 真昼の決斗」の池田雄一が共同でシナリオを執筆、「続・おんな番外地」の小西通雄が監督した“おんな番外地シリーズ”第三作目。撮影は「脅迫 おどし」の小沢義一。

監督
小西通雄
出演キャスト
緑魔子 浦辺粂子 園佳也子 天知茂
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浦辺粂子