映画-Movie Walker > 人物を探す > 坂本龍一

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2019年 まで合計45映画作品)

2019年

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

  • 2019年8月24日(土)公開
  • 音楽、テーマ音楽(作曲・演奏)

文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞など数々の賞を受賞したドキュメンタリー「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に続き、戦後沖縄で米軍に異を唱えた瀬長亀次郎にフォーカス。日記や映像から、彼の素顔や沖縄の戦後史を浮かび上がらせる。前作に続き、『筑紫哲也NEWS23』でキャスターを務めた佐古忠彦が監督、坂本龍一がテーマ音楽を手がける。語りをフリーアナウンサーの山根基世と俳優・役所広司が担当。

監督
佐古忠彦

パラダイス・ネクスト

妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演したノワール・サスペンス。1年前、シンルーという女性が不審な死を遂げる。彼女のボディガードをしていたヤクザの島は、以来、日本を離れ台湾でひっそりと生きていた。そこに、事件の真相をほのめかす牧野という男が現れる。出演は、「黒衣の刺客」のニッキー・シエ、「目撃者 闇の中の瞳」のカイザー・チュアン。監督は、「雨にゆれる女」の半野喜弘。

監督
半野喜弘
出演キャスト
妻夫木聡 豊川悦司 ニッキー・シエ カイザー・チュアン
2018年

いのちの深呼吸

  • 2018年9月8日(土)公開
  • 挿入曲

「After Tiller」でエミー賞を受賞したラナ・ウィルソンが、自殺防止活動に取り組む僧侶・根本一徹の日常に密着したドキュメンタリー。岐阜県にある大禅寺の住職、根本の元に日々届く自殺志願者からのSOS。根本は彼らの元に駆けつけるが……。坂本龍一が、クリスチャン・フェネスと共同で挿入曲を提供している。

監督
ラナ・ウィルソン
出演キャスト
根本一徹

天命の城

  • 2018年6月22日(金)公開
  • 音楽

12万人の清の軍勢に朝鮮朝廷1万3000人が立ち向かった、丙子の役と呼ばれる戦いを映画化した歴史ドラマ。和平か徹底抗戦か異なる意見を持つ2人の家臣と、決断を迫られる王とのぶつかりあいがスリリングに描かれる。坂本龍一が初めて韓国映画の音楽を手がけ、現代的なシンフォニーに韓国の伝統音楽を取り入れた重厚なサウンドで物語を盛り上げる。

監督
ファン・ドンヒョク
出演キャスト
イ・ビョンホン キム・ユンソク パク・ヘイル コ・ス

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

  • 2018年5月19日(土)公開
  • 出演

デヴィッド・ボウイ、ジム・ジャームッシュ、YMOら多くのアーティストとコラボレーションする写真家・鋤田正義に迫るドキュメンタリー。時代の寵児をカメラに収めてきた足跡を辿るとともに、彼自身や親交ある人々の証言から人柄や魅力を浮かび上がらせる。監督は、数々のミュージックビデオの演出・プロデュースを手がけ、「自分の事ばかりで情けなくなるよ」などのプロデュースを務めてきた相原裕美。鋤田正義の甥・鋤田晃久が、音楽担当およびプロデューサーとして参加している。

監督
相原裕美
出演キャスト
鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async

  • 2018年1月27日(土)公開
  • 出演

アカデミー賞やグラミー賞などに輝くなど、世界的に活躍する音楽家、坂本龍一。2009年の「アウト・オブ・ノイズ」以来8年ぶりとなったオリジナルアルバム「async」のリリースを記念し、2017年4月にニューヨークで行われた限定ライブの模様を映像に収録。2日間限定で200人しか見られなかった幻のパフォーマンスの全貌が明らかになる。

監督
スティーブン・ノムラ・シブル
出演キャスト
坂本龍一
2017年

Ryuichi Sakamoto: CODA

  • 2017年11月4日(土)公開
  • 出演

世界的に活躍する音楽家、坂本龍一に5年に渡って密着取材を敢行したドキュメンタリー。オリジナルアルバム「async」の制作過程だけでなく、YMO時代のライブの模様や2014年の闘病生活など、アーカイブ素材や貴重なプライベート映像から、坂本のこれまでを振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでを追う。

監督
スティーブン・ノムラ・シブル
出演キャスト
坂本龍一

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

第二次大戦後、沖縄で弾圧を恐れず占領米軍に異を唱え続けた瀬長亀次郎を追うドキュメンタリー。2016年放映『米軍が最も恐れた男~あなたはカメジローを知っていますか?~』に追加取材を加え再編集。不屈の男を通し、今につながる問題を浮き彫りにする。監督はテレビ版に引き続き、ニュース番組でキャスターを務めてきたTBSテレビ報道局の佐古忠彦。テーマ音楽はミュージシャン坂本龍一の書き下ろし。2017年8月12日より沖縄・桜坂劇場にて先行公開。

監督
佐古忠彦
出演キャスト
瀬長亀次郎 山根基世 大杉漣

STAR SAND -星砂物語-

  • 2017年8月4日(金)公開
  • 主題曲

「戦場のメリークリスマス」の助監督を務め、「明日への遺言」の脚本を担当したロジャー・パルバースが、自作の小説『星砂物語』を自らの監督で映画化。1945年の沖縄。小島で暮らし始めた少女・洋海は、脱走兵の岩淵、アメリカ人のボブと出会うが……。出演は「秘密 THE TOP SECRET」の織田梨沙、「無限の住人」の満島真之介、「追憶」の三浦貴大。主題曲を坂本龍一が担当。2017年6月21日より沖縄・桜坂劇場にて先行公開。

監督
ロジャー・パルバース
出演キャスト
織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド 三浦貴大

日本と再生 光と風のギガワット作戦

  • 2017年2月25日(土)公開
  • エンディングテーマ

すべての原子力発電を停止し、自然エネルギーへの移行を推進する元弁護士・河合弘之が、環境学者・飯田哲也と共に世界の自然エネルギー事情を訪ね歩くドキュメンタリー。電力輸出が増大するドイツや米国防総省が進める自然エネルギー計画などが明らかに。エンディングテーマを「レヴェナント:蘇えりし者」の坂本龍一が手掛けている。

監督
河合弘之
出演キャスト
河合弘之 飯田哲也

関連ニュース

坂本龍一が語る、『レヴェナント』でイニャリトゥ監督から求められたもの
坂本龍一が語る、『レヴェナント』でイニャリトゥ監督から求められたもの(2016年4月21日)

第88回アカデミー賞で、レオナルド・ディカプリオが悲願の主演男優賞を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』が、いよいよ4月22日(金)より公開される。本作のアレハ…

坂本龍一が告白、『戦場のメリークリスマス』から『レヴェナント』までの音楽の道のり
坂本龍一が告白、『戦場のメリークリスマス』から『レヴェナント』までの音楽の道のり(2016年4月20日)

世界的ミュージシャン、坂本龍一。いや“ミュージシャン”という枠を超えた活動の幅広さや人間力は言うまでもないが、映画音楽については、『戦場のメリークリスマス』(8…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 坂本龍一