映画-Movie Walker > 人物を探す > 木下忠司

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2007年 まで合計408映画作品)

1988年

  • 1988年4月29日(金)
  • 音楽

現実感の乏しい夢を追い続ける父親と、それにふり回される家族の姿を描く。牧村裕の作文「父」を元に、「二十四の瞳(1987)」の木下恵介が脚本を執筆。監督は「新・喜びも悲しみも幾歳月」の木下、撮影は「星の牧場」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
木下惠介
出演キャスト
板東英二 太地喜和子 野々村真 斉藤ゆう子
1986年

新・喜びも悲しみも幾歳月

  • 1986年6月28日(土)
  • 音楽

転勤の多い燈台守一家の生活を13年にわたって描く。原作・脚本・監督は「この子を残して」の木下恵介、撮影は「泰造」の岡崎宏三がそれぞれ担当。主題歌は、加藤登紀子(「海辺の旅」)。

監督
木下惠介
出演キャスト
加藤剛 大原麗子 篠山葉子 岡本早生
1985年

泰造

  • 1985年10月18日(金)
  • プロデューサー、音楽

アンコールワットに魅せられた一匹狼の報道カメラマンの生と死を描く。一ノ瀬泰造の『地雷を踏んだらサヨナラ』と一の瀬信子の『わが子泰造』をかがみおさむが脚本化、監督は渡辺範雄、撮影は「この子を残して」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
渡辺範雄
出演キャスト
岡本早生 小林桂樹 中原ひとみ 趙方豪
1984年

修羅の群れ(1984)

  • 1984年11月17日(土)
  • 音楽

暴力の世界に身を投じた男の生生しい半生を描くヤクザ映画。「週刊アサヒ芸能」に連載中の大下英治の同名小説を「花街の母」の村尾昭が脚本化、監督は「徳川一族の崩壊」の山下耕作、撮影も同作の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
山下耕作
出演キャスト
松方弘樹 菅原文太 北島三郎 北大路欣也
1983年

おこりじぞう

  • 1983年6月15日(水)
  • 音楽

監督
板谷紀之 河野秋和
出演キャスト

この子を残して

  • 1983年9月17日(土)
  • 音楽

長崎の原爆で妻を失くし、自らも被爆した医学博士が、自分の体験を後世に残すため書き綴る姿を描く。永井隆原作のノンフィクションの映画化で、脚本は山田太一と「父よ母よ!」の木下恵介の共同執筆。監督も木下恵介、撮影は「南十字星」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
木下惠介
出演キャスト
加藤剛 十朱幸代 中林正智 西嶋真未
1981年

八十七歳の青春・市川房枝生涯を語る

  • 1981年5月7日(木)
  • 音楽

81年2月に亡くなった、参議院議員・市川房枝さんの、婦人運動にかけた人生を綴った長編記録映画。婦人運動で市川房枝さんの後へ続く人たちへ、市川さん自ら画面を通じて歩んできた道のりを語りかける形式で、80年5月から製作されていたが、突然死去されたため、映画は葬式の場面で幕切れとなっている。日本の婦人運動に情熱をかたむけた市川さんの姿を追ったこの作品は、戦後の婦人運動の歴史を知る貴重な映画だ。製作スタッフは、村山英治、村山知雄、木下忠司など。

監督
村山英治
出演キャスト
1980年

父よ母よ!

  • 1980年9月20日(土)
  • 音楽

問題行動を起す子供たちは、親や社会に何を訴えたいのだろうか。大人社会の中で、悩み、迷い、傷つく少年少女たちのエピソードを、取材する新聞記者の眼を通してドキュメンタリータッチで描く。齋藤茂男の同名の原作の映画化で、脚本、監督は「衝動殺人 息子よ」の木下恵介、撮影は「夜叉ヶ池」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
木下惠介
出演キャスト
三原じゅん子 滝沢美幸 吉田康子 夏江麻岐
1979年

トラック野郎 故郷特急便

  • 1979年12月22日(土)
  • 音楽

お馴染、桃次郎とジョナサンのコンビが土佐路を舞台に走り回るシリーズ第十作目。脚本は「天使の欲望」の中島丈博と松島利昭の共同執筆、監督は「堕靡泥の星 美少女狩り」の鈴木則文、撮影は「暴力戦士」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
菅原文太 愛川欽也 石川さゆり 森下愛子

衝動殺人 息子よ

  • 1979年9月15日(土)
  • 音楽

息子を殺された父親の悲しみと、同様の境遇の人々と共に、被害者遺族を保護する法律を作る運動を進める姿を描く。昭和五十三年『中央公論』三月号に掲載された佐藤秀郎の同名のノンフィクションを映画化したもので、脚本は砂田量爾と「スリランカの愛と別れ」の木下恵介の共同執筆、監督も同作の木下恵介、撮影は「燃える秋」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
木下惠介
出演キャスト
若山富三郎 高峰秀子 田中健 尾藤イサオ

関連ニュース

田中裕子、息子役の加瀬亮とユースケを語る
田中裕子、息子役の加瀬亮とユースケに「ハニカミ屋さんでかわいい」 5月23日 21:12

『二十四の瞳』(54)『喜びも悲しみも幾歳月』(57)の木下惠介監督の生誕100年記念映画『はじまりのみち』(6月1日公開)の完成披露試写会が、5月23日に丸の内ピカデリー2で開催。 加瀬亮、田中裕子、濱田岳、ユースケ・…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 木下忠司