映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィットマン・ベネット

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1925年 まで合計3映画作品)

1925年

巨星燦たり

  • 1925年当年公開
  • 監督

ローレンス・マーストン氏が書卸した脚本に基き「星の歌」と同じくホイットマン・ベネット氏が監督したもので「俺が犯人だ!(1924)」「目醒めよ女性」出演のライオネル・バリモア氏が主演し相手役は「湖畔の思い出」「突貫突貫」等出演のミルドレッド・ハリス嬢でその他仏国舞台女優イソベル・ド・レオン嬢、イギリス舞台女優ウィニフレッド・バリー嬢等も出演する。

監督
ウィットマン・ベネット
出演キャスト
ライオネル・バリモア ミルドレッド・ハリス ウィニフレッド・バリー Dorothy Kingdon
1922年

巴里の秘密

  • 1922年当年公開
  • 製作

ユージン・スウ氏の小説「巴里の秘密」をドロシー・ファーナム女史が脚色し、ケネス・ウェッブ氏が監督したウィットマン・ベネット映画で松竹の「世界の極み」と同様アフィリエイテッドが発売したものた。名メイルヴァンバイアー、ルー・コディ氏「飴売娘」「乗合馬車」のグラディス・ヒューレット嬢、「謎の女」等モンタギュー・ラヴ氏「永遠の世界」等出演のドロレス・キャッシネリ嬢等が共演している。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
ルー・コディ グラディス・ヒューレット モンタギュー・ラヴ ドロレス・キャッシネリ
1921年

浮世を茶にして

  • 1921年当年公開
  • 製作

「夫の真相」などと同じくウィットマン・ベネット製作ファースト・ナショナル発売の映画で、主役は「ベルス」や「愛国熱」などに主演したライオネル・バリモア氏である。監督は「夫の真相」と同じくケネス・ウェッブ。アーノルド・ベネットの有名な小説に原作を取ったものである。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
ライオネル・バリモア Thomas Braidon Octavia Broske ドリス・ランキン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィットマン・ベネット