映画-Movie Walker > 人物を探す > ギャレス・ヒューズ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1928年 まで合計15映画作品)

1928年

鋼鉄軍曹

  • 1928年公開
  • 出演(Lieut._Fritz_von_Lang 役)

アンカー映画社発売のクレセント映画で「地獄極楽」「燃ゆる復讐」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、「野球成金」「金髪の歌」のライラ・リー嬢、「野球王」「雨製造者」のウェード・ボトラー氏、「ワイルド・ギース」「そばかす拳闘士」のウェズリー・バリー氏、「大陸大王」「鍍金広小路」のシェルドン・ルイス氏「デニーの薮医者」のホイラー・オークマン氏「燃ゆる青春」のギャレス・ヒューズ氏等が共演する戦争喜劇である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ライラ・リー ウェード・ボトラー ウェズリー・バリー ドナルド・キース
1927年

青春の旋風

  • 1927年公開
  • 出演(Curly 役)

ハミルトン・ギップス作の小説をジュリエン・ジョセフソンが脚色し「鉄条網」「美わしの踊り子」等と同じくローランド・V・リーが監督したもので、主役は「神我に二十銭を賜う」「心の合鍵」等出演のロイス・モーランが演じ、「肉体の道」「弥次喜多海軍の巻」出演のドナルド・キースが相手役を勤め、ラリー・ケント、ヴェラ・ヴォロニナ、チャールズ・レーン、ギャレス・ヒューズ等が助演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ロイス・モラン ドナルド・キース ラリー・ケント アリス・ミルス
1925年

深夜の娘

  • 1925年公開
  • 出演(Don_Harmon 役)

ギャレット・フォート氏の原作を、ウィルフレッド・ノイ氏とジャン・コノヴァー氏とが脚色し、ノーイ氏が監督の任に当った人情劇で、主役は「浪咆ゆる夜」「襤褸を飾って」等出演のライラ・リー嬢「センチメンタル・トミー」「女性の敵」等に出演のギャレス・ヒューズ氏である。

監督
ウィルフレッド・ノーイ
出演キャスト
ライラ・リー ギャレス・ヒューズ ドロレス・キャッシネリ シャーロット・ウォーカー
1924年

巴里の暗影

  • 1924年公開
  • 出演(Emile_Boule 役)

フランスの劇作家アンドレ・ピカール氏及びフランシス・カルコ氏合作の舞台劇「我が恋人」に基づき、フレデリック・J・ジャクソン氏とイヴ・アンセル女史が脚色し「西班牙の踊子」「絹擦れの音」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督した。ポーラ・ネグリ嬢の「西班牙の踊子」に次ぐ作品で、嬢の相手には「無法者の掟」「チート」等出演のシャルル・ド・ローシュ氏「巴里の女性」「西班牙の踊子」のアドルフ・マンジュウ氏「社交界の誘惑」「幸福の扇」のハントリー・ゴードン氏が出演し、その他ギャレス・ヒューズ氏、ジョージ・オブライエン氏、ヴェラ・レイノルズ嬢等が端役を演じている。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
ポーラ・ネグリ シャルル・ド・ローシュ ハントリー・ゴードン アドルフ・マンジュウ
1923年

クリスチャン

  • 1923年公開
  • 出演(Brother_Paul 役)

「マンクス・マン」等を書いたイギリス現代の小説ホール・ケーン卿の原作になった小説及び舞台劇に基づき、「ローナ・ドゥーン」「モヒカン族の最後(1920)」等を製作したモーリス・トゥールヌールが監督したもの、かつて10年ほど前にヴァーイタグラフ社が映画化したことがあるが、本邦へは紹介されなかった。小説では時代を19世紀の初期に取ってあるが、映画では現代に改められている。主演者は「爆音千里」「光栄の愚者」等出演のリチャード・ディックスス、「愚なる妻」のメイ・ブッシュ、「センチメンタル・トミー」「恋文無用」のギャレス・ヒューズ、「海底の大宮殿」のフィリス・ヘイヴァー、「或る愚者有りき」「死後の霊魂」のマーロン・ハミルトン等、見事な役割である。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
リチャード・ディックス メイ・ブッシュ ギャレス・ヒューズ フィリス・ヘイヴァー

子供の世界

  • 1923年公開
  • 出演(Robert_Williams 役)

エドガー喜劇を書いたブース・ターキントン氏の原作になる小説に基づき、ホウプ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「そばかす編集長」「町の小英雄」等と同じくウェイリアム・ボーディン氏が監督したもの。近ごろ売出の子役ベン・アレクサンダー君を主役にした少年劇で、メエリー・フィルビン嬢、ギャレス・ヒューズ氏、ロックリフ・フェローズ氏、グラディス・ブロックウェル嬢等が共演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ベン・アレクサンダー ジョー・バターウォース バディー・メッシンジャー ニュートン・ホール

女性の敵(1923)

  • 1923年公開
  • 出演(Spadoni 役)

「血と砂(1922)」「黙示録の四騎士(1961)」によって我が国にも有名なるスペイン文豪ヴィセンテ・ブラスコ・イバネスの原作になる小説を、ジョン・リンチが脚色し、「霧の中の顔」等と同じくアラン・クロスランドが監督した。主役は「歩み疲れて」「霧の中の顔」主演のライオネル・バリモアト、「ユーモレスク(1920)」等出演のアルマ・ルーベンスで、その他ペドロ・デ・コルドヴァ、ギャレス・ヒューズ、グラディス・ヒューレット等が共演する。ロシアとパリとモンテ・カルロを背景とし、欧州大戦も劇中に取り入れてある雄大な物語である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ライオネル・バリモア アルマ・ルーベンス ペドロ・デ・コルドヴァ ギャレス・ヒューズ

西班牙の踊子

  • 1923年公開
  • 出演(Lazarillo 役)

フランスの劇作家アドルフ・ダンヌリイとS・T・デュマノアール合作になる舞台劇「ドン・ケーザル・ド・バサン」に基づいたもので、嘗てフォックス社でウィリアム・ファーナム主演のもとに製作され「冒険者(1920)」として我が国に紹介されたものと同一の原作である。オペラの「マリタナ」もこれに基づいたもの。本篇の脚色はジューン・メイシスとビューラー・マリー・ディックスの2人が担当した。監督は「四つの顔の女」「絹擦れの音」等と同じくハーバート・ブレノンで、「ベラ・ドンナ」「チート」に次ぐポーラ・ネグリの主演映画である。対手役としては「渓谷の乙女」「刺激を追う女」等出演のアントニオ・モレノ、「ロビン・フッド(1922)」「信号塔」等出演のウォーレス・ビアリー、その他キャスリン・ウィリアムス、ギャレス・ヒューズ、アドルフ・マンジュウ、ロバート・エイニュー、等素晴らしい顔振れである。メリー・ピックフォードの「ロジタ(1923)」と似た筋であるだけに、比較して見るも興味あることであろう。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
ポーラ・ネグリ アントニオ・モレノ ウォーレス・ビアリー キャスリン・ウィリアムス
1922年

若き日の夢

  • 1922年公開
  • 出演(The_Boy 役)

ヘンリー・R・サイモンズの原作を、ジョン・B・クライマーが脚色し「愛の虚言」等と同じくW・S・ヴァン・ダイクが監督したもので、主役は「恋文無用」「センチメンタル・トミー」のギャレス・ヒューズと、「芸は下手でも」「桜咲く頃」のベシー・ラヴである。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
ベッシー・ラブ ギャレス・ヒューズ アイリーン・ハント William Mactin
1921年

嘘も亦良し

  • 1921年公開
  • 出演(Lester_Crope 役)

「誓いを立てた女」「若人よ純なれ」「牡丹刷毛」そのほか出演のギャレス・ヒューズ主演のソーヤー・ルビン映画でメトロ社から発売したものである。監督は原作者としても名声あるメトロ社名監督たりしジョージ・D・ベイカーで、「奇跡の薔薇」「連命の玩具」などナジモワ映画やライテルアリズンの映画の総監督たりし人、最近では氏の監督になった「地獄花」も公開された。原作はフリーマン・ティルデン。極端な真実より少しは嘘が混じってこそこの世間に味があるという奇抜なテーマを持つ喜劇である。

監督
ジョージ・D・ベイカー
出演キャスト
ギャレス・ヒューズ エセル・グランディン ジョン・ステップリング フランセス・レイモンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギャレス・ヒューズ