映画-Movie Walker > 人物を探す > ストロング金剛

年代別 映画作品( 1983年 ~ 1989年 まで合計8映画作品)

1989年

ファイナル・ファイト 最後の一撃

  • 1989年11月18日(土)公開
  • 出演(世界格闘技選手権参加者 役)

世界格闘技選手権に賭ける男たちの姿を描く。国際派アクション俳優、倉田保昭が企画・製作・原案・アクション監督・主演をつとめ、脚本は沢口義明が執筆、監督は「ドン松五郎の大冒険」の後藤秀司、撮影は村野信明がそれぞれ担当。

監督
後藤秀司
出演キャスト
倉田保昭 ヤン・スー サイモン・ヤム クリスティーナ・ローソン
1988年

ひぃ・ふぅ・みぃ

  • 1988年公開
  • 出演(大きな大家 役)

絵の中の国を抜け出した三人の少女が起こす騒動を描く。脚本・監督は「BU・RA・Iの女」の村上修、撮影は栢野直樹がそれぞれ担当。

監督
村上修
出演キャスト
加藤純子 森山ゆかり 藤本聖名子 藤井一男

独身アパート どくだみ荘

  • 1988年12月24日(土)公開
  • 出演(鉄 役)

独身アパートに住む貧乏青年の恋にまつわる珍騒動を描く。福谷たかしの同名漫画の映画化で、脚本・監督は新人の阿部誠華、共同脚本は滝洸一郎、撮影は佐藤祐史がそれぞれ担当。主題歌は、三好鉄生(「泣かないで泣かないで」)。

監督
阿部誠華
出演キャスト
サード長嶋 松岡知重 中村玉緒 戸川京子
1987年

塀の中の懲りない面々

  • 1987年8月15日(土)公開
  • 出演(すずめ 役)

刑務所を舞台に、一筋縄ではいかない懲役たちの日常を描く。安部譲二原作の同名自伝的小説の映画化で、脚本は「大奥十八景」の鈴木則文と梶浦政男の共同執筆。監督は「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の森崎東、撮影は「哀しい気分でジョーク」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
藤竜也 植木等 柳葉敏郎 森山潤久
1985年

野蛮人のように

  • 1985年12月14日(土)公開
  • 出演(坊主(関東錦連合会) 役)

偶然から思わぬ事件に巻き込まれる女流作家の姿を描く。原作・脚本・監督は「TAN TANたぬき」の川島透、撮影は「それから」の前田米造がそれぞれ担当。主題歌は、薬師丸ひろ子(「ステキな恋の忘れ方」)。

監督
川島透
出演キャスト
薬師丸ひろ子 柴田恭兵 河合美智子 太川陽介
1984年

超電子バイオマン

  • 1984年7月14日(土)公開
  • 出演(モンスター 役)

狂気の科学者ドクターマン率いる新帝国ギアから地球を守るバイオマンの活躍を描く、TVドラマの劇場版。原作は八手三郎の『テレビマガジン』他で連載中の同名マンガ。脚本は曽田博久、監督は堀長文、撮影はいのくままさおがそれぞれ担当。

監督
堀長文
出演キャスト
阪本良介 太田直人 大須賀昭人 田中澄子
1983年

伊賀野カバ丸

  • 1983年8月6日(土)公開
  • 出演(ヤキンバ屋親爺 役)

伊賀の里から東京の名門校に転入してきた忍者の奇想天外な活躍を描くアクションコメディ。別冊マーガレットに連載された亜月裕の同名漫画の映画化で、脚本は長崎行男と「吼えろ鉄拳」の志村正浩、本作品の監督も兼ねている同作の鈴木則文、撮影は「人生劇場(1983)」の北坂清がそれぞれ担当。主題歌は、黒崎輝、高木淳也、真田広之(「青春まるかじり」)。

監督
鈴木則文
出演キャスト
黒崎輝 高木淳也 武田久美子 森永奈緒美

探偵物語(1983)

  • 1983年7月16日(土)公開
  • 出演(和田 役)

殺人事件に巻き込まれた私立探偵と女子大生が、事件を解決し愛を経験するまでを描く。赤川次郎の同名小説の映画化で、脚本は「ニッポン警視庁の恥といわれた二人組 刑事珍道中」の鎌田敏夫、監督は「俺っちのウエディング」の根岸吉太郎、撮影は、「汚れた英雄」の仙元誠三がそれぞれ担当。主題歌は、薬師丸ひろ子(「探偵物語」)。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
薬師丸ひろ子 松田優作 秋川リサ 岸田今日子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ストロング金剛