映画-Movie Walker > 人物を探す > 月亭八方

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2005年 まで合計9映画作品)

2005年

男前 泣いて笑って泥まみれ

  • 2005年2月12日(土)公開
  • 出演

元極道の画家として知られる山本集が、智弁学園高校野球部監督だったころのエピソードをつづった原作を映画化。甲子園への夢を叶えようとする監督と生徒との絆を描く青春ドラマ。

監督
小美野昌史
出演キャスト
風間貢 鈴木紗理奈 高知東生 村上ショージ
2002年

明日があるさ THE MOVIE

  • 2002年10月5日(土)公開
  • 出演(パーティ会場客 役)

吉本興業のタレントが集結し、CMやテレビドラマで話題を呼んだシリーズが映画になって登場! 平凡なサラリーマンが、夢に向かい奮闘努力する姿を描くオフィス・ドラマ。

監督
岩本仁志
出演キャスト
浜田雅功 中村嘉葎雄 相楽晴子 酒井美紀
1989年

夢見通りの人々

  • 1989年8月5日(土)公開
  • 出演(古川勘市 役)

大阪の商店街を舞台にそこに生きる人々の生活を描く人情喜劇。宮本輝原作の同名小説の映画化で、脚本は「女咲かせます」の梶浦政男が執筆。監督は同作の森崎東、撮影は「善人の条件」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
小倉久寛 南果歩 大地康雄 西川弘志
1987年

極道の妻たちII

  • 1987年10月10日(土)公開
  • 出演(影山忠男 役)

極道の妻たちの世界を描いた「極道の妻たち」の第二弾。家田荘子の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は前作の高田宏治、監督は「燃える勇者」の土橋亭、撮影は水巻祐介がそれぞれ担当。

監督
土橋亨
出演キャスト
十朱幸代 かたせ梨乃 木村一八 竹内力
1984年

北の螢

  • 1984年9月1日(土)公開
  • 出演(呉服商 役)

明治時代、北海道開拓の先兵として強制労働を強いられた囚人たちと彼らを収容する樺戸集治監の管理者たちとの血で血を洗う葛藤、そこに集まってきた女たちの愛憎を描く。監督は「陽暉楼」の五社英雄。脚本も同作の高田宏治、撮影は「序の舞」の森田富士郎が各々担当。また、阿久悠がスーパーバイザーとして企画の段階から総合的アドバイスをしている。

監督
五社英雄
出演キャスト
仲代達矢 岩下志麻 夏木マリ 中村れい子
1976年

恋の空中ぶらんこ

  • 1976年12月25日(土)公開
  • 出演(司会者 役)

サーカスの世界に生きる乙女と花形スターとの初恋を中心に、周囲の人々の人生の哀歓を描いた物語。脚本は「北の宿から」のジェームス三木と吉田剛の共同、監督は「喜劇 百点満点」の松林宗恵、撮影は「妻と女の間」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
松林宗恵
出演キャスト
藤岡弘、 草川祐馬 浅野ゆう子 伴淳三郎

テキヤの石松

  • 1976年4月10日(土)公開
  • 出演(セールスマン 役)

自ら“石松”を名乗るテキヤを主人公に、彼を取りまく様々な人物が捲き起こすアクション喜劇。脚本は「任侠花一輪」の村尾昭と「くノの一忍法 観音開き」の松本功、監督は脚本も執筆している「激突!合気道」の小沢茂弘、撮影は「実録外伝 大阪電撃作戦」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
松方弘樹 范文雀 檀ふみ 山本リンダ
1974年

男はつらいよ 寅次郎子守唄

  • 1974年12月28日(土)公開
  • 出演(男 役)

“男はつらいよ”シリーズ第14作目。今回は寅さんが旅先でひょんなことから預ってしまった赤ん坊をめぐって捲き起こる騒動を描く。脚本は「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」の朝間義隆、原作・監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 十朱幸代 下絛正巳
1973年

ヤングおー!おー! 日本のジョウシキでーす

  • 1973年11月17日(土)公開
  • 音楽、出演(ザ・パンダ 役)

外国で一族揚げようと日本脱出を企だてた六人のなまけ者が船賃を稼ぐために起こす事件を、テレビの人気番組を絡ませながら描く喜劇。脚本は檀上茂と「非情学園ワル 教師狩り」の松本功、監督は山崎大助、撮影は「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
山崎大助
出演キャスト
笑福亭仁鶴 岡八郎 西川きよし 横山やすし
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 月亭八方