TOP > 人物を探す > アーノルド・ベネット

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1947年 まで合計4映画作品)

1947年

浮世はなれて

  • 1947年12月
  • 原作

イギリスの文豪アーノルド・ベネット作の小説を映画化したもので、「王国の鍵」 と同じくナナリー・ジョンソン脚色、ジョン・M・スタール監督になる映画である。主演は「3人の仲間」「ポルカの歌姫」のモンティ・ウーリーと「黄金の夢」に出演した英国の喜劇女優グレイシー・フィールズで、「謎の下宿人」の故レアード・クレガー、「心の旅路」のユーナ・オコナー、「荒野の決闘」のアラン・モーブレイ、「新妻はお医者さま」のメルヴィル・クーパー、「焔の女」のフランクリン・パングボーンらで、撮影は「謎の下宿人」のルシエン・バラードが指揮した。なお製作は脚色者のナナリー・ジョンソンである。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
モンティ・ウーリー グレイシー・フィールズ レアード・クレガー ユーナ・オコナー
1929年

ピカデリィ

  • 1929年
  • 原作、題字

「ヴァリエテ(1925)」「ムーラン・ルージュ」と同じくE・A・デュポン氏が監督したものでイギリスの著名な小説家アーノルド・ベネット氏がデュポン氏のために特にストーリーを書き下ろし特別に字幕まで執筆している。主演者は「南海のアロマ」「悪魔の踊り子」のギルタ・グレイ嬢、「追放の女」「スエズの東」のアンナ・メイ・ウォン嬢及びイギリス映画界の名優ジェームソン・トーマス氏の三人で、他にハンナ・ジョーンズ嬢、シリル・リチャード氏、キン・ホー・チャン氏等が助演している。キャメラは「ムーラン・ルージュ」と同じくウェルナー・ブランデス氏が担任。ドイツ人の監督が、英、米、中の俳優を駆使して製作した国際的映画。(無声)

監督
エワルド・アンドリュー・デュポン
出演キャスト
ギルタ・グレイ アンナ・メイ・ウォン ジェームスン・トーマス キン・ホー・チャン
1921年

浮世を茶にして

  • 1921年
  • 原作

「夫の真相」などと同じくウィットマン・ベネット製作ファースト・ナショナル発売の映画で、主役は「ベルス」や「愛国熱」などに主演したライオネル・バリモア氏である。監督は「夫の真相」と同じくケネス・ウェッブ。アーノルド・ベネットの有名な小説に原作を取ったものである。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
ライオネル・バリモア Thomas Braidon Octavia Broske ドリス・ランキン
1920年

青春を顧みて

  • 1920年
  • 原作

アーノルド・ベネット氏とエドワード・ノブロック氏合作に成る舞台劇に基づきルイス・シャーウィン氏が脚色し、ポール・スカードン氏が監督した。主役は「良人の危険時代」「義人の死」等出演のルイス・ストーン氏で、「女性の悩み」「黄昏の孤児」出演のメアリー・アルデン嬢等が出演している。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ライオネル・ベルモア ハーヴェイ・クラーク ルイス・ストーン アリス・ホリスター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アーノルド・ベネット

ムービーウォーカー 上へ戻る