映画-Movie Walker > 人物を探す > 十朱幸代

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1995年 まで合計75映画作品)

1995年

日本一短い「母」への手紙

  • 1995年11月23日(木)公開
  • 出演(水島多恵 役)

福井県丸岡町が町起こしのために募集した“一筆啓上”から生まれたベストセラー『日本一短い「母」への手紙』の映画化。単行本に収録された230通の中から、「あの人と幸せでしょうか、お母さん。父さんは無口を通し逝きました」という短い手紙をモチーフに、オリジナル・ストーリーで脚本化したのは伊藤亮二と澤井信一郎。監督は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の澤井信一郎。主演は「江戸城大乱」の十朱幸代。共演はほかに「螢II 赤い傷痕」の裕木奈江、「汚い奴」の原田龍二ほか。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
十朱幸代 裕木奈江 原田龍二 鈴木砂羽
1991年

江戸城大乱

  • 1991年12月14日(土)公開
  • 出演(桂昌院 役)

徳川五代将軍の座を巡る熾烈きわまりない跡目争いを豪快に描く時代劇。脚本は「陽炎」の高田宏治が執筆。監督は「必殺!5 黄金の血」の舛田利雄。撮影は「動天」の北坂清がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
松方弘樹 十朱幸代 三浦友和 西岡徳馬

首領になった男

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 出演(野口小夜子 役)

バブル経済下でのし上がっていく一人のヤクザあがりの男の壮絶な生きざまを描くドラマ。松方弘樹の初プロデュース作品で、脚本は「激動の1750日」の中島貞夫と「獅子王たちの夏」の西岡琢也の共同執筆。監督は「遺産相続」の降旗康男。撮影は「アナザーウェイ D機関情報」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
松方弘樹 十朱幸代 名取裕子 近藤真彦
1990年

女帝 春日局

  • 1990年1月20日(土)公開
  • 出演(おふく(春日局) 役)

徳川三百年の歴史の中一代で『女帝』の名を裕しいままにした、本名おふくこと春日局の謎につつまれた半生を描く。原作・脚本は「極道の妻たち 三代目姐」の高田宏治が執筆、監督は「瀬降り物語」の中島貞夫、撮影は「あ・うん」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
十朱幸代 名取裕子 鳥越マリ 草笛光子
1989年

ハラスのいた日々

  • 1989年11月18日(土)公開
  • 出演(徳田晶子 役)

子供のいない中年夫婦と小犬との触れ合いを描く。中野孝次原作の同名ノンフィクション小説の映画化で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の山田洋次と朝間義隆が共同で執筆。監督は「釣りバカ日誌」の栗山富夫、撮影は安田浩助がそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
加藤剛 十朱幸代 益岡徹 日下由美

社葬

  • 1989年6月10日(土)公開
  • 出演(稲積吉乃 役)

大手新聞社トップの権力闘争を描く。脚本は「将軍家光の乱心 激突」の松田寛夫が執筆。監督は「この愛の物語」の舛田利雄、撮影は「将軍家光の乱心 激突」の北坂清がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
緒形拳 十朱幸代 井森美幸 吉田日出子

桜の樹の下で

  • 1989年5月13日(土)公開
  • 出演(竹中育子 役)

一人の男をめぐって繰りひろげられる母と娘の愛と葛藤を描く。渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇」の那須真知子が執筆。監督は「姐御(1988)」の鷹森立一、撮影は「冬物語」の林淳一郎がそれぞれ担当。

監督
鷹森立一
出演キャスト
岩下志麻 七瀬なつみ 寺田農 山口果林
1987年

螢川

  • 1987年公開
  • 出演(水島千代 役)

昭和三十年代の富山県を舞台に少年の性の目ざめと人間的成長を描く。宮本輝の芥川賞を受賞した同名小説を須川栄三と「チェッカーズ SONG FOR U・S・A」の中岡京平が共同で脚本化、監督は「日本人のへそ」の須川栄三、撮影は「海に降る雪」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
須川栄三
出演キャスト
三國連太郎 十朱幸代 坂詰貴之 沢田玉恵

極道の妻たちII

  • 1987年10月10日(土)公開
  • 出演(重宗遊紀 役)

極道の妻たちの世界を描いた「極道の妻たち」の第二弾。家田荘子の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は前作の高田宏治、監督は「燃える勇者」の土橋亭、撮影は水巻祐介がそれぞれ担当。

監督
土橋亨
出演キャスト
十朱幸代 かたせ梨乃 木村一八 竹内力

夜汽車

  • 1987年1月17日(土)公開
  • 出演(岡崎露子 役)

ひとりの男を挟んでの姉妹ふたりの愛憎を中心に、三人を囲む人々の葛藤を描く。宮尾登美子原作の短篇小説「夜汽車」「岩伍覚え書」をもとに「道(1986)」の松田寛夫と「F2グランプリ」の長田紀生が脚本を共同執筆。監督は「最後の博徒」の山下耕作、撮影は「火宅の人」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
十朱幸代 秋吉久美子 萬田久子 白都真理

関連ニュース

閲覧注意!トラウマ必至なあの伝説的カルト映画の恐怖がよみがえる
閲覧注意!トラウマ必至なあの伝説的カルト映画の恐怖がよみがえる(2011年11月21日)

誰しも、幼い頃に見てトラウマになるほどの衝撃を受けた映画の記憶をお持ちではないだろうか? そんなトラウマ映画を語る時に、“最恐”として必ず話題に挙がるのが、19…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 十朱幸代