映画-Movie Walker > 人物を探す > 溝口勝美

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1987年 まで合計11映画作品)

1987年

ヤッピとワイズとゾーラの物語 グーッドグーッド

  • 1987年10月31日(土)公開
  • 監督

三匹の子犬(ヤッピ、ワイズ、ゾーラ)の里親との生活と別れ、訓練所での訓練など、子犬が盲導犬になるまでの三年間を記録したドキュメンタリー。タイトルの「グーッドグーッド」は人間から盲導犬に対しての褒め言葉。製作田村三枝子。プロデューサー斉藤良彰。監督溝口勝美。脚本中村努。音楽J・WALK。ナレーション倍賞千恵子。1986年11月完成。35ミリ95分。

監督
溝口勝美

首都消失

  • 1987年1月17日(土)公開
  • プロデューサー

首都東京の上空を雲が覆い、連絡がとれなくなり、日本がパニックに陥るというSF映画。58年日本SF大賞を受賞した小松左京の同名小説(徳間書店刊)を山浦弘靖と舛田利雄が脚色した。監督は「片翼だけの天使」の舛田利雄、特撮監督は「ゴジラ(1984)」の中野昭慶、撮影は「白い野望」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
渡瀬恒彦 名取裕子 山下真司 石野陽子
1986年

犬死にせしもの

  • 1986年4月19日(土)公開
  • 製作

戦争で死に損なった男たちが、ひとりの女のために命を賭ける姿を描く。西村望原作のセミ・ドキュメント・ノベル「犬死にせしものの墓碑名」の映画化で、脚本は「(金)(ビ)の金魂巻」の西岡琢也と井筒和幸の共同執筆。監督は「二代目はクリスチャン」の井筒和幸、撮影は「雪華葬刺し」の藤井秀男がそれぞれ担当。主題歌は、加川良&桑名晴子(「愛の輝き」)。

監督
井筒和幸
出演キャスト
真田広之 佐藤浩市 安田成美 平田満
1984年

青春共和国

  • 1984年6月9日(土)公開
  • 製作

失踪した同級生を探しに『青春共和国』という島に渡った女子高校生とその仲間の冒険を描く青春ミステリー。赤川次郎原作の同名小説の映画化で脚本は「パタリロ! スターダスト計画」の田波靖男と平山幸秀の共同執筆。監督は「チャイナスキャンダル 艶舞」の小原宏裕、撮影は「夕ぐれ族」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
安田成美 武田久美子 小島拓也 浜田みどり
1978年

ギャンブル一家 チト度が過ぎる

  • 1978年10月7日(土)公開
  • 製作

大型トラックに作った家に住むギャンブル狂いの家族を描く。脚本は馬場当、監督は「おさな妻(1970)」の臼坂礼次郎、撮影は渡辺貢がそれぞれ担当している。

監督
臼坂礼次郎
出演キャスト
清川虹子 笑福亭仁鶴 武知杜代子 火野正平
1958年

おけさ鴉

  • 1958年1月22日(水)公開
  • 企画

「こけし子守唄 夕やけ鴉」の中田竜雄と、「三日月秘文」の梅谷卓司の共同書き下し脚本を、「青空特急」の斎藤寅次郎が監督し、今井ひろしが撮影した歌謡股旅時代劇である。主演は「森の石松(1957)」の勝新太郎と、「誓いてし」の近藤美恵子。ほかに山茶花究らが助演。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
勝新太郎 近藤美恵子 潮万太郎 伊沢一郎
1957年

南蛮寺の佝僂男

  • 1957年7月13日(土)公開
  • 企画

「一夜の百万長者」の伏見晁の脚本を「大江戸人気男」の斎藤寅次郎が監督、「赤胴鈴之助(1957)」の今井ひろしが撮影した復讐喜劇。主演は「勢揃い桃色御殿」の花菱アチャコ、「赤胴鈴之助(1957)」の中村玉緒、「二十九人の喧嘩状」の林成年、春風すみれ。さらに小町瑠美子、堺駿二、田端義夫、鈴木三重子など。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
花菱アチャコ 林成年 中村玉緒 小町瑠美子

地獄花(1957)

  • 1957年6月25日(火)公開
  • 企画

大映のビスタビジョン色彩映画第一作。(画面比率はタテ1対ヨコ2)。室生犀星の原作、『舌を噛み切った女』を「刃傷未遂」の伊藤大輔が脚色、監督、「忘れじの午後8時13分」の中川芳久が撮影した。主演は「おしどり喧嘩笠」の鶴田浩二、小堀明男「女の肌」の京マチ子、市川和子、ほかに南左斗子、柳永二郎、山村聡、舟木洋一など。

監督
伊藤大輔
出演キャスト
鶴田浩二 京マチ子 市川和子 南左斗子

信号は赤だ

  • 1957年1月22日(火)公開
  • 企画

探偵作家島田一男が“面白倶楽部”に書いた同名小説から「かんかん虫は唄う」の吉田哲郎が脚色、新人渡辺実が第一回監督にあたる都会スリラー篇。撮影は「銭形平次捕物控 まだら蛇」の牧田行正。主演者は「母白雪」の勝新太郎、「あばれ鳶」の林成年、「一夜の百万長者」の若松和子、春風すみれ、「君を愛す」の北原義郎、ほかに伊沢一郎、千葉登四男、浜世津子、藤間大輔など。

監督
渡辺実
出演キャスト
勝新太郎 春風すみれ 林成年 若松和子
1956年

お父さんはお人好し かくし子騒動

  • 1956年2月11日(土)公開
  • 企画

長沖一の放送劇を「へそくり社長」の笠原良三が脚色し、「帰って来た幽霊」の斎藤寅次郎が監督、「怪盗と判官」の今井ひろしが撮影を担当した。主なる出演者は「帰って来た幽霊」の花菱アチャコ、峰幸子、「何故彼女等はそうなったか」の浪花千栄子、「ますらを派出夫会」のトニー谷、「ほまれの美丈夫」の堺駿二など。なお双生児を演ずる神楽坂花栄と初子は双生児姉妹である。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
花菱アチャコ 浪花千栄子 トニー谷 堺駿二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 溝口勝美