映画-Movie Walker > 人物を探す > 松原千明

年代別 映画作品( 1980年 ~ 1988年 まで合計5映画作品)

1988年

死線を越えて 賀川豊彦物語

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 出演(小秀 役)

大正から昭和にかけて活躍したキリスト教社会運動家賀川豊彦の半生を描く。脚本は賀川豊彦原作の小説「死線を越えて」と武藤富男の「評伝賀川豊彦」を元に「極道の妻たちII」の高田宏治と「あっこちゃんの日記」の山田典吾が共同で執筆。監督は同作の山田、撮影は「ナオミ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
国広富之 黒木瞳 松原千明 長門裕之

菩提樹 リンデンバウム

  • 1988年8月6日(土)公開
  • 出演(葛城柊子 役)

両親を失くした女子医大生のあしながおじさんとの出逢いと、愛と苦悩を描く。大和和紀原作の同名漫画の映画化で、脚本は「ルパン三世 風魔一族の陰謀」の内藤誠と「冴島奈緒 アクメ記念日」の桂千穂が共同で執筆。監督は「ビッグ・マグナム 黒岩先生」の山口和彦、撮影は「ドン松五郎の大冒険」の奥村正祐がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
南野陽子 神田正輝 竹本孝之 柳沢慎吾
1987年

はいからさんが通る(1987)

  • 1987年公開
  • 出演(吉次 役)

大正後期、お転婆でハイカラな女の子が許婚の青年軍人と出逢い、繰りひろげる恋と冒険を描く。大和和紀原作の同名漫画の映画化で、脚本は「シャコタン・ブギ」の西岡琢也が執筆。監督は「いとしのエリー」の佐藤雅道、撮影は「スケバン刑事」の大町進がそれぞれ担当。

監督
佐藤雅道
出演キャスト
南野陽子 阿部寛 田中健 柳沢慎吾
1984年

いつか誰かが殺される

  • 1984年10月10日(水)公開
  • 出演(梨花 役)

父親の失踪とともに謎の事件に巻き込まれた女子高校生が、いろいろな人間に出合い成長していく姿を描く。赤川次郎原作の同名小説をモチーフに「お嬢さんの股ぐら」の高田純が脚本化、監督は「性的犯罪」の崔洋一、撮影は「晴れ、ときどき殺人」の浜田毅がそれぞれ担当。

監督
崔洋一
出演キャスト
渡辺典子 古尾谷雅人 松原千明 白竜
1980年

地震列島

  • 1980年8月30日(土)公開
  • 出演(梅島一枝 役)

大地震に襲われる東京。再三に渡って地震を予告していた若き地震学者の勇気ある行動を描く。脚本は「絞殺」の新藤兼人、監督は「岸壁の母」の大森健次郎、撮影は西垣六郎がそれぞれ担当。

監督
大森健次郎
出演キャスト
勝野洋 松尾嘉代 永島敏行 多岐川裕美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松原千明