映画-Movie Walker > 人物を探す > 真理明美

年代別 映画作品( 1964年 ~ 2000年 まで合計20映画作品)

2000年

スリ

  • 2000年11月4日(土)公開
  • 出演(スられる女 役)

 孤高のスリ稼業に生きる男をめぐる人間ドラマ。都会の片隅で交錯する男女の愛と孤独を、リアルな“スリ”シーンを盛り込んだ緊迫感あふれる映像で描きだす。監督は、「竜馬暗殺」の黒木和雄。

監督
黒木和雄
出演キャスト
原田芳雄 風吹ジュン 真野きりな 柏原収史
1984年

チーちゃんごめんね

  • 1984年5月19日(土)公開
  • 出演(中島道子 役)

33歳の若さで、多くの聴取者から愛され、親しまれながらもガンでこの世を去った女性アナウンサーの姿を描く。成田敦子の手記をもとにした原作の映画化で、脚本は「海峡」の井手俊郎と鈴木雅子の共同執筆。監督は「花街の母」の西河克己、撮影は「唐獅子株式会社」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
秋吉久美子 勝野洋 浅川奈月 佐々木すみ江
1983年

夜明けのランナー

  • 1983年10月15日(土)公開
  • 出演(津坂伸子 役)

故郷に帰る前に愛と青春をかけて、かつての恋人が待つ場所へと走りぬく一人の男の姿を描く。脚本は「不良少年(1980)」の中岡京平、彼は本作品で初めて監督を務めている。撮影は、「逃がれの街」の岸本正広が担当。主題歌は、渡辺徹(「AGAIN」)。

監督
中岡京平
出演キャスト
渡辺徹 美池真理子 広岡瞬 勝野洋
1974年

急げ!若者

  • 1974年7月20日(土)公開
  • 出演(登代子 役)

若者に人気のあるフォー・リーブスと郷ひろみを主演にした歌謡青春映画。脚本は「喜劇 だましの仁義」の田波靖男、監督は「ザ・ゴキブリ」の小谷承靖、撮影は「しあわせ」の上田正治がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
北公次 おりも政夫 江木俊夫 青山孝

野獣死すべし 復讐のメカニック

  • 1974年6月15日(土)公開
  • 出演(矢島典子 役)

昭和34年に公開された「野獣死すべし(1959)」の続編。復讐に賭けたクールな主人公が、非情な戦いを展開するハードボイルドアクション。原作は大藪春彦の小説『野獣死すべし・復讐簾』。脚本は工藤裕弘と「薔薇の標的(1972)」の白坂依志夫、監督は脚本も執筆している「野獣狩り」の須川栄三、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

監督
須川栄三
出演キャスト
藤岡弘、 黒沢年男 緑魔子 小松方正
1968年

夜の手配師

  • 1968年4月11日公開
  • 出演(未知 役)

「三匹の女賭博師」の下飯坂菊馬がシナリオを執筆、「旅路(1967)」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「陸軍諜報33」の仲沢半次郎。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 稲垣美穂子 白木マリ 城野ゆき

忍びの卍

  • 1968年1月27日公開
  • 出演(お栄 役)

山田風太郎の原作(報知新聞連載・講談社刊)を、「日本暗黒史 情無用」の佐治乾と小野竜之助が共同でシナリオを執筆し、「任侠 魚河岸の石松」の鈴木則文が監督した忍者もの。撮影は「三人の博徒」の鈴木重平。

監督
鈴木則文
出演キャスト
夏八木勲 桜町弘子 遠藤辰雄 山本麟一
1967年

錆びたペンダント

  • 1967年9月14日公開
  • 出演(美江 役)

「七人の野獣」のコンビ山崎巌と江崎実生が共同でシナリオを執筆し、江崎実生が監督したムード・アクションもの。撮影は「花を喰う蟲」の安藤庄平。

監督
江崎実生
出演キャスト
渡哲也 山本陽子 木村功 真理明美

網走番外地 悪への挑戦

  • 1967年8月12日公開
  • 出演(春子 役)

伊藤一の原案より「網走番外地 決闘零下30度」の石井輝男が、脚本・監督を担当した“網走番外地”シリーズ第九作目。撮影は「決着(おとしまえ)」の稲田喜一。

監督
石井輝男
出演キャスト
高倉健 嵐寛寿郎 田中邦衛 穂高正伸
1966年

男の顔は履歴書

  • 1966年7月15日公開
  • 出演(李恵春 役)

「大殺陣 雄呂血」の星川清司がシナリオを執筆、「骨までしゃぶる」の加藤泰が監督したアクションもの。撮影は「運が良けりゃ」の高羽哲夫。

監督
加藤泰
出演キャスト
安藤昇 伊丹十三 中原早苗 中谷一郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 真理明美