映画-Movie Walker > 人物を探す > 坊屋三郎

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2000年 まで合計121映画作品)

1954年

とんち教室

  • 1954年7月13日(火)公開
  • 出演(頭取 役)

NHK連続番組に取材した東映現代喜劇で、「少年姿三四郎 第一部山岳の決闘 第二部大川端の決闘」の青木義久、窪田篤人、監督の渡辺邦男(重盛君上京す)、菜川作太郎が共同して脚本を執筆している。撮影は「重盛君上京す」の渡辺孝。出演者は「里見八犬伝(1954)」の石井一雄、「重盛君上京す」の横山エンタツ、「母の秘密」の三浦光子、「二挺拳銃の龍」の植村謙二郎、天路圭子、「弥次喜多」の宇治みさ子などである。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
岸井明 横山エンタツ 植村謙二郎 三浦光子

重盛君上京す

  • 1954年6月22日(火)公開
  • 出演(村の男 役)

NHK連続放送劇「東京ロマンス」の映画化で、「半処女」の岸松雄の脚本より、「鳴門秘帖 前篇(1954)」の渡辺邦男が監督している。撮影も「鳴門秘帖 前篇(1954)」の渡辺孝の担当。出演者は「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の森繋久弥、「東京シンデレラ娘」の新倉美子、「夏祭り落語長屋」の柳家金語楼、三木のり平などである。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
森繁久彌 武智豊子 新倉美子 三木のり平

鳴門秘帖 後篇(1954)

  • 1954年5月31日(月)公開
  • 出演(仲間宅助 役)

スタッフ、キャストとも前作とほぼ同じである。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
市川右太衛門 花柳小菊 高松錦之助 宇治みさ子

鳴門秘帖 前篇(1954)

  • 1954年5月10日(月)公開
  • 出演(仲間宅助 役)

戦後は大映=新演技座で「甲賀屋敷」(四十九年)として映画化された事もある吉川英治原作の再映画化。「学生五人男」の棚田吾郎=舟橋和郎の脚本を「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の渡辺邦男が監督している。出演者は「暁の三十八番斬り」の市川右太衛門、「少年姿三四郎 第一部山岳の決闘 第二部大川端の決闘」の宇治みさ子、「殴り込み二十八人衆」の花柳小菊、「三代目の若旦那」の高千穂ひづるなど。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
市川右太衛門 花柳小菊 高松錦之助 宇治みさ子

続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り

  • 1954年4月13日(火)公開
  • 出演(坂東彦八 役)

「水戸黄門漫遊記(1954)」の続篇。第85号紹介の「水戸黄門漫遊記(三部作)」は第一部、第二部のみ映画になり、残りの第三部を尾崎十三雄が一部分書き変え更に新しいエピソードを加えたのがこの「副将軍初上り」である。併せて85号「水戸黄門漫遊記」紹介の訂正をしておく。スタッフ、キャストとも略前作と同様であるが、今回は音楽を高橋半(「謎の黄金島」)、美術が吉村晟に変っている。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
月形龍之介 大友柳太朗 加賀邦男 千原しのぶ

血ざくら判官

  • 1954年3月17日(水)公開
  • 出演(猿廻し久六 役)

「謎の黄金島」の高岩肇の脚本を「殴り込み二十八人衆」の萩原遼が監督している。撮影は「謎の黄金島」の吉田貞次、音楽は「殴り込み二十八人衆」の山田栄一。出演者は「続南国太平記 薩南の嵐」の片岡千恵蔵、「水戸黄門漫遊記(1954)」の千原しのぶ、原健策、坊屋三郎、「第二の接吻」の三浦光子、「番町皿屋敷 お菊と播磨」の進藤英太郎などである。

監督
萩原遼
出演キャスト
片岡千恵蔵 河部五郎 進藤英太郎 澤村國太郎

学生五人男シリーズ・第二部 迷探偵出動

  • 1954年3月17日(水)公開
  • 出演(猫間中尉 役)

スタッフと主要キャストは第一部と同じで、他に「懐しのメロディー」の川口節子(1)と杉狂児「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の月形哲之介等が出演する。

監督
小林恒夫
出演キャスト
波島進 船山汎 杉義一 山本麟一

ウッカリ夫人とチャッカリ夫人 やりくり算段の巻

  • 1954年3月10日(水)公開
  • 出演(会社の課長 役)

一昨年新東宝が映画化したその後を継いで東京映画が映画化するラジオ東京の連続放送劇で、青木義久と窪田篤人の共同脚本を、「続南国太平記 薩南の嵐」の渡辺邦男、渡辺孝が監督、撮影を夫々担当している。出演者は「花と波涛」の久慈あさみ、「ママの日記」の佐野周二、ビクターの恵ミチ子、宝塚の東郷晴子、第一協団の本郷秀雄のほか、柳家金語楼、灰田勝彦、坊屋三郎等喜劇陣が出演する。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
佐野周二 久慈あさみ 恵ミチ子 本郷秀雄

学生五人男シリーズ・第一部 幽霊軍隊

  • 1954年3月10日(水)公開
  • 出演(猫間中尉 役)

かつての「学生五人男 (三部作)」の棚田吾郎と舟橋和郎に「懐しのメロディー」の結束信二が参加して脚本を書き、「彌次喜多 東海道の巻 高野山詣での巻 木曽街道の巻」の小林恒夫が監督、「彌次喜多 東海道の巻 高野山詣での巻 木曽街道の巻」の星島一郎が撮影する。主演は「学生五人男」と同じく波島進、船山汎、杉義一、山本麟一、福岡正剛の五人で、「二挺拳銃の龍」の天路圭子、「八百屋お七 ふり袖月夜」の小杉勇等が出演する。

監督
小林恒夫
出演キャスト
波島進 船山汎 杉義一 山本麟一

水戸黄門漫遊記(1954)

  • 1954年2月24日(水)公開
  • 出演(坂東彦八 役)

「真田十勇士」「謎の黄金島」に次ぐ東映三部作シリーズ。玉木潤一郎の企画により映画作家協団がシナリオを書き、「母系図」の伊賀山正徳が始めて時代劇にメガフォンを握っている。撮影は「殴り込み二十八人衆」の杉田正二。出演者は「殴り込み二十八人衆」の月形龍之介、大友柳太朗、坊屋三郎、「続南国太平記 薩南の嵐」の千原しのぶ、「秩父水滸伝」の三島雅夫、原健策、「謎の黄金島」の徳大寺伸などである。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
月形龍之介 大友柳太朗 加賀邦男 千原しのぶ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 坊屋三郎