映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・ウェーア

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1931年 まで合計15映画作品)

1935年

ロマンスの街

  • 1935年
  • 出演(Miss_Anthrop 役)

「原始人」のフランシス・レデラーが「コンチネンタル」「空中レヴュー時代」のジンジャー・ロジャースと共に主演する映画で「ラッパは響く」「六月十三日の夜」のスティーブン・ロバーツが入社題1回作品として監督に当たったもの。原作はノーマン・クラスナがドン・ハートマンと協力して書き下ろし、「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが「メリケン万歳爆走の巻」のエドワード・カウフマンと共同脚色している。助演者は「青空天国」のアーサー・ホールを始め、「ますらを」のジミー・バトラー、「力と栄光」のJ.ファーレル・マクドナルド、シドニー・トーラー、ドナルド・ミーク等である。キャメラは「熱血撮影隊」「空飛ぶ悪魔」のニコラス・ミュスラカの担当である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
フランシス・レデラー ジンジャー・ロジャース アーサー・ホール ジミー・バトラー
1933年

若き隼

  • 1933年
  • 出演(Tess 役)

「永遠の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが「スター悩殺」「犯罪都市(1931)」のメイ・クラークと「失踪者三万人」「犯罪都市(1931)」パット・オブライエンを相手に主演する映画で、ハウストン・プランチの原作を「世界大洪水」のジョン・グッドリッチと「怪盗往来」のマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「幸運の悪魔」のラルフ・インスが監督にあたり、「春ひらく(1931)」「沈黙(1931)」のチャールズ・ロシャーが撮影した。助演者は「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「ケンネル殺人事件」のロバート・マクウェード、「海の荒鷲(1933)」のロロー・ロイド等である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ビル・ボイド メイ・クラーク パット・オブライエン ロバート・マクウェード

女性暴君

  • 1933年
  • 出演(Pomposia 役)

「ブダペストの動物園」と同じくラスキー作品で「地獄特急」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディが、「闇の口笛」のアーネスト・トルエックス、「お仰いましたわネ」「ミイラ再生」の、デイヴィッド・マナース、「笑う罪人」「沈黙(1931)」のマージョリー・ランボーと共演するもの。ジュリアン・トンプソン作の舞台喜劇に基づいて「快走艇」「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスが脚色して台詞を書き添え、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが台本を作製し、ウォルター・ラングが監督に当たり、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のハル・モーアが撮影した。助演者はオリンピック女流水泳選手ヘレン・マジソン、「第一年」のモード・エバーン、「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「暴君ネロ(1932)」のフェルディナンド・ゴットシャルク、タイニー・サンドフォード等。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
エリッサ・ランディ マージョリー・ランボー アーネスト・トルエックス デイヴィッド・マナース

女囚の生活

  • 1933年
  • 出演(Miss_Johnson 役)

「母」「たそがれの女」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、ドロシー・マッケイとカールトン・マイルス合作の舞台劇に基づいて「仮面の米国」のブラウン・ホームズがウィリアム・マクグラスおよびシドニー・サザーランドと共同して脚色し、「五里霧中」「逃走の島」のハワード・ブレザートンがウィリアム・ケイリーと共同して監督に当たった。カメラは「女性に捧ぐ」「十三号室の女」のジョン・サイツの担任である。助演者は「海底マラソン」「ドクターX」のブレストン・S・フォスター、「春なき二万年」のライル・タルボット「ラスカ」「タクシー」のドロシー・バージェス、「放浪の王者(1930)」「凸凹海軍」のリリアン・ロス、デウィット・ジェニングスス等である。

監督
ハワード・ブレザートン ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック プレストン・S・フォスター ライル・タルボット ドロシー・バージェス

勝利の朝

  • 1933年
  • 出演(Nellie 役)

「若草物語(1933)」に先んじて製作されたキャサリン・ヘップバーン主演映画で、ゾー・エイキンス作の舞台劇を「仮面の米国」のハワード・J・グリーンが脚色し、「キャバレエの鍵穴」「お仰いましたわネ」のローウェル・シャーマンが監督にあたり、「人生の高度計」「不思議の国のアリス(1933)」のバート・グレノンが撮影した。相手役は「戦線の嵐」「男の一頁」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアと「喇叭は響く」「たそがれの女」のアドルフ・マンジュウが勤め、「地方検事」のメアリー・ダンカン、「爆弾の頬紅」のC・オープリー・スミス、ジェネヴァ・ミッチェル、ヘレン・ウェーア等が助演している。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
キャサリン・ヘップバーン ダグラス・フェアバンクス・ジュニア アドルフ・マンジュウ メアリー・ダンカン
1932年

六月十三日の夜

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Morrow 役)

ヴェラ・キャスパリーが書卸した原作を「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リー、「歓呼の涯」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット及びブライアン。・マーロウが脚色 し、「空の花嫁」「歓呼の涯」のスティヴン・ロバーツが監督した映画。主役には「上海特急」「二十四時間」のクライヴ・ブルックが選ばれ、「噂の姫君」のライラ・リー、「七万人の目撃者」「その夜」のチャールズ・ラグルズ「鉄窓と花束」「小間使(1931)」のシーン・レイモンド、「夫を殺すまで」「令女学」のフランセス・ディー、「我等は楽しく地獄へ行く」のエイドリアン・アレン、「小間使(1931)」のメアリー・ボーランド、「歓呼の涯」のビリー・バッツ、「スーキー」のヘレン・ジェローム、・エディー、ヘレン・ウェーア、等が助演している。カメラは「歓呼の涯」「めくらの鼠」のハリー・フィッシュベック。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ライラ・リー チャールズ・ラグルズ ジーン・レイモンド
1931年

乗合馬車(1931)

  • 1931年11月17日(火)
  • 出演(Mrs._Keneman 役)

かつてファースト・ナショナルで映画化されたことのあるジョセフ・ハーゲシーマー作の小説のトーキー化で、「踊る人生」「姫君と武官」のベンジャミン・グレイザーが脚色して台詞をつけ、「愛の暴風」「妾は貴方のものなのよ」のジョン・G・ブライストーンが監督した。カメラは「青春の夢(1929)」「霧の夜道」のテッド・テズラフが担当している。主役は新たに抜擢された無名俳優リチャード・クロムウェルが勤め、千万長者「反逆者」野ノア・ビアリー、「喝采」のジョーン・ピアース、「破壊」「侵略の潮」のジョージ・ダーイ、「トレスパサー」のヘンリー・B・ウォルソール、バーバラ・ベッドフォード、ヘレン・ウェーア等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
リチャード・クロムウェル ノア・ビアリー ジョーン・ピアース ヘンリー・B・ウォルソール

失われた抱擁

  • 1931年
  • 出演(Bessie 役)

「市街」「戦う隊商」のゲイリー・クーパーと「悪魔が跳び出す」「街の紳士」のキャロル・ロンバードが主演する映画で、原作は米国のルウ通俗作家メアリー・ロバーツ・ラインハートの筆になる小説、それをヴィンセント・ローレンスが脚色し、舞台監督たりしロシア出身のマリオン・ガーリングがメガフォンをとり、「キック・イン」「街の紳士」のヴィクター・ミルナーが撮影にあたった。助演者はヘレン・ウェーア、レスター・ヴェイル、チャールズ・トロウブリッジ、クララ・ブランディック等。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
ゲイリー・クーパー キャロル・ロンバード ヘレン・ウェーア レスター・ヴェイル
1930年

桃色の盗賊

  • 1930年
  • 出演(Mrs._Corbett 役)

「女性の罠」「ブロードウェイ(1929)」のイヴリン・ブレント嬢と「シャーロック・ホームズ(1929)」「四枚の羽根」のクライヴ・ブルック氏とが共演する映画で、「恋愛行進曲」「君恋し」の脚色者パーシー・ヒース氏が書卸したストーリーを「ヴァージニアン(1929)」「恋の素顔」のハワード・エスタブルック氏がジョセフ・L・マンキーウィッツ氏と共同して台本並びに台詞を執筆し、「楽園の毒草」「母よ恋し」等をかつてものしたルイ・ガスニエ氏がエドウィン・H・ノッフ氏と共同監督し、「快走王」「レヴュー結婚」のアレン・G・シーグラー氏が撮影したもの。ブレント嬢、ブルック氏を助けて「半分天国」のポール・ルーカス氏、「喝采」のヘンリー・ウォズウォース氏、「ヴァージニアン(1929)」のユージーン・パレット氏、ヴァージニア・ブルース嬢、モーガン・ファーレイ氏等が出演している。

監督
ルイ・ガスニエ エドウィン・H・ノッフ
出演キャスト
イヴリン・ブレント クライヴ・ブルック ポール・ルーカス ユージン・ポーレット

世界の英雄

  • 1930年
  • 出演(Mrs._Edwards 役)

「男女の戦」「心の歌」に次いでD・W・グリフィスが監督した作品で、リンカーンの伝記を劇化せる映画。ジョン・W・コンシダイン・ジュニアがストーリーを執筆し、スティーブン・ヴィンセント・ベネットと前2作の脚色者ゲリット・ロイドが脚色、台詞を担当し、「スキピイ」「悪魔が跳び出す」のカール・ストラッスがクランクした。主役リンカーンには「戦争と貞操」「女は嘘つき」のウォルター・ヒューストンが扮し、「コウモリは囁く」のユーナ・マーケル、「トレスパサー」のケイ・ハモンドその他が助演している。

監督
デイヴィッド・ウォーク・グリフィス
出演キャスト
ルシル・ラ・ヴァーン ウィリアム・L・ソーン ヘレン・フリーマン オットー・ホフマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・ウェーア