映画-Movie Walker > 人物を探す > 清水まゆみ

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1998年 まで合計68映画作品)

1998年

激しい季節(1998)

  • 1998年8月1日(土)公開
  • 出演(井上昌代 役)

ヤクザの妻とサラリーマンの許されない愛を描いたシリアスな恋愛ドラマ。監督は「ルビーフルーツ」の君塚匠。「よるべなき男の仕事・殺し」の永原秀一が実話を基に脚本を執筆。撮影は「BEAT」の長谷川元吉。主演は「ブルース・ハープ」の田辺誠一と、これが映画デビュー作となる高橋理奈。

監督
君塚匠
出演キャスト
田辺誠一 高橋理奈 金山一彦 黒沢年男
1988年

死線を越えて 賀川豊彦物語

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 出演(たけ 役)

大正から昭和にかけて活躍したキリスト教社会運動家賀川豊彦の半生を描く。脚本は賀川豊彦原作の小説「死線を越えて」と武藤富男の「評伝賀川豊彦」を元に「極道の妻たちII」の高田宏治と「あっこちゃんの日記」の山田典吾が共同で執筆。監督は同作の山田、撮影は「ナオミ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
国広富之 黒木瞳 松原千明 長門裕之
1983年

泪橋

  • 1983年6月17日(金)公開
  • 出演(パーティーの客 役)

十年の歳月をへだてて同じ家にかくまわれた男と女とその周囲の人々の、隠された過去や心の奥底を描く。村松友視の同名小説の映画化で、脚本は村松と唐十郎の共同執筆。監督は「夕暮まで」の黒木和雄、撮影は「きらめきの季節」の大津幸四郎がそれぞれ担当。

監督
黒木和雄
出演キャスト
渡瀬恒彦 佳村萠 藤真利子 殿山泰司
1968年

夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース

  • 1968年12月7日公開
  • 出演(房子 役)

「尼くずれ」の舟橋和郎がシナリオを執筆し、「(秘)トルコ風呂」の村山新治が監督した夜の歌謡シリーズ第四作。撮影は「荒野の渡世人」の星島一郎が担当した。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 宮園純子 伴淳三郎 吉田輝雄
1966年

大悪党作戦

  • 1966年7月1日公開
  • 出演(路子 役)

「荒野の対決 網走番外地」の石井輝男がシナリオを執筆し、監督したアクションもの。撮影は「さよならはダンスの後に」の平瀬静雄。

監督
石井輝男
出演キャスト
高英男 アントニオ古賀 宍戸錠 吉田輝雄

日本ゼロ地帯 夜を狙え

  • 1966年3月5日公開
  • 出演(秋子 役)

「網走番外地 北海篇」の石井輝男がシナリオを執筆、自ら監督したアクションもの。撮影は「さよならはダンスの後に」の平瀬静雄。

監督
石井輝男
出演キャスト
竹脇無我 吉田輝雄 香山美子 三原葉子

顔を貸せ

  • 1966年2月19日公開
  • 出演(まゆみ 役)

「逃亡と掟」の湯浅浪男と「アンコ椿は恋の花」の小林久三、それに林朗が共同でシナリオを執筆、湯浅浪男が監督したやくざもの。撮影もコンビの森田守。

監督
湯浅浪男
出演キャスト
高宮敬二 初名美香 滝まり子 比嘉照子

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

「昭和残侠伝」でコンビの山本英明と松本功が共同でシナリオを執筆、第一作以来コンビの佐伯清が監督した“昭和残侠伝”シリーズ第二作目。撮影は「おんな番外地 鎖の牝犬」の林七郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 菅原謙二 三田佳子 保積ペペ
1965年

若い野ばら

  • 1965年12月5日公開
  • 出演(成沢英子 役)

藤田敏雄といずみたくの原案を「散歩する霊柩車」の松木ひろしがシナリオ化、監督昇進第一作目の宮崎守が監督した青春もの。撮影は「残菊物語(1963)」の厚田雄春。

監督
宮崎守
出演キャスト
佐野周二 清水まゆみ 中村晃子 いしだあゆみ

逃亡と掟

  • 1965年11月20日公開
  • 出演(志津子 役)

安藤昇の原作を、「やさぐれの掟」の湯浅浪男が脚色、監督したアクションもの。撮影は「男の世界」の森田守。

監督
湯浅浪男
出演キャスト
安藤昇 市川瑛子 高宮敬二 水島道太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 清水まゆみ