TOP > 人物を探す > 鈴木桂介

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1983年 まで合計3映画作品)

1983年

鍵(1983)

  • 1983年12月24日(土)
  • 出演(葬儀の客 役)

滅びに向う肉体とはうらはらに、ますます肥大していく性への渇望に苦悩する初老の大学教授の姿を描く。谷崎潤一郎原作の同名小説の三度目の映画化で、脚本・監督はピンク映画界の巨匠木俣堯喬、撮影は「戦争の犬たち」の伊東英男がそれぞれ担当。1997年に監督自ら再編集した「ディレクターズ・カット<完全版>」(80分)が製作・公開されている。

監督
木俣堯喬
出演キャスト
松尾嘉代 田口由緒 江上真吾 渡辺文雄
1954年

右門捕物帖 まぼろし変化

  • 1954年9月6日(月)
  • 出演(ちょんぎれの松 役)

佐々木味津三の「右門捕物帖」を、「風流あじろ笠」の丸根賛太郎と加味鯨児と共同で脚色し、丸根賛太郎が監督に当り、「家庭の事情 ネチョリンコンの巻」の藤井春美が撮影している。右門役者として以前から有名な嵐寛寿郎が主演し、「恋風街道」の南悠子、「鞍馬天狗 疾風八百八町」の鳳八千代のほか、梓真弓、八代洋子、大和七海路らの宝塚スターが出演、松竹の三井弘次と坂本武、東映の月形竜之介らも参加している。

監督
丸根賛太郎
出演キャスト
嵐寛寿郎 三井弘次 坂本武 鈴木桂介

弥次喜多

  • 1954年7月4日(日)
  • 出演(がん六 役)

「鳴門秘帖 前篇(1954)」の舟橋和郎が脚本を書き、「学生五人男」の小杉勇が監督する弥次喜多道中喜劇。「黄金街の覇者」の星島一郎が撮影を、「舞妓物語(1954)」の大久保徳二郎が音楽を担当している。出演者は、「三代目の若旦那」の杉狂児と「夏祭り落語長屋」の清水金一とが弥次喜多コンビを演ずる外、「嵐の青春」の西条鮎子、「少年姿三四郎 第一部山岳の決闘 第二部大川端の決闘」の宇治みさ子、「最後の女達」の利根はる恵に、長谷川菊子、日野明子、大泉滉等。

監督
小杉勇
出演キャスト
杉狂児 清水金一 利根はる恵 鈴木桂介

鈴木桂介の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 鈴木桂介