映画-Movie Walker > 人物を探す > 飯島大介

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2018年 まで合計76映画作品)

1984年

トルコの48時間

  • 1984年4月6日(金)公開
  • 出演(下山 役)

ナンバーワン・風俗嬢を中心に、風俗街に生きる人々の人間模様を描く。脚本は望月六郎、監督は「下半身症候群」の中村幻児、撮影は志村敏雄がそれぞれ担当。

監督
中村幻児
出演キャスト
朝吹ケイト 中根徹 本名幸子 ひびき響子

下半身症候群

  • 1984年2月3日(金)公開
  • 出演(支配人 役)

のぞき部屋で働く女とウリセンバーに勤めるホモの男との奇妙な同居生活を描く。脚本は吉本昌弘と高原秀和の共同執筆、監督は「団鬼六 美女縄地獄」の中村幻児、撮影は遠藤政史がそれぞれ担当。

監督
中村幻児
出演キャスト
朝吹ケイト 西川瀬里奈 中根徹 佐藤靖

蜜月

  • 1984年1月28日(土)公開
  • 出演(ケンカの男 役)

ふとめぐり逢った男女が愛し合い、駈け落ちをして蜜月の時を過ごす姿を描く。立松和平の同名小説の映画化で脚本も執筆、監督は「海潮音」の橋浦方人、撮影は「歌麿 夢と知りせば」の中堀正夫がそれぞれ担当。

監督
橋浦方人
出演キャスト
佐藤浩市 中村久美 益岡徹 本田博太郎
1983年

オキナワの少年

  • 1983年9月10日(土)公開
  • 出演(熊 役)

映画に情熱を賭ける一人の男の少年時代と、十一年後の東京での青春時代を交錯させながら沖縄人としての葛藤を描く。沖縄出身の東峰夫原作の同名小説の映画化で、脚本は、中田信一郎、高際和雄、沖縄出身でこれが第一回監督作品の新城卓の共同執筆、撮影は「嵐を呼ぶ男(1983)」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
新城卓
出演キャスト
藤川一歩 内藤剛志 小野みゆき 岡田奈々

団鬼六 美女縄地獄

  • 1983年8月25日(木)公開
  • 出演(高岩伍長 役)

戦争の激化する中で、初夜も果たさずに夫を戦地に招集された美しい新妻が、郵便配達夫に拉致され、SMの愛玩人形として弄ばれる姿を描く。団鬼六の原作『白昼夢』を映画化したもので、脚本は「ポルノ女優志願」の佐伯俊道、監督は「ウィークエンド・シャッフル」の中村幻児、撮影は「女帝(1983)」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

監督
中村幻児
出演キャスト
高倉美貴 山路和弘 伊藤麻耶 森田由梨

セカンド・ラブ

  • 1983年4月8日(金)公開
  • 出演(刑事A 役)

都会の中で生きがいと愛を求めて必死に生きる若い再婚女性の姿を描く。脚本は「人形嫌い」の田中晶子と「ザ・レイプ」の東陽一、監督も東陽一、撮影も同作の川上晧市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
大原麗子 小林薫 中村れい子 アイ・ジョージ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 飯島大介