映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮川一朗太

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2020年 まで合計26映画作品)

2020年
2019年

スタートアップ・ガールズ

「君の名は。」の上白石萌音と「50回目のファーストキス」の山崎紘菜がW主演する青春ドラマ。自由奔放な大学生企業家・光の事業をサポートすることになった安定志向のOL・希。正反対な二人はぶつかり合いながら、ビジネスパートナーとして成長していく。監督は、「クリーピー 偽りの隣人」共同脚本の池田千尋。

監督
池田千尋
出演キャスト
上白石萌音 山崎紘菜

波乗りオフィスへようこそ

  • 2019年4月19日(金)公開
  • 出演(橘俊介 役)

経営する会社を東京から徳島県美波町に移した吉田基晴の著書『本社は田舎に限る』を原案にした人間ドラマ。大手に押され人材確保が難しくなり、優秀な人材を求め故郷・美波町へ向かった徳永は、町の人々の協力を得ながら奮闘。やがて地域の力にもなっていく。監督は、「オボエテイル」などを手がけ「終わった人」の製作にも参加した、美波町出身の明石知幸。また、同じく美波町出身の赤川修也が撮影を担当。IT 企業社長・徳永を紀行番組『鉄道の旅』シリーズの関口知宏が、徳永をサポートする地元の起業家・岩佐を歌手・作曲家・俳優など多岐に渡り活動する宇崎竜童が演じる。2019年4月5日よりイオンシネマ徳島にて先行公開。

監督
明石知幸
出演キャスト
関口知宏 宇崎竜童 柏原収史 田中幸太朗
2018年

やっさだるマン

  • 2018年4月21日(土)公開
  • 出演(向井さん 役)

「ライトノベルの楽しい書き方」の監督、キャストが再結集し、広島県三原市を舞台にした青春ドラマ。市役所に勤める肇は市の公式キャラクター“やっさだるマン”の管理運営を担当しているが、キャラクターの不人気を気にも留めず、淡々と仕事をこなしていた。出演は、ドラマ『男水!』の佐藤永典、Berryz工房の須藤茉麻、「映画 けいおん!」の竹達彩奈。監督は、「海すずめ」の大森研一。

監督
大森研一
出演キャスト
佐藤永典 須藤茉麻 竹達彩奈 宮川一朗太
2017年

箱入娘面屋人魚

  • 2017年6月17日(土)公開
  • 出演(平次 役)

山東京伝の『箱入娘面屋人魚』を原作にしたナンセンス時代劇コメディ。浦島太郎と鯉が恋に落ち、2人の間に人魚の赤ちゃんが誕生。やがて、浦島が竜宮城を追われることとなり、海に放された人魚は成長後、自分を釣り上げた漁師の平次と結婚するが……。出演は「ラストコップ THE MOVIE」の宮川一朗太、「過激派オペラ」の石橋穂乃香。監督は「青銅の基督」の秋原北胤。

監督
秋原北胤
出演キャスト
宮川一朗太 石橋穂乃香 松田洋治 今村祈履

ラストコップ THE MOVIE

  • 2017年5月3日(水)公開
  • 出演(鈴木誠 役)

唐沢寿明と窪田正孝が凸凹刑事コンビを演じる人気ドラマの劇場版。30年もの昏睡状態から目覚めた熱血刑事・京極と、草食系の若手刑事・望月がコンビを組んで、常識無視の型破りな手段で事件解決に挑む。刑事ドラマとしての楽しさはもちろん、ミステリアスなストーリー展開や、京極を巡る家族ドラマも盛り込まれている。

監督
猪股隆一
出演キャスト
唐沢寿明 窪田正孝 佐々木希 小日向文世
2016年

フローレンスは眠る

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 出演(佐藤英樹 役)

公的記録のない独居高齢者や育児放棄された戸籍のない児童など、社会的なテーマで問題提起し、話題を呼んだ『369のメトシエラ』の小林兄弟監督の長編第2作となるクライム・サスペンス。同族経営の企業にふりかかった誘拐事件の行方が、身代金として要求された伝説のダイヤモンドを巡る愛憎劇とともに描かれる。

監督
小林克人 小林健二
出演キャスト
藤本涼 桜井ユキ 前田吟 池内万作
2011年

麻雀飛翔伝 哭きの竜 外伝2

  • 2011年7月20日(水)公開
  • 出演(音無光一 役)

かつて“哭きの竜”と呼ばれた伝説の雀士・竜を主人公にした能條純一原作の同名麻雀マンガを、2部構成で実写映画化。第1部では組織の内部抗争に巻き込まれる竜を、第2部では関西と関東の組織の争いを描く。監督は、「親父」の井出良英。出演は、『仮面ライダー響鬼』の松田賢二、「家族ゲーム」の宮川一朗太。

監督
井出良英
出演キャスト
松田賢二 宮川一朗太 浜谷康幸 吉沢眞人

麻雀飛翔伝 哭きの竜 外伝1

  • 2011年7月16日(土)公開
  • 出演(音無光一 役)

かつて“哭きの竜”と呼ばれた伝説の雀士・竜を主人公にした能條純一原作の同名麻雀マンガを、2部構成で実写映画化。第1部では組織の内部抗争に巻き込まれる竜を、第2部では関西と関東の組織の争いを描く。監督は、「親父」の井出良英。出演は、『仮面ライダー響鬼』の松田賢二、「家族ゲーム」の宮川一朗太。

監督
井出良英
出演キャスト
松田賢二 宮川一朗太 浜谷康幸 吉沢眞人

恐怖新聞(2011)

  • 2011年5月21日(土)公開
  • 出演(高清水学 役)

つのだじろう原作の同名ホラーコミックを映画化。未来のことが書かれている“恐怖新聞”を読んだ大学生が、命がけで運命に立ち向かう姿を描く。監督は、「ライトノベルの楽しい書き方」の大森研一。出演は、「ラムネ」の真司郎、ドラマ『TOKYOコントロール』の近野成美、ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』の相馬圭祐。

監督
大森研一
出演キャスト
真司郎 近野成美 相馬圭祐 宮川一朗太

関連ニュース

累計400万部を超えるBL小説を高崎翔太&新井裕介出演でファン待望の映画化!
累計400万部を超えるBL小説を高崎翔太&新井裕介出演でファン待望の映画化!(2011年12月22日)

シリーズ開始から19年、累計400万部を超えるベストセラーボーイズラブ小説「富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター」が実写化されることがわかった。 …

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 宮川一朗太