映画-Movie Walker > 人物を探す > 飯島大介

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2018年 まで合計76映画作品)

1989年

もっともあぶない刑事

  • 1989年4月22日(土)公開
  • 出演(愛川史郎 役)

横浜を舞台にダンディな二人の刑事の活躍を描く。「あぶない刑事」シリーズの第3弾で脚本は「行き止まりの挽歌 ブレイクアウト」の柏原寛司が執筆。監督は同作の村川透、撮影は柳島克己がそれぞれ担当。主題歌は、舘ひろし(夜を抱きしめて)。

監督
村川透
出演キャスト
舘ひろし 浅野温子 仲村トオル ベンガル
1988年

STAY GOLD ステイ・ゴールド

  • 1988年10月29日(土)公開
  • 出演(駅員 役)

三人の少女が友人の自殺をきっかけに旅行へ出かけ、友情を知るまでを描く。原案・脚本は「マリリンに逢いたい」の野沢尚が執筆。監督は「ひぃ・ふぅ・みぃ」の村上修。撮影は「猫のように」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
村上修
出演キャスト
鈴木美弥 水原里絵 堀江葉月 山本清美

ドグラ・マグラ(1988)

  • 1988年10月15日(土)公開
  • 出演(刑事 役)

大学病院の精神科で治療を受ける記憶喪失の青年の幻想を描く。夢野久作原作の同名小説の映画化で、脚本は「十六歳の戦争」の松本俊夫と「カポネ大いに泣く」の大和屋竺が共同で執筆。監督は同作の松本、撮影は「疵」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
松本俊夫
出演キャスト
桂枝雀 室田日出男 松田洋治 三沢恵里

またまたあぶない刑事

  • 1988年7月2日(土)公開
  • 出演(愛川史郎 役)

型破りな2人の刑事の活躍を描く。「あぶない刑事」シリーズの第2弾で、脚本は「あぶない刑事」の柏原寛司と大川俊道が共同で執筆。監督はこれが第一作となる一倉治雄、撮影は「猫のように」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
一倉治雄
出演キャスト
舘ひろし 柴田恭兵 浅野温子 仲村トオル

BU・RA・Iの女

  • 1988年4月23日(土)公開
  • 出演(警官 役)

故郷・沖縄を舞台に男女四人の青春群像を描く。脚本は「ナ・ン・パ 〈軟派〉」の斉藤猛が執筆、監督は「ウェルター」の村上修、撮影は「「さよなら」の女たち」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
村上修
出演キャスト
平歩千佳 小沢仁志 安藤一夫 沢田和美
1987年

あぶない刑事

  • 1987年12月12日(土)公開
  • 出演(愛川史郎 役)

ヨコハマ・港署に籍をおく型破りな二人の刑事の活躍を描く人気TVシリーズの映画化で、脚本は「お嬢さん探偵 ときめき連発!」の柏原寛司と大川俊道が執筆。監督は「化石の荒野」の長谷部安春、撮影は「ハチ公物語」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
長谷部安春
出演キャスト
舘ひろし 柴田恭兵 浅野温子 仲村トオル
1986年

団鬼六 蛇と鞭

  • 1986年8月23日(土)公開
  • 出演(佐伯の乾分 役)

商社の社長が、昔、思いを寄せて振られた女の娘のOLを凌辱する姿を描く。団鬼六の原作の映画化で、脚本は岡哲氏、監督は「赤い禁猟区 ハードコアの夜」の西村昭五郎、撮影も同作の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
真咲乱 黒木玲奈 志麻いづみ 矢吹龍一
1985年

魔性の香り

  • 1985年12月27日(金)公開
  • 出演(テレビスタッフ 役)

夫の暴力に耐えかねて川に身を投げた女と、彼女を助けた中年男の姿を描く。結城昌治の同名小説の映画化で、脚本は「夢犯」の石井隆、監督は「湯殿山麓呪い村」の池田敏春、撮影は「花と蛇 地獄篇」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
池田敏春
出演キャスト
天地真理 ジョニー大倉 風祭ゆき 高橋長英

友よ、静かに瞑れ

  • 1985年6月15日(土)公開
  • 出演(安里秀行 役)

罠にはまって留置所に入れられた友人を救出すべく行動する男を描いたハードボイルド映画。原作は北方謙三の同名小説、脚本は「ユー・ガッタ・チャンス」の丸山昇一、監督は「いつか誰かが殺される」の崔洋一、撮影は「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の浜田毅がそれぞれ担当。

監督
崔洋一
出演キャスト
藤竜也 倍賞美津子 原田芳雄 室田日出男
1984年

ラブホテル 只今満室

  • 1984年11月23日(金)公開
  • 出演(不明 役)

監督
渡辺譲
出演キャスト
瀬川亜紗美 飯島大介 中山あずさ 外波山文明
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 飯島大介