映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ウィットニー

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1970年 まで合計9映画作品)

1970年

無法のライフル

  • 1970年12月19日(土)公開
  • 監督

インディアンと騎兵隊の激闘を描いた西部劇。製作はグラント・ワイトック、監督はウィリアム・ウィットニー。脚本はウィラード・ウィリンガム、メアリー・ウィリンガムの共作。撮影はジャック・マルケット、音楽はリチャード・ラサール、編集がグラント・ワイトックがそれぞれ担当。出演はオーディ・マーフィ、マイケル・バーンズ、ケネス・トビー、マイケル・キープ、ラレイン・スティーブンス、マイケル・ブロジェット、バイロン・モローなど。バテカラー、スタンダード。1966年作品

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
オーディ・マーフィ マイケル・バーンズ ケネス・トビー ラレイン・スティーブンス
1966年

手錠の男

  • 1966年4月2日(土)公開
  • 監督

フランク・グルーバー、リチャード・スカイヤーの共同ストーリーを、アレックス・ゴットリーブとメアリー・ウィラード・ウィリンガムが共同で脚色、新鋭ウィリアム・ウィットニーが監督した西部劇。撮影はジャック・マルクェ、音楽はリチャード・ラサールが担当した。出演は「テキサスから来た男」のオーディ・マーフィ、マイケル・ダンテ、ベン・クーパー、バスター・クラブ、グロリア・タルボット、レイ・ストリックリン、ジョージ・キーマス、フレッド・クローンなど。製作は「クイック・ガン」のグラント・ワイトック。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
オーディ・マーフィ マイケル・ダンテ ベン・クーパー バスター・クラブ
1965年

大襲撃(1964)

  • 1965年当年公開
  • 監督

チャールズ・B・スミスの脚本を「サンタフェへの道」のウィリアム・ウィットニーが監督した西部劇。撮影はアーチ・R・ダルゼル、音楽はリチャード・ラサールが担当した。出演は「クイック・ガン」のオーディ・マーフィ、TV出身のマイケル・ダンテ、リンダ・ローソンなど。製作はグラント・ワイトック。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
オーディ・マーフィ マイケル・ダンテ リンダ・ローソン L・Q・ジョーンズ
1961年

空飛ぶ戦闘艦

  • 1961年12月26日(火)公開
  • 監督

空想科学ものの原作者として知られるフランスの作家ジュール・ヴェルヌの原作を「空挺肉弾部隊」のウィリアム・ウィットニーの監督によって映画化したもの。原作の脚色に当たったのは、「縮みゆく人間」のリチャード・マシスン。撮影は「空挺肉弾部隊」のギルバート・ウォーレントン、音楽は「恐怖の振子」のレス・バクスターがそれぞれ担当。出演者は「ビッグ・サーカス」のヴィンセント・プライス、「独立騎兵隊」のチャールズ・ブロンソン、「大海賊」のヘンリー・ハル、「胸に輝く星」のメアリー・ウェブスター、ウォーリーカンポ、ヴィト・スコッティなど。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
ヴィンセント・プライス チャールズ・ブロンソン ヘンリー・ハル メアリー・ウェブスター

空挺肉弾部隊

  • 1961年2月11日(土)公開
  • 監督

イタリア戦線に活躍したアメリカ空挺部隊の活躍を描いた戦争映画。スタンリー・シプトナーが原作を自ら脚色し、「鉛の弾丸をぶちかませ」のウィリアム・ウィットニーが監督した。撮影は「拳銃に泣くトム・ドーリィ」のギルバート・ウォーレントン、音楽はヘレン・スネドーンが担当。出演は「鉛の弾丸をぶちかませ」のリチャード・バカリアン、ケン・リンチ、ジャック・ホーガン、キャロリン・ヒューズら。製作スタンリー・シプトナー。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
リチャード・バカリアン ケン・リンチ ジャック・ホーガン Jimmy Murphy
1960年

鉛の弾丸をぶちかませ

  • 1960年4月16日(土)公開
  • 監督

1930年代に悪名の高かった女殺人鬼ボニー・パーカーを扱うアクション・ドラマ。脚本を製作者のスタン・シュペトナーが書き、「アラモの砦」のウィリアム・ウィットニーが監督した。撮影はジャック・マータ。出演は新人ドロシー・プロバインのほか、ジャック・ホーガン、リチャード・バカリアン、ジョー・ターケル、ウィリアム・スティーヴンスら。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
ドロシー・プロバイン ジャック・ホーガン リチャード・バカリアン ジョー・ターケル
1958年

動くな殺すぞ

  • 1958年2月12日(水)公開
  • 監督

現金輸送トラックを襲ったギャングが善良な青年に罪を着せようとするサスペンス。短縮版。オリジナルは70分。脚本はヒューストン・ブランチが執筆。製作はウィリアム・オサリヴァン、監督はウィリアム・ウィットニー、撮影はラッド・サカリー、音楽はR・デイル・バッツが担当。出演はジョーン・エヴァンス、ベン・クーパー、マーラ・イングリッシュ、ニック・アダムズなど。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
ジョーン・エヴァンス ベン・クーパー マーラ・イングリッシュ ニック・アダムス
1955年

サンタフェへの道

  • 1955年7月15日(金)公開
  • 監督

クレイ・フィッシャーの小説から「月下の銃声」のリリー・ヘイワードが脚色、「コロラドの急襲」のウィリアム・ウィットニーが監督した色彩西部劇。「アリゾナの勇者」のシドニー・ピッカーが製作した1955年作品である。トルーカラーの撮影はバッド・サッカリー、音楽は「地獄の砦」のR・デイル・バッツである。主演は「ギャングを狙う男」のジョン・ペイン、わが国初登場のフェイス・ドマーグ、「曠野の追撃」のロッド・キャメロンで、「コロラドの急襲」のスリム・ピケンズ、「異教徒の旗印」のレオ・ゴードン、「太鼓の響き」のアンソニー・カルーソーなどが助演する。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
ジョン・ペイン フェイス・ドマーグ ロッド・キャメロン スリム・ピケンズ
1954年

コロラドの急襲

  • 1954年8月公開
  • 監督

「地獄の銃火」のウィリアム・J・オサリヴァンが製作するトルーカラー色彩西部劇1954年作品で、“エクファイア”誌に連載されたトッドハンター・バラードの原作を「アリゾナの勇者」のジョン・K・バトラーと「拳銃の嵐」のリチャード・ワームサーが脚色、中篇監督から昇進したウィリアム・ウィットニーが長篇第1回の監督にあたった。撮影は「私刑される女」のレジー・ラニング、音楽は「暗黒街脱出」のR・デイル・バッツの担当。主演は「闘う沿岸警備隊」のジョン・デレクと「恐怖の一夜(1950)」のジョーン・エヴァンスで、ほかに「ジュビリー街道」のジム・デイヴィス、「悪名高きテキサス人」のキャサリン・マクロード、「私刑される女」のベン・クーパー、「十二哩の暗礁の下に」のハリー・ケイリー・ジュニア、テイラー・ホームズ、ナナ・ブライアントなどが助演する。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
ジョン・デレク ジョーン・エヴァンス ジム・デイヴィス ハリー・ケイリー・ジュニア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ウィットニー