映画-Movie Walker > 人物を探す > 京マチ子

年代別 映画作品( 1949年 ~ 2008年 まで合計98映画作品)

1984年

化粧

  • 1984年5月12日(土)
  • 出演(蔦野つね 役)

京都の老舗の料亭を舞台に、そこの女将と美しい三姉妹がくり広げる様々な生き方を描く。渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「魚影の群れ」の田中陽造、監督は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の池広一夫、撮影は「きつね」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
池広一夫
出演キャスト
松坂慶子 池上季実子 和由布子 京マチ子
1976年

男はつらいよ 寅次郎純情詩集

  • 1976年12月25日(土)
  • 出演(柳生綾 役)

“男はつらいよ”シリーズ第十八作目で、おなじみのフーテンの寅が捲き起こす人情喜劇。今回は、学校の若い先生とその母を相手に、物語がくりひろげられる。脚本は「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の朝間義隆と山田洋次の共同、監督は「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の山田洋次、撮影もやはり同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 檀ふみ 京マチ子

妖婆

  • 1976年10月16日(土)
  • 出演(お島 役)

大正八年に書かれた芥川龍之介の短編をもとに、不思議な運命の糸にあやつられるひとりの女の生涯を描く。脚本は「あにいもうと(1976)」の水木洋子、監督は同じ「あにいもうと(1976)」の今井正、撮影はひさびさに宮川一夫が担当。

監督
今井正
出演キャスト
京マチ子 稲野和子 江原真二郎 児玉清
1975年

金環蝕

  • 1975年9月6日(土)
  • 出演(寺田峯子 役)

保守政党の総裁選挙を端に発した汚職事件を描き、政界のドス黒い内幕を暴露する。脚本は「どてらい男」の田坂啓、監督は「華麗なる一族」の山本薩夫、撮影は「股旅」の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
宇野重吉 中村玉緒 大塚道子 長谷川待子

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

  • 1975年5月24日(土)
  • 出演

溝口健二と一緒に仕事をした三九人の俳優・スタッフ・友人に新藤兼人がインタビューして、溝口の人生を描こうとした長編ドキュメンタリー。なおこのインタビューは、『ある映画監督の生涯--溝口健二の記録』(映人社刊)という本になって活字化されている。

監督
新藤兼人
出演キャスト
永田雅一 入江たか子 成沢昌茂 柳永二郎
1974年

華麗なる一族

  • 1974年1月26日(土)
  • 出演(高須相子 役)

富と権力獲得への手段として、華麗なる閨閥をはりめぐらす万俵一族を主役に、金融界の“聖域”銀行、背後で暗躍する政・財界の黒い欲望を描く。原作は山崎豊子の同名小説。脚本は「戦争と人間 完結篇」の山田信夫、監督も同作の山本薩夫、撮影は「朝やけの詩」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
佐分利信 月丘夢路 仲代達矢 山本陽子
1970年

玄海遊侠伝 破れかぶれ

  • 1970年2月21日(土)
  • 出演(吉田スエ 役)

吉田敬太郎の原作「吉田磯吉翁伝」をもとに「日本女侠伝 真赤な度胸花」の笠原和夫が脚本化し、「女組長」のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は「天狗党」の牧浦地志が担当。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
勝新太郎 京マチ子 松方弘樹 大楠道代
1969年

千羽鶴(1969)

  • 1969年4月19日(土)
  • 出演(栗本ちか子 役)

ノーベル賞作家川端康成の原作を「強虫女と弱虫男」の新藤兼人が脚色し、「盲獣」の増村保造が監督した文芸もの。撮影はコンビの小林節雄。

監督
増村保造
出演キャスト
平幹二朗 若尾文子 梓英子 京マチ子
1966年

小さい逃亡者

  • 1966年12月24日(土)
  • 出演(山村弥生 役)

日ソ合作第一回作品で、シナリオにはソビエト側からエミール・ブラギンスキー、日本側からは「六人の女を殺した男」の小国英雄が参加して執筆、監督にはソビエト側エドワールド・ボチャロフ、日本側は「妖僧」以来の衣笠貞之助があたっている。撮影はソ連側ピーター・カターエフ、日本側は「座頭市の歌が聞える」の宮川一夫。

監督
衣笠貞之助 エドワールド・ボチャロフ
出演キャスト
稲吉千春 大楠道代 太田博之 ユーリー・ニクーリン

沈丁花

  • 1966年10月1日(土)
  • 出演(上野菊子 役)

「仰げば尊し」の松山善三が原作・脚色を担当、それに「バンコックの夜」の監督千葉泰樹が加わり、千葉泰樹が監督した女性もの。撮影は「戦場にながれる歌」の中井朝一。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
京マチ子 司葉子 団令子 星由里子

関連ニュース

小津組と大映スターが共演を果たした胸打つ哀愁と感動の文芸巨編『浮草』
黒澤明、溝口健二、小津安二郎…世界的巨匠が愛した大女優・京マチ子の傑作映画に酔いしれたい 5月11日 07:30

昨年5月12日に95歳で亡くなった女優・京マチ子。大映のトップ女優として第一線で活躍し続け、いくつもの国際映画祭で出演作が大きな賞を獲得したことから“グランプリ女優”の名をほしいままにしてきた彼女は、その圧倒的な存在感を…

『ブレードランナー』などで知られるルトガー・ハウアーは75歳で生涯に幕を下ろした
ショーケン、ルトガー・ハウアー、アンナ・カリーナ…2019年にこの世を去った映画界のレジェンドたち 12月31日 23:50

まもなく新年を迎えるが、2019年も監督や俳優など多くの映画関係者たちがこの世を去っていった。そんな彼らを偲んで、その功績を振り返っておきたい。 ■強烈な個性を放った日本のレジェンドたち 多くの巨星が去った2019年。…

「市川雷蔵祭」の“お楽しみ企画”の内容が明らかに!
伝説の名優、市川雷蔵のプライベート・フィルムを発掘!「市川雷蔵祭」で特別上映が決定 8月16日 09:00

「眠狂四郎」シリーズや「陸軍中野学校」シリーズなど、日本映画黄金時代を支えた数多くの傑作に出演し、わずか15年間の映画俳優人生で約160本の作品に出演。1969年に37歳の若さでこの世を去った市川雷蔵。彼の代表作を一挙に…

「眠狂四郎」シリーズは「無頼剣」ほか5作品がラインナップ!
伝説のスター・市川雷蔵…その美しき姿がスクリーンに蘇る!<写真18点> 7月6日 10:00

1954年の映画デビューから15年間で159本の作品に出演し、37歳の若さでこの世を去った不世出の大スター、市川雷蔵。彼の没後50年の節目を迎える今年、「雷蔵祭 初恋」以来5年ぶりとなる大特集上映「市川雷蔵祭」が開催され…

「京マチ子映画祭」のトークショーに仲代達矢が登場!
名優・仲代達矢がトークショーに登場!京マチ子&市川崑監督との想い出を語る 3月2日 14:29

『羅生門』(50)や『赤線地帯』(56)など日本映画界に燦然と輝く名作に相次いで出演した大女優・京マチ子の出演作32本を特集した、角川シネマ有楽町で開催中の「京マチ子映画祭」で2日、市川崑監督の『鍵』(59)が上映。上…

現在開催中の「京マチ子映画祭」でトークショーが開催!
“小津カラー”復元の舞台裏を徹底解説!「どこまで真摯に向き合えるかが重要」 2月24日 15:45

『東京物語』(53)や『秋刀魚の味』(62)など、いまなお世界中の映画ファンや映画人を魅了しつづける日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が、大映株式会社で唯一手がけた名作『浮草』(59)の4K復元版が24日、角川シネマ有楽町…

デビュー70周年!「京マチ子映画祭」の開催が決定
妖艶さと狂気を備えた伝説の女優がスクリーンに!「京マチ子映画祭」開催決定 12月27日 18:00

黒澤明監督の『羅生門』(50)、溝口健二監督の『雨月物語』(53)、そしてカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した衣笠貞之助監督の『地獄門』(53)など、世界的評価を集めた日本映画に相次いで出演し“グランプリ女優”との異名を…

色鮮やかに蘇る、美しき女たち!
京マチ子、若尾文子、山本富士子…スクリーンを彩った昭和の名女優が色鮮やかによみがえる!「大映女優祭」開催決定 9月19日 11:26

太平洋戦争中の1942年に創立した大映株式会社は、1971年までのわずか30年ほどの間に数多くの映画人を輩出、また「ガメラ」や「大魔神」などのヒットシリーズを世に送り出した。2017年は大映創立から75周年にあたり、これ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 京マチ子