映画-Movie Walker > 人物を探す > アイ・ジョージ

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1983年 まで合計21映画作品)

1983年

セカンド・ラブ

  • 1983年4月8日(金)公開
  • 出演(友春 役)

都会の中で生きがいと愛を求めて必死に生きる若い再婚女性の姿を描く。脚本は「人形嫌い」の田中晶子と「ザ・レイプ」の東陽一、監督も東陽一、撮影も同作の川上晧市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
大原麗子 小林薫 中村れい子 アイ・ジョージ
1974年

悪名 縄張荒らし

  • 1974年4月24日(水)公開
  • 出演(カポネ 役)

かって大映で映画化された「悪名」シリーズの再映画化。河内生まれの暴れん坊朝吉が、腕と度胸で男を売り出していく姿を猫く。脚本は依田義賢、監督は「御用牙 かみそり半蔵地獄責め」の増村保造、撮影も同作の宮川一夫が担当。

監督
増村保造
出演キャスト
勝新太郎 北大路欣也 中村鴈治郎 アイ・ジョージ
1966年

出獄の盃

  • 1966年12月24日(土)公開
  • 出演(長洲辰吉 役)

「フォークで行こう 銀嶺は恋してる」の井上梅次と「脂のしたたり」の高久進が共同でシナリオを執筆、井上梅次が監督したアクションもの。撮影は「白い巨塔」の宗川信夫。

監督
井上海次
出演キャスト
田宮二郎 アイ・ジョージ 成田三樹夫 久保菜穂子

赤いグラス

  • 1966年5月18日(水)公開
  • 出演(ジョー 役)

「男の紋章」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「野郎に国境はない」の中平康が監督したアクションもの。撮影はコンビの山崎善弘。

監督
中平康
出演キャスト
渡哲也 アイ・ジョージ 小林哲子 六本木真

男の魂(1966)

  • 1966年4月16日(土)公開
  • 出演(小柴 役)

「眠狂四郎多情剣」の星川清司がシナリオを執筆、「青雲やくざ」の梅津明治郎が監督した“男”シーリズ第一作。撮影はコンビの加藤正幸。

監督
梅津明治郎
出演キャスト
竹脇無我 香山美子 岸久美子 河津清三郎

昭和最大の顔役

  • 1966年2月25日(金)公開
  • 出演(三谷謙次 役)

「関東果し状」の村尾昭が脚本を執筆、「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」の佐伯清が監督したアクションもの。撮影は「無頼漢仁義」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
鶴田浩二 丹波哲郎 梅宮辰夫 内田朝雄
1965年

無頼漢仁義

  • 1965年12月4日(土)公開
  • 出演(三好 役)

「ダニ」の下飯坂菊馬と「日本侠客伝 関東篇」の野上龍雄が共同でシナリオを執筆、「暗黒街仁義」の渡辺祐介が監督したヤクザもの。撮影は、「昭和残侠伝」の星島一郎。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
鶴田浩二 高松英郎 千葉真一 藤純子

続・網走番外地

  • 1965年7月10日(土)公開
  • 出演(大槻 役)

伊藤一の原作を、「網走番外地(1965)」の石井輝男が脚色、石井輝男が監督した、網走番外地の続篇。撮影もコンビの山沢義一。

監督
石井輝男
出演キャスト
高倉健 アイ・ジョージ 田中邦衛 室田日出男

暗黒街仁義

  • 1965年6月13日(日)公開
  • 出演(根上丈治 役)

「股旅 三人やくざ」の笠原和夫「日本侠客伝 浪花篇」の村尾昭それに「黒い猫」の渡辺祐介が共同でシナリオを執筆、渡辺祐介が監督したアクションもの。撮影は「悪魔のようなすてきな奴」の星島一郎。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
鶴田浩二 丹波哲郎 天知茂 アイ・ジョージ

顔役(1965)

  • 1965年1月3日(日)公開
  • 出演(桑原次郎 役)

「日本侠客伝」の笠原和夫「狼と豚と人間」の深作欣二それに「いれずみ突撃隊」の石井輝男が共同でシナリオを執筆、石井輝男が監督したアクションもの。撮影は「牝」の星島一郎。

監督
石井輝男
出演キャスト
鶴田浩二 高倉健 曽根晴美 待田京介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アイ・ジョージ