TOP > 人物を探す > キティー・ケリー

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1938年 まで合計7映画作品)

1938年

翼の人々

  • 1938年
  • 出演(Martha_Ranson 役)

「スタア誕生(1937)」のウィリアム・A・ウェルマンが制作・監督した総テクニカラーの空のエピックで、「真実の告白」「スイング」のフレッド・カクカレイと「ホノルル航空隊」「セニョリタ」のレイ・ミランド及び「誘拐魔」のルイズ・キャンベルが主役を演じる。脚本は「スタア誕生(1937)」の原作・脚色に参興したロバート・カースンが執筆し、撮影は「スタア誕生(1937)」「沙漠の花園」のハワード・グリーンが担当した。助演者は「スタア誕生(1937)」「シカゴ」のアンディ・デヴァイン、「新天地」「真実の告白」のボーター・ホール、「北海の子」「百万ドル大放送」のリン・オヴァマン、「激怒(1936)」のウォルター・エイベル、「運河のそよ風」のキティーケリー、「セイルムの娘」のヴァジニア・ワイドラー、ドナルド・オコナー、ビリー・クック等である。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ レイ・ミランド ルイズ・キャンベル アンディ・デヴァイン
1935年

運河のそよ風

  • 1935年
  • 出演(Ivy 役)

「彼女の家出」「ニューヨークの口笛」のジャネット・ゲイナーが「東への道」のヘンリー・フォンダを相手に主演する映画で、「無軌道行進曲」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たった。ウォルター・D・エドモンズの小説に基づいたふらんく・B・エルザーとマーク・コネリー共同脚色の舞台劇から「流れる青空」のエドウィン・バークが脚色した。助演者は「ジャバの東」のチャールズ・ビックフォード、「東への道」のスリム・サマーヴィル、アンディ・デヴァイン及びマーガレット・ハミルトン、「あたいは街の人気者」のジェーン・ウイザーズその他で、「キャラバン」のアーチネスト・パーマー撮影。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ヘンリー・フォンダ チャールス・ビックフォード スリム・サマーヴィル
1934年

わたしのすべてを(1934)

  • 1934年
  • 出演(Lorraine 役)

「生活の設計」「暴君ネロ(1932)」のフレドリック・マーチ、「生活の設計」「南風」のミリアム・ホプキンス、「ボレロ」「バワリイ」のジョージ・ラフトが共演する映画で、ローズ・アルバート・ポーター作の戯曲「さなぎ」に基づき、「暴君ネロ(1932)」「競馬天国」のシドニー・バックマンがトーマス・ミッチェルと共同脚色し、「生の創め」「紐の仇討」のジェームズ・フラッドが監督にあたり、「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーが撮影した。助演者は「レヴュー艦隊」「沈黙の証人」のヘレン・マック、「唄へ!踊れ!(1933)」のキティー・ケリー、「武器よさらば」のギルバート・エメリー、「拳骨大売出し」ウィリアム・コリアー・シニア、プランシュ・フレデリシ等である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
フレドリック・マーチ ミリアム・ホプキンス ジョージ・ラフト ヘレン・マック

よたもん稼業

  • 1934年
  • 出演(Cora 役)

「ボクは芸人」「爆弾の頬紅」のリー・トレイシーが「ボクは芸人」「わたしのすべてを」のヘレン・マックを相手に主演する映画。原作は「可愛いマーカちゃん」のデーモン・ラニョンが書き下ろし、「合点!!承知!!」のハワード・J・グリーンが脚色し、「マダムと踊子」のマーシャル・ニーランが監督に当たり、「風の接吻」「花嫁は泣きました」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者は「ボレロ」「合点!!承知!!」のウィリアム・フローリー、「女は要らねえ」のミナ・ゴンベル、「かぼちゃ太夫」のベビー・ルロイ、「唄へ!踊れ!(1933)」のキティー・ケリー、「奇傑パンチョ」のヘンリー・B・ウォルソール等の面々である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
リー・トレイシー ヘレン・マック ウィリアム・フローリー ミナ・ゴンベル
1933年

419号室の女

  • 1933年
  • 出演(Teiephone_Operator 役)

「明日は晴れ」のアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督した映画で、「上海特急」「ブロンド・ヴィナス」の脚色者ジュールス・ファースマンが書き下ろした物語を「七万人の目撃者」「爆走する悪魔」のP・J・ウルフソンおよびアレン・リヴキンの2人組がマヌエル・セフと共同して脚色に当たった。撮影は「暴君ネロ(1932)」「暴風の処女」のカール・ストラッスの担任。出演者は「ダンス・ティーム」「選手権目指して」のジェームズ・ダン、「魔の家(1932)」「全米軍」のグロリア・スチュアート、「競馬天国」「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「舗道」のウィリアム・ハリガン、「戦場よさらば」「暴風の処女」のジャック・ラルー、「恐怖の甲板」「競馬天国」のシャーリー・グレイ等で、その他ヴィンス・バーネット、ジョニイ・ハインズ、ガートルード・ショート、エフィー・エルスラー等助演。

監督
ジョージ・サムンズ アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジェームズ・ダン グロリア・スチュアート デイヴィッド・マナース ウィリアム・ハリガン

唄へ!踊れ!(1933)

  • 1933年
  • 出演(Patsy_Dugan 役)

「ラジオは笑う」「響け応援歌」のビング・クロスビーが主演する映画で「鷲と鷹(1933)」「響け応援歌」のジャック・オーキーと「ナイトクラブの女」のスキーツ・ギャラガーが共演する。「空の花嫁」の脚色者ジョセフ・L・マンキーウィッツが書き下ろした台本により「パアミイディス」「国際喜劇ホテル」のエディー・サザーランドが監督し「深夜の紳士」のテオドル・スパークールが撮影した。歌詞は「響け応援歌」と同じくサム・コスロウが書きアーサー・ジョンストンが作曲している。助演者は「新世紀」のジュディス・アレン及びハリー・グリーン、リリアン・タッシュマン、キティー・ケリーその他である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビング・クロスビー ジャック・オーキー スキーツ・ギャラガー ハリー・グリーン
1932年

頓珍漢嫁探し

  • 1932年
  • 出演(Kate_Foster 役)

「頓珍漢大勝利」「爆笑隊従軍記」と同じくバート・フキーラーとロバート・ウールジーが主演する喜劇で、原作はブロードウェイに上映されたジョン・マクゴワン、ガイ・ボルトン合作、アイラ・ガーシュウィン作詞、ジョージ・ガーシュウィン作曲のミュージカル・コメディーで、「闇に踊る(1932)」のハーマン・J・マンキーウィッツが映画向きに書き改め、ティム・フキーランが脚色し、「人間の横道」「七月の肌着」のウィリアム・A・サイターが監督にあたり、「山荘の殺人」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演者は「天晴れ競馬で一つかみ」のエディ・クィラン、「爆笑隊従軍記」のドロシー・リー、「腕白大将」のミッチー・グリーン、「獣人島」のスタンリー・フィールズ、キティー・ケリー、アーレイン・ジャッジなどである。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー エディ・クィラン ドロシー・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > キティー・ケリー

ムービーウォーカー 上へ戻る