TOP > 映画監督・俳優を探す > 美松艶子

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1983年 まで合計7映画作品)

1983年

陽暉楼

  • 1983年9月10日(土)
  • 出演(仲居A 役)

西日本一を誇る土佐の高知随一の遊興、社交の場、陽暉楼を舞台に、そこでくり拡げられる様々な人間模様を描く。宮尾登美子の同名小説の映画化で、脚本は「鬼龍院花子の生涯」の高田宏治、監督も同作の五社英雄、撮影は「伊賀忍法帖」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
緒形拳 池上季実子 浅野温子 二宮さよ子
1979年

その後の仁義なき戦い

  • 1979年5月26日(土)
  • 出演(女B 役)

暴力組織の新旧交代に伴う激烈な内部抗争に集点を絞り、その中で、翻弄される若いヤクザたちの友情、裏切り、戦い、生きざま死にざまを描く。脚本は「総長の首」の神波史男と「宇宙からのメッセージ MESSAGE_from_SPACE MESSAGE from SPACE」の松田寛夫、監督は「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」以来四年ぶりの工藤栄一、撮影は「トラック野郎 一番星北へ帰る」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
小松方正 星野美恵子 松方弘樹 松尾嘉代
1977年

好色源平絵巻

  • 1977年10月22日(土)
  • 出演(関屋 役)

源平合戦を題材に、双方の大将、源義朝と平清盛の間を往来した薄幸の白拍子常盤御前の性を描く。脚本・監督は「女医の愛欲日記」の深尾道典、撮影は原田裕平がそれぞれ担当。

監督
深尾道典
出演キャスト
菅貫太郎 八並映子 瀬畑佳代子 入江慎也
1976年

ラグビー野郎

  • 1976年5月15日(土)
  • 出演(矢吹くめ 役)

ラグビーに青春を賭ける若者たちが、血のでるような猛練習を続けた後に勝利の栄冠を得る姿を描く。脚本は「激突!殺人拳」の鳥居元宏と「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」の野波静雄、監督は「学生やくざ」の清水彰(1)、撮影は「愉快な極道」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
清水彰
出演キャスト
矢吹二朗 南条弘二 槙健太郎 伊吹新吾
1966年

湖の琴

  • 1966年11月13日(日)
  • 出演(お仲 役)

水上勉の原作を「沓掛時次郎 遊侠一匹」の鈴木尚之が脚色し、「冷飯とおさんとちゃん」の田坂具隆が監督した文芸もの。撮影はコンビの飯村雅彦。

監督
田坂具隆
出演キャスト
佐久間良子 中村嘉葎雄 二代目中村鴈治郎 山岡久乃
1964年

幕末残酷物語

  • 1964年11月11日(水)
  • 出演(キヨ 役)

「愛しながらの別れ」の国弘威雄がオリジナル・シナリオを執筆「車夫遊侠伝 喧嘩辰」の加藤泰が監督した時代もの。撮影は「江戸犯罪帳 黒い爪」の鈴木重平。

監督
加藤泰
出演キャスト
大川橋蔵 河原崎長一郎 富司純子 中村竹弥
1957年

鬼面竜騎隊(二部作)

  • 1957年11月10日(日)
  • 出演(あき 役)

別冊小説倶楽部所載の生駒光朗の原作を太田尋一が脚色、「誉れの陣太鼓」の井沢雅彦が監督した時代活劇。撮影は杉田二郎。主演は「満月乙女笠」の尾上鯉之助、「若さま侍捕物手帳 鮮血の人魚」の星美智子、「富士に立つ影」の円山栄子、それに東宮秀樹改め石井一雄。

監督
井沢雅彦
出演キャスト
尾上鯉之助 石井一雄 五味勝之介 星美智子

美松艶子の関連人物

島田秀雄  星野美恵子  岡島艶子  加藤浩  高松錦之助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 美松艶子

ムービーウォーカー 上へ戻る