映画-Movie Walker > 人物を探す > 周防正行

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2019年 まで合計14映画作品)

2019年

カツベン!

  • 2019年12月13日(金)公開予定
  • 監督

「舞妓はレディ」以来、4年ぶりとなる周防正行監督オリジナル作品。サイレント映画全盛の約100年前を舞台に、活弁士志望の青年と彼を取り巻く人々を描く。2019年12月公開予定。

監督
周防正行
出演キャスト
成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾
2014年

舞妓はレディ

  • 2014年9月13日(土)公開
  • 監督、脚本、作詞

『Shall we ダンス?』の周防正行監督が、20年来あたためてきた企画を映画化した痛快作。京都の花街を舞台に、舞妓に憧れる少女が古いしきたりや言葉遣いといった様々な困難を乗り越えて、一人前の舞妓になろうと奮闘する姿を描く。鹿児島弁と津軽弁がミックスされた不思議な口調のヒロイン、春子を演じるのは新鋭・上白石萌音。

監督
周防正行
出演キャスト
上白石萌音 長谷川博己 富司純子 田畑智子
2012年

草刈民代 最後の“ジゼル”

  • 2012年12月8日(土)公開
  • 監督

日本を代表する元プリマで現在は女優として活躍する草刈民代のクラシック・バレエ最後の公演となったロマンティック・バレエの代表作『ジゼル』。2009年1月31日、名門レニングラード国立バレエ団と共演したこの舞台を、夫の映画監督・周防正行(「終の信託」)が映像化。バレリーナ草刈民代の魅力を余すところなく映し出す。

監督
周防正行
出演キャスト
草刈民代 ミハイル・シヴァコフ オクサーナ・シェスタコワ ロマン・ベトゥホフ

終の信託

  • 2012年10月27日(土)公開
  • 監督、脚本

草刈民代&役所広司主演、周防正行監督という、『Shall we ダンス?』のコンビによるラブストーリー。終末医療の現場で起きる生死を巡る問題、ヒロインの行動を追及する検察官とのやりとり、数奇な運命に翻弄されるヒロインの姿などが描かれる。原作は現役弁護士・朔立木の同名小説で、監督自ら大胆に脚本化した力作だ。

監督
周防正行
出演キャスト
草刈民代 役所広司 浅野忠信 大沢たかお
2011年

ダンシング・チャップリン

  • 2011年4月16日(土)公開
  • 監督、構成、エグゼクティブプロデューサー

20世紀を代表する“喜劇王”チャールズ・チャップリン。彼が残した数々の名作を仏の巨匠振付家ローラン・プティがバレエ化した「ダンシング・チャップリン」を周防正行が映画化。映画化までの過程を追う<第一幕>と、全20演目を13演目に絞って映像に収めた<第二幕>の2部構成で描いた斬新なバレエ映画。

監督
周防正行
出演キャスト
ルイジ・ボニーノ 草刈民代 ジャン=シャルル・ヴェルシェール リエンツ・チャン
2007年

それでもボクはやってない

  • 2007年1月20日(土)公開
  • 監督、脚本

「Shall we ダンス?」から11年、周防正行監督の最新作が登場。痴漢に間違われた青年に加瀬亮、新米弁護士に瀬戸朝香を配し、冤罪裁判の不条理を描く社会派ムービーだ。

監督
周防正行
出演キャスト
加瀬亮 瀬戸朝香 役所広司 山本耕史
2005年

Shall we Dance?

  • 2005年4月23日(土)公開
  • 原作

周防正行監督&役所広司主演で1996年に大ヒットしたダンス映画を、ハリウッドでリメイク。シカゴを舞台に、生きる情熱を取り戻そうとする中年男の奮闘を描く。

監督
ピーター・チェルソム
出演キャスト
リチャード・ギア ジェニファー・ロペス スーザン・サランドン スタンリー・トゥッチ
1998年

がんばっていきまっしょい

  • 1998年10月10日(土)公開
  • 製作

20数年前の四国・松山を舞台に、ボートに青春をかけた女子高生たちの姿を瑞々しく描いた青春ドラマ。監督は「目を閉じて抱いて」の磯村一路。第4回坊ちゃん文学賞を受賞した敷村良子の同名小説を、磯村監督自身が脚色。撮影を「ちんなねえ」の長田勇市が担当している。主演は新人・田中麗奈でキネマ旬報日本映画新人女優賞を受賞した。芸術文化振興基金助成作品。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第3位。

監督
磯村一路
出演キャスト
田中麗奈 清水真実 葵若菜 真野きりな
1997年

東京日和

  • 1997年10月18日(土)公開
  • 出演(郵便屋 役)

写真集出版の準備を進める写真家が回想する、亡き妻との日々を綴った純愛ドラマ。監督は「119」の竹中直人。写真家・荒木経惟とその妻・陽子による写真&エッセイ集『東京日和』をベースに、岩松了が脚本を執筆。撮影を「大統領のクリスマスツリー」の佐々木原保志が担当している。主演は「HAPPY PEOPLE」の竹中直人と「Love Letter」の中山美穂。97年度キネマ旬報ベスト・テン第9位。

監督
竹中直人
出演キャスト
竹中直人 中山美穂 松たか子 三浦友和
1996年

Shall we ダンス?

  • 1996年1月27日(土)公開
  • 監督、原案、脚本

「シコふんじゃった。」の周防正行監督のハートフル・コメディ。主演に役所広司を迎え、平凡なサラリーマンが社交ダンスと出会って生きる喜びを見出す姿を描く。日本トップ・プリマの草刈民代ほか、竹中直人、渡辺えり子ら個性派俳優が共演。

監督
周防正行
出演キャスト
役所広司 草刈民代 竹中直人 渡辺えり子

関連ニュース

草刈民代の最後のクラシックバレエ舞台を夫・周防監督が映し出す!
草刈民代の最後のクラシックバレエ舞台を夫・周防監督が映し出す!(2012年12月10日)

12月8日から28日(金)まで、東京都写真美術館ホールで開催される「魅惑のバレエ映画祭」。同企画は、これまでに映像化されたバレエの名演ばかりを集めた特集上映だ。…

周防正行が妻・草刈民代の舞いに感動!「この映画をやって良かったと思った瞬間」
周防正行が妻・草刈民代の舞いに感動!「この映画をやって良かったと思った瞬間」(2011年4月22日)

『Shall we ダンス?』(96)以来、15年ぶりに『ダンシング・チャップリン』(公開中)でタッグを組んだ周防正行監督と、妻でバレリーナの草刈民代。本作には…

草刈民代が周防正行監督に感謝「最後の仕事を良い形で撮ってもらえた」
草刈民代が周防正行監督に感謝「最後の仕事を良い形で撮ってもらえた」(2011年4月16日)

『それでもボクはやってない』(07)の周防正行監督が、妻であるバレリーナ・草刈民代のラストダンスを撮り上げた『ダンシング・チャップリン』の初日舞台挨拶が、4月1…

周防正行監督、15年ぶりに撮った妻・草刈民代を「綺麗でした」とおのろけ発言
周防正行監督、15年ぶりに撮った妻・草刈民代を「綺麗でした」とおのろけ発言(2011年3月2日)

『Shall we ダンス?』(96)、『それでもボクはやってない』(07)の周防正行監督最新作『ダンシング・チャップリン』(4月16日公開)の完成披露試写会が…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 周防正行