映画-Movie Walker > 人物を探す > 橋田壽賀子

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1984年 まで合計13映画作品)

1984年

おしん(1984)

  • 1984年3月17日(土)公開
  • 原作、脚本

年期奉公に行かされ、苦労しながらも明るく、たくましく成長するおしんの少女時代を描く。橋田寿賀子原作の同名小説のアニメ化で、脚本も橋田、監督は山本暎一がそれぞれ担当。

監督
山本暎一
出演キャスト
小林綾子 泉ピン子 伊東四朗 大路三千緒
1974年

しあわせ(1974)

  • 1974年4月6日(土)公開
  • 原作

ガンのために余命いくばくもない娘の短い一生と、彼女を暖かく見守る夫と母の愛情を描く。原作は橋田寿賀子のテレビ・ドラマ「愛といのち」。脚本・監督は「恋の夏」の恩地日出夫、撮影は「狼の紋章」の上田正治がそれぞれ担当。

監督
恩地日出夫
出演キャスト
角ゆり子 岡田裕介 乙羽信子 井川比佐志
1970年

風の慕情

  • 1970年7月1日(水)公開
  • 脚本

オーストラリア、マニラにロケしたエキゾチズムあふれるサスペンス・ラブロマン。脚本は橋田寿賀子のオリジナル、監督は「わが恋わが歌」の中村登。撮影は「東京←→パリ 青春の条件」の竹村博が担当。

監督
中村登
出演キャスト
吉永小百合 石坂浩二 香山美子 森次浩司
1967年

砂糖菓子が壊れるとき

  • 1967年6月10日(土)公開
  • 脚色

曽野綾子の同名小説(講談社刊)を橋田寿賀子が脚色し、今井正が「仇討」以来二年半ぶりに監督した。撮影は「野良犬(1966)」の中川芳久。

監督
今井正
出演キャスト
若尾文子 原知佐子 津川雅彦 藤巻潤
1958年

見事な求婚

  • 1958年4月15日(火)公開
  • 脚本

新進橋田寿賀子の脚本を新人生駒千里が第一回作品として監督した大船調喜劇。撮影は「青い花の流れ」の森田俊保。主演は「「夢に罪あり」より 処女」の菅佐原英一と「花くれないに」の中川弘子のコンビに、川口のぶなど、ほかに大津絢子、神楽坂浮子、春日八郎、古賀さと子などの歌謡陣に、桂小金治、渡辺篤、小林十九二などベテランが助演する。

監督
生駒千里
出演キャスト
菅佐原英一 桂小金治 春日八郎 中川弘子
1957年

オーケストラの姉妹

  • 1957年4月30日(火)公開
  • 脚色

音楽の道に心を一筋に結ばれた姉妹愛の物語。“少女ブック”連載大林清の“虹よふたたび”より「十九の春」の橋田寿賀子が脚色、「鉄仮面」以来の池田浩郎が監督、「青い夜霧の港町」の長岡博之が撮影を担当。主な出演は「十九の春」の神楽坂浮子、「東京チャキチャキ娘」の古賀さと子、「恐妻一代」の菅佐原英一、「アチャコの子宝仁義」の設楽幸嗣、その他ヴェテラン日守新一、夏川静江、北竜二、野辺かほる、明石潮など。

監督
池田浩郎
出演キャスト
神楽坂浮子 北竜二 夏川静江 古賀さと子

家庭教師と女生徒

  • 1957年1月9日(水)公開
  • 脚色

“面白娯楽部”連載北条誠原作の映画化で「オーケストラの姉妹」の橋田寿賀子が脚色し、「緑なる人 (二部作)」の田畠恒男が監督する青春篇。撮影は「三羽烏再会す」の布戸章。主な出演者は「花ふたたび」のコンビ菅佐原英一と小山明子、「醉いどれ牡丹 前後篇」の山鳩くるみ、浅茅しのぶ、ほかに井川邦子、沢村貞子、市川春代、東山千栄子、北竜二、永井達郎など。

監督
田畠恒男
出演キャスト
菅佐原英一 小山明子 山鳩くるみ 浅茅しのぶ
1956年

十九の春

  • 1956年4月17日(火)公開
  • 脚本

「三人娘 只今婚約中」の橋田寿賀子の脚本を「お嬢さんの求婚」の尾崎甫が監督、「美貌の園 (前後篇)」の小杉正雄が撮影を担当した。主なる出演者は、「父と子と母」の故里やよい、「裏町のお嬢さん」の井川邦子、「続・この世の花 第6・7部」の水原真知子、「柔道流転」の伊沢一郎、新人清川新吾、ビクターの歌手神楽坂浮子など。

監督
尾崎甫
出演キャスト
清川新吾 瀧花久子 北龍二 故里やよい
1955年

三人娘 只今婚約中

  • 1955年2月12日(土)公開
  • 脚色

中野実の原作から橋田寿賀子が脚本を書き「この子この母」の萩山輝男が監督した。撮影は「江戸の夕映」の生方敏夫である。主なる出演者は、「忠臣蔵(1954)」の桂木洋子、「えくぼ人生」の川喜多雄二、大木実、片山明彦、「大学は出たけれど」の七浦弘子、水原真知子、「この子この母」の菅佐原英一のほか、坂本武、沢村貞子、吉川満子、高橋豊子等である。

監督
萩山輝男
出演キャスト
桂木洋子 坂本武 桜むつ子 川喜多雄二
1954年

若き日の誘惑

  • 1954年2月24日(水)公開
  • 脚色

林芙美子の小説『槿花』を「真珠母」の橋田寿賀子が脚色し、「若君逆襲す」の酒井辰雄が長篇第一回の監督に当る。撮影は「次郎吉娘」の関根重行、音楽は「蛮から社員」の奥村一の担当。「家族会議」の藤乃高子、「お役者変化」の大木実、「求婚三人娘」の北原三枝、「お嬢さん社長」の大坂志郎などが出演する。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
柳永二郎 藤乃高子 荻田洋巳 市川春代
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 橋田壽賀子