映画-Movie Walker > 人物を探す > 高屋齋

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2015年 まで合計41映画作品)

2015年

龍三と七人の子分たち

  • 2015年4月25日(土)公開
  • 照明

元ヤクザと詐欺集団との戦いをコミカルに描く、北野武監督による人間ドラマ。オレオレ詐欺にひっかかったヤクザの元組長と仲間たちが詐欺で人々をだまそうとする若者たちに喝を入れる姿を、高齢化社会やオレオレ詐欺といった社会問題を盛り込みながらつづる。元組長役の藤竜也ほか、近藤正臣など平均年齢72歳のベテラン陣が出演。

監督
北野武
出演キャスト
藤竜也 近藤正臣 中尾彬 品川徹
2014年

サクラサク

  • 2014年4月5日(土)公開
  • 照明

『眉山』『アントキノイノチ』など、その著作が続々と映画化されるなど、小説家としても活躍するさだまさし。彼の短編小説を『利休にたずねよ』の田中光敏が映画化したヒューマンドラマ。祖父が老人性認知症を患ったのを機に、その記憶をたどる旅に出た家族が再び絆で結ばれていく姿が描かれる。

監督
田中光敏
出演キャスト
緒形直人 南果歩 矢野聖人 美山加恋
2012年

アウトレイジ ビヨンド

  • 2012年10月6日(土)公開
  • 照明

ヤクザ社会で繰り広げられる壮絶な抗争劇を描き話題を呼んだ、北野武監督によるバイオレンス作の続編にして完結編。前作で死んだはずの、ビートたけし演じる大友が再び登場。関東VS関西の巨大組織の覇権争いや、一網打尽を狙う警察に翻弄されていく姿が描かれる。西田敏行が関西の大物ヤクザ組織の若頭役で北野監督作に初参加。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 西田敏行 三浦友和 加瀬亮
2008年

アキレスと亀

  • 2008年9月20日(土)公開
  • 照明

北野武が監督・主演を兼任する最新作。売れない画家と彼の才能を信じる妻の、長年にわたる絆を温かく映し出す。北野作品初出演の樋口可南子と麻生久美子がヒロインを好演。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 樋口可南子 柳憂怜 麻生久美子

おくりびと

  • 2008年9月13日(土)公開
  • 照明

遺体を棺に納める納棺師となった男が、多くの別れと対峙する、本木雅弘主演の人間ドラマ。一見地味だが、人生の最期に必要な職業を通して、家族や夫婦愛のすばらしさを描く。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
本木雅弘 広末涼子 余貴美子 杉本哲太
2007年

魍魎の匣(はこ)

  • 2007年12月22日(土)公開
  • 照明

京極夏彦の人気ミステリーを、豪華キャストの共演で映画化。1950年代の東京を舞台に、陰陽師でもある古書店主・中禅寺、相手の過去を見通す探偵・榎木津らが怪事件に挑む。

監督
原田眞人
出演キャスト
堤真一 阿部寛 椎名桔平 宮迫博之

監督・ばんざい!

  • 2007年6月2日(土)公開
  • 照明

海外の映画祭に常連となった世界のキタノが「映画ファン必見」と語る、13本目の監督作。北野自身がモデルであろう主人公が、映画製作で困難にぶつかる姿を笑いたっぷりに描く。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 江守徹 岸本加世子 鈴木杏
2004年

血と骨

  • 2004年11月6日(土)公開
  • 照明

「刑務所の中」の崔洋一監督とビートたけし主演による壮絶なヒューマン・ドラマ。強じんな肉体と強欲さで本能のままに生きた男の生きざまを、赤裸々に描く。

監督
崔洋一
出演キャスト
ビートたけし 鈴木京香 新井浩文 田畑智子
2003年

座頭市(2003)

時代劇史上に残る名作シリーズ「座頭市」を、世界的人気を誇る北野武監督が大胆にリメイク。町を牛耳る悪党を相手に大暴れする盲目のヒーローの姿を描いた痛快アクションだ。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 浅野忠信 橘大五郎 大家由祐子
2002年

Dolls(ドールズ)

  • 2002年10月12日(土)公開
  • 照明

異才、北野武監督が初めてラブ・ストーリーに挑戦した話題作。文楽に触発された監督が、日本の四季を背景に現代を生きる3組の男女の激しい“愛の形”を描き出す。

監督
北野武
出演キャスト
菅野美穂 西島秀俊 三橋達也 松原智恵子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高屋齋