映画-Movie Walker > 人物を探す > 曽我廼家明蝶

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1984年 まで合計74映画作品)

1959年

かた破り道中記

  • 1959年3月17日(火)公開
  • 出演(京都所司代 役)

関西喜劇人協会々員の総出演する喜劇。「伴淳の おじいちゃん」の森田竜男の脚本を「二等兵物語 あゝ戦友の巻」の福田晴一が監督した。撮影も「伴淳の おじいちゃん」の太田喜晴。

監督
福田晴一
出演キャスト
伴淳三郎 山田百合子 立原博 小笠原省吾
1958年

みみずく説法

  • 1958年9月23日(火)公開
  • 出演(朝吉親分 役)

今東光の同名原作の映画化で、田舎のお寺天台院の住持が三十六軒の檀家の人々との間に織りなす風俗劇。斎藤良輔・長瀬喜伴・椎名竜治の三人が脚色し「つづり方兄妹」の久松静児が監督、「奴が殺人者だ」の遠藤精一が撮影した。「つづり方兄妹」の森繁久彌・乙羽信子「鰯雲」の司葉子のほか、藤木悠・山茶花究らに、松竹新喜劇の曽我廼家明蝶が出演。

監督
久松静児
出演キャスト
森繁久彌 中村たつ 織田政雄 曽我廼家明蝶
1957年

伴淳・森繁の糞尿譚

  • 1957年5月21日(火)公開
  • 出演(市参事D 役)

第六回芥川賞受賞の火野葦平原作『糞尿譚』の映画化。社会の醜い欲望の渦中に巻込まれた庶民の喜怒哀楽を描く。「憎いもの」の橋本忍が脚色、「踊る摩天楼」のコンビ野村芳太郎が監督、井上晴二が撮影した。主演は「山鳩」の森繁久弥、「続二等兵物語 決戦体制の巻」の伴淳三郎、「世にも面白い男の一生 桂春団治」の脚本執筆者、松竹新喜劇の渋谷天外、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の瑳峨三智子。ほかに山茶花究、村瀬幸子、柳永二郎、沢村貞子、小沢栄太郎(栄改め)、中村是好、三井弘次など。火野葦平が特別出演。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
伴淳三郎 村瀬幸子 市川章 福光広子
1956年

たぬき(1956)

  • 1956年3月18日(日)公開
  • 出演(情夫三五郎 役)

大佛次郎の原作を「新・平家物語」の共同脚色者の一人、依田義賢が脚色し、「愛情会議」の萩山輝男が監督、「顔のない男」の服部幹夫が撮影を担当した。主なる出演者は松竹喜劇の曽我廼家十吾、渋谷天外、曽我廼家明蝶、同五郎八、五九郎、酒井光子、宇治川美智子などの他「四人の誓い」の浅茅しのぶ、「志津野一平 愛欲と銃弾」の宮城千賀子、「大江戸出世双六」の伴淳三郎、「旅がらす伊太郎」の高野真二、「むすこ大学」の朝丘雪路など。

監督
萩山輝男
出演キャスト
曾我廼家十吾 渋谷天外 浅茅しのぶ 中村榮治郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 曽我廼家明蝶