映画-Movie Walker > 人物を探す > 大森嘉之

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2000年 まで合計37映画作品)

2000年

淀川長治物語 神戸篇サイナラ

  • 2000年9月30日(土)公開
  • 出演(ヤクザ 役)

 98年11月に惜しまれながらこの世を去った映画評論家・淀川長治の自伝を、大林宣彦監督が映像化。生涯を映画に捧げた男の波乱に満ちた少年時代をドラマチックに描く。

監督
大林宣彦
出演キャスト
厚木拓郎 勝野洋輔 秋吉久美子 高橋かおり

新 男樹  完結編

  • 2000年3月11日(土)公開
  • 出演(渡辺 役)

日本最大の暴力団組織の総長を父に持つ高校生が、度胸と人情でトップにのぼりつめていくまでを描いた青春アクション。監督は「カレンダー if just now」の小久保利己。本宮ひろ志によるコミックを基に、土屋保文と本宮自身が共同脚色。撮影を「ドリームメーカー」の林淳一郎が担当している。主演は、宮本大誠。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
小久保利己
出演キャスト
宮本大誠 夏八木勲 高橋惠子 永倉大輔
1999年

ゴジラ 2000 MILLENNIUM

  • 1999年12月11日(土)公開
  • 出演(CCIスタッフ 役)

ハリウッドに進出したゴジラが、2000年の日本に復活し未知の地球外生命体と壮絶なバトルを繰り広げる怪獣パニック映画のシリーズ23弾。監督は「誘拐」の大河原孝夫。脚本は「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」の柏原寛司と「天才えりちゃん金魚を食べた」の三村渉の共同。撮影を「修羅がゆく8 首都血戦」の加藤雄大が担当。特殊技術に「モスラ3 キングギドラ来襲」の鈴木健二。主演は「プライド 運命の瞬間」の村田雅浩と「ナビィの恋」の西田尚美。

監督
大河原孝夫
出演キャスト
村田雅浩 西田尚美 鈴木麻由 喜多川務

実録梁山泊 パチプロ列伝 浪花の哲

  • 1999年6月13日(日)公開
  • 出演(パチンコ店店長 役)

パチプロ集団・梁山泊のメンバーのひとり・浪花の哲をフィーチャーして描くパチンコ映画。監督は門奈克雄。梁山泊の原作を基に、山本優が脚本を執筆。撮影を苧野昇が担当している。主演は「日本極道史 野望の軍団」の石橋保。16ミリからのブローアップ。

監督
門奈克雄
出演キャスト
布施博 石橋保 鼓太郎 立花理佐
1998年

絆 きずな

  • 1998年6月6日(土)公開
  • 出演(子出前持ち 役)

様々な絆で結ばれた愛する者たちの為に、忌まわしい過去を封印しようとする男の姿を描いたドラマ。監督は「乳房」の根岸吉太郎。白川道の「海は涸いていた」を基に、「身も心も」の荒井晴彦が脚色。撮影を「眠る男」の丸池納が担当している。主演は「CURE/キュア」の役所広司。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第10位

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
役所広司 渡辺謙 麻生祐未 中村嘉葎雄
1997年

誘拐(1997)

  • 1997年6月7日(土)公開
  • 出演(刑事 役)

東京のど真ん中で行われる身代金の受け渡しをテレビで生中継するという前代未聞の誘拐事件の顛末を描いた娯楽大作。監督は「ゴジラVSデストロイア」の大河原孝夫。脚本は森下直の95年度城戸賞受賞作。撮影を「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」の木村大作が担当し、身代金受け渡しのシークエンスは日本映画撮影監督協会の応援のもと、日本映画界を代表する数多くのキャメラマンが参加して、空前の大ロケーションが敢行された。主演は「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」の渡哲也と「学校II」の永瀬正敏。97年度キネマ旬報ベスト・テン第7位。

監督
大河原孝夫
出演キャスト
渡哲也 永瀬正敏 酒井美紀 柄本明

義務と演技

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 出演(小西AD 役)

2組の夫婦のセックスの機微を描いた艶笑ドラマ。監督は「国会へ行こう!」の一倉治雄。96年10月から、浅野ゆう子・佐野史郎・黒木瞳・大浦龍宇一のキャストで、TBSでドラマ化もされた、脚本家・内館牧子による同名ベストセラー小説が原作で、脚本は「忠臣蔵 四十七人の刺客」の竹山洋。撮影を「あぶない刑事リターンズ」の仙元誠三が担当している。主演は「新 居酒屋ゆうれい」の舘ひろしと、「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の清水美砂。

監督
一倉治雄
出演キャスト
舘ひろし 清水美砂 高島礼子 杉本哲太
1996年

難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTVIII

  • 1996年11月1日(金)公開
  • 出演(金子竜也 役)

おなじみ“萬田銀行”の面々が活躍する金融ドラマ。監督は前作に引き続き萩庭貞明、撮影監督も三好和宏がそれぞれ担当。今回は老人詐欺をめぐる人情噺で、レギュラーメンバーに加え、光石研、石井トミコ、上岡龍太郎、河内家菊水丸などがゲスト出演している。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
竹内力 光石研 石井トミコ 鍋島浩

難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTVII

  • 1996年6月26日(水)公開
  • 出演(金子竜也 役)

『週刊漫画ゴラク』連載の人気漫画を原作とし、OVシリーズやテレビ版も作られている人気金融ドラマの劇場版。今作では、おなじみ“萬田銀行”の面々が先物取引業者と対決する姿が描かれる。監督はシリーズの大半を手掛ける「走らなあかん 夜明けまで」の萩庭貞明。撮影監督もシリーズを手掛ける三好和宏。主演・竹内力の敵役に高橋長英、詐欺被害者にゆーとぴあの城後光義がゲスト出演している。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
竹内力 城後光義 高橋長英 大森嘉之

走らなあかん 夜明けまで

  • 1996年3月30日(土)公開
  • 出演(大山三治 役)

出張で大阪にやってきたビジネスマンが、アタッシュケースを間違えられたことからヤクザの抗争に巻き込まれ、奔走する姿をコミカルに描いたハードボイルド。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズで大阪を巧みに描出している萩庭貞明。脚本は「シンガポールスリング」の丸内敏治と、「Zの回路 復讐の裏ゴト師」の監督などで知られる石川均。主役のサラリーマンに「白鳥麗子でございます!」の萩原聖人。共演は「119」の大塚寧々、「トキワ荘の青春」の大森嘉之、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART V」の夏八木勲ほか。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
萩原聖人 大塚寧々 大森嘉之 世良公則
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大森嘉之