映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮崎駿

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2014年 まで合計40映画作品)

2014年

ルパン三世 カリオストロの城(デジタルリマスター版)

  • 2014年5月9日(金)公開
  • 監督、脚本

モンキー・パンチ原作による人気アクションアニメの劇場版第2作をデジタルリマスター版として上映。“幻の偽札”と言われるゴート札を巡って、その発信源であるカリオストロ公国を訪れたルパン三世が、駆け出しだった頃に命を救ってくれたお姫さまのために奮闘する姿が描かれる。宮崎駿の初の長編劇場監督作品となる。

監督
宮崎駿
出演キャスト
山田康雄 増山江威子 小林清志 井上真樹夫
2013年

ユキの太陽

  • 2013年12月26日(木)公開
  • 監督

北海道を舞台に養護施設で育った少女と周囲の人びととの交流と運命を描く少女漫画「ユキの太陽」のTVアニメ化検討用パイロットフィルム。原作はちばてつやで、1963年「少女フレンド」に連載された。宮崎駿が初めて監督として取り組んだ短篇。結果TV化には至らなかった。2013年12月26日より2014年1月13日まで、全国のイオンシネマ76館限定で「かぐや姫の物語」の上映前の幕間にデジタル上映された。

監督
宮崎駿

夢と狂気の王国

  • 2013年11月16日(土)公開
  • 出演

日本のアニメーション映画界を先導し、世界各国のクリエイターに多大な影響を与えるアニメーションスタジオ、スタジオジブリ。『エンディングノート』で数々の映画賞に輝いた砂田麻美監督が、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』を制作中のスタジオジブリの人々に密着し、彼らの繊細な表情までをとらえた物語。

監督
砂田麻美
出演キャスト
宮崎駿 高畑勲 鈴木敏夫

美輪明宏ドキュメンタリー 黒蜥蜴を探して

  • 2013年8月31日(土)公開
  • 出演

美輪明宏の数奇な人生を、インタビューやアーカイブ映像を交えながら追うドキュメンタリー。1968年の深作欣二作品「黒蜥蜴」で妖艶なヒロインを演じていた彼はジェンダー問題に果敢に立ち向かい、俳優、歌手、テレビ出演、エッセイの執筆など50年にわたる活動を通して、魅惑的な人物のアイコンであり続けている。2011年11月19日より、シネマ・ジャック&ベティにて日本初のプレミア上映をした。

監督
パスカル=アレックス・ヴァンサン
出演キャスト
美輪明宏 横尾忠則 深作欣二 北野武

風立ちぬ

  • 2013年7月20日(土)公開
  • 監督、原作、脚本

宮崎駿の『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる新作は、零式艦上戦闘機(零戦)を設計した実在の人物、堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄を織り交ぜた主人公・二郎の姿を描く大人のラブストーリー。大正から昭和にかけての激動の時代を生きた人々の物語がつづられる。二郎役の庵野秀明ら豪華声優陣の共演にも注目したい。

監督
宮崎駿
出演キャスト
庵野秀明 瀧本美織 西島秀俊 西村雅彦
2012年

巨神兵東京に現わる 劇場版

  • 2012年11月17日(土)公開
  • 巨神兵

「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」での上映用に製作された短編を劇場映画化。「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵が突如、東京に現れ、破壊の限りを尽くす様を全編、ミニチュアを駆使した特撮で作り上げた。「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ役で知られる、林原めぐみがナレーションを担当している。

監督
樋口真嗣
出演キャスト
林原めぐみ
2011年

コクリコ坂から

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 脚本、企画

宮崎駿が企画&脚本を担当し、『ゲド戦記』以来、5年ぶりに宮崎吾朗が監督を手がけた、同名漫画が原作のスタジオジブリによるアニメ映画。1963年の横浜を舞台に、16歳の女子高校生・海の恋愛模様や友情を通して、まっすぐに生きる高校生たちの青春を描き出す。海役を長澤まさみ、彼女が好意を寄せる少年・俊を岡田准一が演じる。

監督
宮崎吾朗
出演キャスト
長澤まさみ 岡田准一 竹下景子 石田ゆり子
2010年

借りぐらしのアリエッティ

  • 2010年7月17日(土)公開
  • 脚本、企画

英国人作家、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を基にしたスタジオジブリによるファンタジー・アニメ。小人の少女と人間の少年との心の交流を描く感動作。

監督
米林宏昌
出演キャスト
志田未来 神木隆之介 大竹しのぶ 竹下景子

赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道

  • 2010年7月17日(土)公開
  • 場面設定・画面構成

世界中の人々から愛されているルーシー・モード・モンゴメリの名作児童文学を基にした、1979年放映のテレビアニメを劇場公開用に再編集。孤児の少女・アンが苦境を乗り越えていく姿をつづる。当時演出を担当した高畑勲が自ら監修。画面構成の宮崎駿ら、現代のアニメシーンを代表するスタッフが多数携わっている。

監督
高畑勲
出演キャスト
山田栄子 北原文枝 槐柳二
2009年

「ルパン三世」1st.TVシリーズ 11話 7番目の橋が落ちるとき

  • 2009年3月14日(土)公開
  • 演出

1971年から72年にかけて放映されたアニメ『ルパン三世』1st TVシリーズ全23話の中から、「火垂るの墓」の高畑勲と「崖の上のポニョ」の宮崎駿が演出した3話をセレクト。声の出演は「ルパン三世 カリオストロの城」の山田康雄、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ夕陽のカスカベボーイズ」の小林清志、「母をたずねて三千里」の二階堂有希子など。

出演キャスト
山田康雄 小林清志 納谷悟朗 辻村真人

関連ニュース

ネコバスからポニョ、カリオストロまで!ジョン・ラセターが宮崎駿アニメの魅力を分析
ネコバスからポニョ、カリオストロまで!ジョン・ラセターが宮崎駿アニメの魅力を分析(2013年7月10日)

『モンスターズ・ユニバーシティ』(公開中)のキャンペーンで来日したジョン・ラセターを直撃。現在、彼はウォルト・ディズニー・スタジオ、ピクサー・アニメーション・ス…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮崎駿

ムービーウォーカー 上へ戻る