TOP > 人物を探す > 高野和男

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2003年 まで合計26映画作品)

1997年

ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影

  • 1997年4月12日(土)
  • 照明

ウルトラマンゼアスが新たな敵を迎えて活躍する姿を描いたSFアクション・シリーズの第2弾。監督は「THE DEFENDER」の小中和哉。脚本は斎藤和典。撮影を「ウルトラマンゼアス」の大岡新一が担当している。主演は、前作に引き続き関口正晴。敵の異星人役には、これが映画初出演となる神田うの。

監督
小中和哉
出演キャスト
関口正晴 神田うの 高岡由香 森次晃嗣

ミニ四ファイター 超速プロジェクト スイッチ・オン

  • 1997年7月5日(土)
  • 照明

ミニ四駆のプロふたりが、ラップ・ミュージックに乗せてミニ四駆マシンの改造テクを披露する短編。監督・脚本はテレビ『ウルトラマンティガ』の神澤信一。主演はミニ四駆界の子供たちのヒーロー、ミニ四ファイターとメカニックマンのふたり。「爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!」の併映作品として公開された。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
神澤信一
出演キャスト
ミニ四ファイター メカニックマン 大澤礼 日高翔太
1996年

ウルトラマンゼアス

  • 1996年3月9日(土)
  • 照明

今なお、日本のみならず世界中の子供たちに愛され、夢を与え続けているウルトラマン。その生誕30周年を記念して製作された“ウルトラマン・ワンダフルワールド”の1本で、ウルトラマンとしても超宇宙防衛機構の隊員としても半人前の青年が、自らの困難を克服する姿を描いたヒーロー・アクション。監督及び特技監督は『日清カップヌードル』(カンヌ国際CMフェスティバル・グランプリ受賞)や『サントリー/アイス・ジン』など、話題のCMを手がけてきた中島信也。主演はとんねるずのマネージャーの関口正晴。初代『ウルトラマン』に出演していた俳優が多数、特別出演しているのも話題になった。

監督
中島信也
出演キャスト
関口正晴 石橋貴明 木梨憲武 長谷川恵司
1994年

家なき子(1994)

  • 1994年12月17日(土)
  • 照明

94年4月に放映を始め、「同情するなら金をくれ!」という流行語を生み出し、最高視聴率37・2%を弾き出した、野島伸司原案による人気テレビ・ドラマの映画化。みなし子・すずの、その後を描いた作品。監督は、同作品のテレビ・シリーズも手掛けた細野英延。脚本は、いとう斗士八と細野英延の共同。撮影は、「水の旅人 侍KIDS」の阪本善尚。

監督
細野英延
出演キャスト
安達祐実 堂本光一 斉藤洋介 小柳ルミ子
1993年

水の旅人 侍KIDS

  • 1993年7月17日(土)
  • 照明

時空を越えてやって来た一寸法師のような小さな侍と少年との交流を、自然保護などのテーマを織り込みながら描くSFファンダジー。監督は「はるか、ノスタルジィ」の大林宣彦。末谷真澄の原作『雨の旅人』(マガジンハウス・刊)をもとに、末谷が脚本。撮影は「はるか、ノスタルジィ」の阪本善尚が担当。全篇の九〇%が合成シーンで、一寸法師のような少名彦役に「僕らはみんな生きている」の山崎努が挑戦している。主人公の少年とその姉役はそれぞれオーディションにより新人が選ばれ、また原田知世が「時をかける少女(1983)」以来久々に大林映画に出演したのも話題となった。

監督
大林宣彦
出演キャスト
山崎努 吉田亮 伊藤歩 原田知世

はるか、ノスタルジィ

  • 1993年2月20日(土)
  • 照明

青春時代を過ごした小樽を訪れた作家と彼に町を案内する少女が、作家の本名を名乗る不思議な少年に導かれて、痛ましい青春の記憶を再生させていくドラマ。「転校生」「さびしんぼう」に続く原作・山中恒、監督・大林宣彦のコンビの第三作で、山中が故郷・小樽を舞台に書き下ろした作品を大林自身が脚色、大林ファンタジーの集大成的な作品になっている。先に公開された「青春デンデケデケデケ」の前に撮影された作品で、「ふたり」に続いて石田ひかりが主演、少女・はるかと、三好遥子の二役に挑んでいる。友情出演として多岐川裕美、石田ゆり子、入江若葉、岩松了ほか多くのゲストが顔を出している。小樽・札幌・大阪などでは九二年に先行公開された。

監督
大林宣彦
出演キャスト
勝野洋 石田ひかり 松田洋治 尾美としのり
1992年

彼女が結婚しない理由

  • 1992年6月13日(土)
  • 照明

ブライダル・コーディネーターの母と、婚期を迎えた娘の姿を通して、現代の結婚観をユニークに描く。90年に日本テレビ系で放映されたテレ・フィーチャーの劇場版で、脚本は「悪徳の栄え」の岸田理生が執筆。監督は「ふたり」の大林宣彦。撮影監督は「BEST GUY」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
岸惠子 石田ゆり子 永島敏行 鷲尾いさ子
1991年

超高層ハンティング

  • 1991年4月20日(土)
  • 照明

強力な念力を武器に人類滅亡を企てる亜人種ASH(アッシュ)と、それに立ち向かうサイコシスト・コマンダーの活躍を描くSF映画。夢枕獏原作の同名小説の映画化で、脚本は「天上編 宇宙皇子」の武上純希が執筆。監督は「丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!」の服部光則。監修は「ウルトラQザ・ムービー 星の伝説」の実相寺昭雄。撮影は同作の大岡新一がそれぞれ担当。

監督
服部光則
出演キャスト
岡森諦 高樹澪 風見しんご 西村知美
1990年

タスマニア物語

  • 1990年7月21日(土)
  • 照明

オーストラリアの雄大なタスマニア島を舞台に、その美しい自然に生きる父と子の心の対話を描く。脚本は「自由な女神たち」の金子成人が執筆。監督は「あ・うん」の降旗康男。撮影は「家族輪舞曲」の林淳一郎がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
田中邦衛 薬師丸ひろ子 多賀基史 根津甚八

丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!

  • 1990年1月13日(土)
  • 特撮照明

妻殺しの濡れ衣をきせられて死刑になった男の目を通して幻想的な死後の世界を描くシリーズ第2弾。製作総指揮は丹波哲郎、脚本協力に前作「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」の溝田佳奈、監督は新人の服部光則、撮影は斉川仁と岡田次雄が共同でそれぞれ担当。

監督
服部光則
出演キャスト
丹波哲郎 丹波義隆 中原ひとみ 土家里織

高野和男の関連人物

長谷川恵司  高樹澪  加瀬尊朗  斉藤りさ  大滝明利 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 高野和男

ムービーウォーカー 上へ戻る