映画-Movie Walker > 人物を探す > 鵜飼邦彦

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2018年 まで合計31映画作品)

1995年

さわこの恋 1000マイルも離れて

  • 1995年5月27日(土)公開
  • 編集

コンプレックスを持った脚タレントの女性と、追いつめられた売れっ子脚本家との恋を描く恋愛ドラマ。アメリカ出身のポップス・シンガー、キンバリー・フランクの曲をモチーフとしている。監督・脚本は「真夏の地球」の村上修。主演は「大江戸浮世風呂譚 卍舞」の喜多嶋舞。共演は「マークスの山」の西島秀俊。

監督
村上修
出演キャスト
喜多嶋舞 西島秀俊 沖直美 滝沢涼子
1993年

部屋/THE ROOM(1993)

  • 1993年10月23日(土)公開
  • 編集

殺し屋稼家に疲れた男が、死ぬための部屋を探して不動産屋の女係員と共に巡り歩いていく姿を描く、「自転車吐息」(90・16ミリ)の園子温による初の35ミリ劇場用長編作品。全編三十足たらずのシーンを、粗い粒子のモノクロ画面、延々続く長回し、囁くようなセリフ口調、ドラム音のみの音楽で描いている。その独特の斬新なスタイルが評判となり、ベルリン、香港などの映画祭でも招待上映された。

監督
園子温
出演キャスト
麿赤児 洞口依子 佐野史郎 高橋佐代子

人間交差点・道

  • 1993年6月26日(土)公開
  • 編集

血のつながった兄妹であることを知らずに、お互いに恋心を抱いてしまった若い男女の十数年の時の流れを描くドラマ。「人間交差点・不良」、「人間交差点・雨」に続く矢島正雄原作・弘兼憲史作画の連作劇画の映画化第三作で、監督・脚本は「あさってDANCE」の磯村一路。

監督
磯村一路
出演キャスト
坂上忍 斉藤晴彦 網浜直子 真行寺君枝

部屋とYシャツと私

  • 1993年3月6日(土)公開
  • 編集

若い女性の心をつかんで評判となった平松愛理のヒット曲『部屋とYシャツと私』をモチーフにして描く恋愛ドラマ。監督は舞台、ビデオクリップなどで活躍する今井啓毅生で、本作が劇場デビュー作となった。脚本は「グッバイ・ママ」の寺田敏雄が担当。TV『東京ラブストーリー』等で人気の有森也実がヒロインを演じ、彼女のもの憂いモノローグが作品の基調をなしている。

監督
今井啓毅生
出演キャスト
有森也実 杉本哲太 洞口依子 工藤正貴
1991年

ブローバック2 夕陽のギャングたち

  • 1991年11月1日(金)公開
  • 編集

監督
大川俊道
1987年

奥戯快感 艶

  • 1987年1月6日(火)公開
  • 編集

夫が単身赴任中で欲求不満の若妻が繰り広げる痴態を描く成人映画。監督は池田賢一。出演は小林ひとみ、大友由香ほか。

監督
池田賢一
出演キャスト
小林ひとみ 大友由香 稲葉年治 本多菊次郎
1986年

ザ・衝撃

  • 1986年10月10日(金)公開
  • 編集

監督
田胡直道
出演キャスト
沢口久美 染井真理 夕崎みどり 長江洋平
1985年

パラダイスビュー

  • 1985年4月13日(土)公開
  • 編集協力

日本復帰前の沖縄を舞台に、かつての人気ミュージシャンだった青年や本士からやってきた植物学者の男たちの生きる様子が、ファンタスティックな村を背景に描かれる。本土から来たイトー以外は古い沖縄の言葉を使うために、日本語字幕が入れられている。脚本・監督は16ミリ「オキナワンチルダイ」など沖縄を撮り続ける高嶺剛、撮影は東司丘宇天が担当。(16ミリを35ミリにブロウ・アップ)

監督
高嶺剛
出演キャスト
小林薫 戸川純 大宣味静子 平良トミ
1984年

ラブホテル 只今満室

  • 1984年11月23日(金)公開
  • 編集

監督
渡辺譲
出演キャスト
瀬川亜紗美 飯島大介 中山あずさ 外波山文明

青いスカート 危険な飼育

  • 1984年9月15日(土)公開
  • プロデューサー

監督
渡辺譲
出演キャスト
山本あゆみ 真堂ありさ 信実一徳 大谷一夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鵜飼邦彦