映画-Movie Walker > 人物を探す > 和田誠

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2014年 まで合計13映画作品)

2014年

ふしぎな岬の物語

  • 2014年10月11日(土)公開
  • タイトル

吉永小百合が自ら企画&主演を務め、『津軽百年食堂』の森沢明夫の小説を映画化したヒューマンドラマ。岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマがつづられる。女主人のおいを阿部寛、店の常連客を笑福亭鶴瓶が演じるなど、個性あふれる顔ぶれが物語を彩る。監督は『八日目の蝉』の成島出。

監督
成島出
出演キャスト
吉永小百合 阿部寛 竹内結子 笑福亭鶴瓶
2004年

照明熊谷学校

  • 2004年12月4日(土)公開
  • 監修

長谷川和彦、相米慎二をはじめ多くの名匠を支えた照明技師・熊谷秀夫。その驚異的な技術を物語る記録フィルムが登場。熊谷が参加した「怪盗ルビイ」の和田誠が監修を担当。

出演キャスト
熊谷秀夫 根岸吉太郎 白鳥あかね 小川富美夫
2001年

かあちゃん

  • 2001年11月10日(土)公開
  • タイトル画

山本周五郎の同名小説をもとに、巨匠・市川崑監督が贈る人情時代劇。5人の子供を育てる心温かい母親の姿を通し、“人を信じること”の尊さを笑いと涙を交えて描く。

監督
市川崑
出演キャスト
岸惠子 原田龍二 うじきつよし 勝野雅奈恵

真夜中まで

  • 2001年8月4日(土)公開
  • 監督、脚本

イラストやエッセイ、映画とマルチに活動する和田誠監督のサスペンス。行きずりの男女の一夜の逃避行を描く。ジャズの響きにスリルが絡み、大人のムードたっぷり!

監督
和田誠
出演キャスト
真田広之 ミシェル・リー 岸部一徳 國村隼

みんなのいえ

  • 2001年6月9日(土)公開
  • 出演(バーの客 役)

映画賞を総ナメした「ラヂオの時間」から4年ぶりとなる、三谷幸喜監督待望の第2作。自らの家造り体験をもとに、次から次へと起こるドタバタ騒動をコミカルにつづる。

監督
三谷幸喜
出演キャスト
田中直樹 八木亜希子 唐沢寿明 田中邦衛
1997年

しずかなあやしい午後に

  • 1997年1月25日(土)公開
  • 監督、脚本

外国ではひとつのジャンルとして確立している短編映画を、その素地のない日本で製作しようという試みの下、作られた短編映画集。アニメーション、ファンタジー、ホラーのタイプの異なる3作品が収められ、これが監督デビューとなるグラフィックデザイナーの太田和彦、「怖がる人々」の和田誠、「白い馬」の椎名誠が、それぞれ監督にあたっている。スイカを買いに行った少年の1日をつづった“ワニメーション”の第1話「スイカを買った」(モノクロ・11分)は、台詞は一切なく、字幕と効果音だけで構成されたユニークなアニメーション。第2話「ガクの絵本」(カラー・29分)は、山間の川をカヌーで下るひとりの男と1匹の犬のある日の出来事を描いたファンタジー、第3話「遠灘鮫腹海岸(とおのなださめはらかいがん)」(カラー・29分)は、浜辺の砂に沈んでしまった男の不思議な体験を描くホラーで、それぞれ「ガクの冒険」の雑種犬・ガクとエッセイストの野田知佑、「ガクの冒険」の林政明が主演をつとめた。

監督
太田和彦 和田誠 椎名誠
出演キャスト
ガク 野田知佑 タロウ 高樹澪
1994年

怖がる人々

  • 1994年4月23日(土)公開
  • 監督、脚本

″恐怖″をテーマに、奇妙でユーモラスな怖い世界を映画化した5話のオムニバス。「快盗ルビイ」以来6年ぶりの和田誠監督作品で、脚本も和田が担当。撮影は「大病人」の前田米造。1話ごとに原作もキャストも異なるが、主演陣の他にチョイ役で出演するゲストもそれぞれ豪華。

監督
和田誠
出演キャスト
真田広之 原田美枝子 佐野史郎 熊谷真実
1988年

快盗ルビイ

  • 1988年11月12日(土)公開
  • 監督、脚本

おしゃれでチャーミングな快盗ルビイの犯罪と恋を描く。ヘンリー・スレッサーの「快盗ルビイ・マーチンスン」の映画化で、脚本・監督は「麻雀放浪記」の和田誠、撮影は「上海バンスキング(1988)」の丸池納がそれぞれ担当。主題歌は、小泉今日子(「快盗ルビイ」)。

監督
和田誠
出演キャスト
小泉今日子 真田広之 水野久美 加藤和夫

怪盗ジゴマ 音楽篇

  • 1988年11月12日(土)公開
  • 監督、製作、作曲、絵

怪盗ジゴマが歌姫の心の歌を盗むという寺山修司の同名戯曲の映画化で、監督・絵・作曲は和田誠、撮影は「妖精フローレンス」の八巻磐がそれぞれ担当。

監督
和田誠
出演キャスト
斎藤俊夫 斎藤晴彦 伊達英二 仲代圭吾
1984年

麻雀放浪記

  • 1984年10月10日(水)公開
  • 監督、脚本

敗戦直後の東京の片隅でひたすら麻雀を打ち続け、様様な勝負師との出会いでもう一つの人生を学んでいく若者を描く。阿佐田哲也の同名小説の映画化で、イラストレーターの和田誠が初の脚本を執筆、監督としてデビュー、「野菊の墓」の澤井信一郎が脚本を共同執筆している。撮影は「ダブルベッド」の安藤庄平。

監督
和田誠
出演キャスト
真田広之 大竹しのぶ 加賀まりこ 内藤陳
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 和田誠