TOP > 映画監督・俳優を探す > シャノン・デイ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1926年 まで合計13映画作品)

1926年

太洋の狼

  • 1926年
  • 出演(Martha_Winston 役)

ピーター・B・カイン氏原作の小説をJ・G・ホークス氏が改作、J・グラブ・アレキサンダー氏が脚色し、「第一曲馬団」「怪船幽霊号」等と同じくラルフ・インス氏が監督したもので、前記二映画に悪役を演じたインス氏が双生児の二役を勤め、「モガ地獄」「アメリカ美人」のマーガレット・リヴィングストン嬢と「獅子王ターザン」「紳士怒れば」のドロシー・ダンバー嬢が相手役を演じシャノン・デイ嬢が助演している。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ラルフ・インス マーガレット・リヴィングストン ドロシー・ダンバー シャノン・デイ
1925年

恋文御用心

  • 1925年
  • 出演(Manuela_Sarmento 役)

エルマー・ハリス氏が製作した映画でウィンストン・ブーヴ氏がエインスリー・マガジンに載せた小説を、ハリス氏自らが脚色し、「偉大なる愛(1921)」「物言わぬ北国より」等と々くウィリアム・ウォーシントン氏が監督した。主役は「紐青狂想曲」「南京豆小僧天空の巻」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で、ナイルス・ウェルチ氏、アーリン・プレティ嬢、シャノン・ディ嬢、パートラム・グラスビー氏、フリーマン・ウッド氏、ジョージ・ペリオラット氏、などが助演している。

監督
ウィリアム・ウォーシントン
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー フランセス・レイモンド アーリン・プリティ シャノン・デイ
1924年

人気娘大当たり

  • 1924年
  • 出演(Ruby_Thomas 役)

ファニー・キルバーン女史作の小説を映画化したもので、「刺激を追う女」と同じくモーリス・キヤンベル氏が監督し、台本もキヤンベル氏自らバーシ・ヒース氏とともに執筆した。主演者は「珍雄凱旋」「陽気なパリっ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢と「戦艦くろかね号」「法に追われて」等出演のジョニー・ウォーカー氏で、アラン・ヘール氏、シャノン・デイ嬢、フランセス・レモンド嬢、ウィルフレッド・ルーカス氏等が助演している。

監督
モーリス・キヤンベル
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ジョニー・ウォーカー アラン・ヘイル シャノン・デイ

新婚の危機

  • 1924年
  • 出演(Mollie_O'Brien 役)

ケーリー・ウィルソン氏が特に執筆した物語をジョン・リンチ氏とアリス・D・G・ミラー女史とが脚色し「毒煙の都」「危険なる処女時代」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもので、「腕自慢」「富に群る者」等種留演のエリナー・ボードマン嬢が「痴人哀楽」「受難のテス」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「三人の女」「奇跡の薔薇」等出演のリュウ・コディー氏と共演している。その他クライド・タックエン・スコット嬢、エドワード・コネリー氏、ミス・デュポン嬢、ジョン・パトリック氏等の素晴らしいオール・スター・キャストである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル エリナー・ボードマン リュウ・コディー クライド・クック

憂きも辛きも何のその

  • 1924年
  • 出演(Nan_Hartley 役)

フレデリツク・ハットン、ファニー・ハットン合作の物語によって、「フランス娘」「赤い谷から来た男」等と同じくエドモンド・モーティマーが監督したもので、主役は「フランス娘」「出世水兵」等出演のシャーリー・メイスンで、相手役は「吃驚仰天」「後家さん御用心」等出演のブライアント・ウォッシュバーンが演じ、リチャード・タッカー、シヤノン・デイ等が助演している。

監督
エドモンド・モーティマー
出演キャスト
シャーリー・メイスン ブライアント・ウォッシュバーン Thomes R. Mill リチャード・タッカー
1923年

結婚マーケット

  • 1923年
  • 出演(Reform_School_Girl 役)

エドワード・ルサンの監督した結婚問題劇で、主役は「アダムス・リブ」出演のポーリン・ギャロンで、「社交界の怪賊」等出演のジャック・マルホールや、「霊界の使者」等出演のアリス・レイク等が対手役を演じている。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
ポーリン・ギャロン Kate Lester マーク・ロビンス アリス・レイク

仮面の勇士

  • 1923年
  • 出演(Hilda_Pierce 役)

「悪魔の花園」「虚栄地獄」等と同じくルイ・ガスニエの監督作品で、1921-2年度最良戯曲の一つといわれたギルバート・エメリー原作の舞台劇に基づき、イヴ・アンセルが脚色したもの。主役は「悪魔の花園」「活路は輝く」等出演のガストン・グラス、「虚栄地獄」「聖者エルモ」出演のバーバラ・ラ・マーで、デいヴィッド・バトラー、ドリス・ポウン、シャノン・デイ等も共演する。運命の皮肉を描いた風刺的な物語である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ガストン・グラス バーバラ・ラ・マー ジョン・セント・ポリス マーサ・マトックス
1922年

文明の仮面

  • 1922年
  • 出演(Mimi 役)

ハーバート・バッシュフォードの原作を「三銃士(1921)」「血と砂(1922)」等を監督したフレッド・ニブロが監督したもので、主役は「男は売らず」等と同じくアニタ・スチュアート、対手役はダレル・フォスとウィリアム・コンクリンとである。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
アニタ・スチュアート ダレル・フォス ドナルド・マクドナルド ウィリアム・コンクリン

屠殺者(1922)

  • 1922年
  • 出演(Miss_Santa_Claus. 役)

「苦闘十二年」の原作者アリス・デュアー・ミラー女史の原作を、デミル映画の殆ど総てを脚色したジェニー・マクファーソン女史が脚色し、最近「人間苦」「土曜日の夜」等が紹介されたセシル・B・デミル氏が監督したパラマンウト映画である。主役は「沈黙の都」「何故妻を代へる」等のトーマス・ミーアン氏で、相手役は「土曜日の夜」「ハートの1」等のリートリス・ジョーイ嬢、及び「沈黙の都」「悩める花」等のロイス・ウィルソン嬢、その他ジョージ・フォーセット氏、ジュリア・フェイ嬢、カッスン・ファーガソン氏、レイモンド・ハットン氏、チャールズ・オーグル氏等パ社老練俳優多数出演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
トーマス・ミーアン リートリス・ジョーイ ロイス・ウィルソン ジョン・ミルターン

魂は帰り行く

  • 1922年
  • 出演(Jim_Ware's_Daughter 役)

「良人の危険時代」「人妻の危険時代」ですっかり名を挙げたジョン・M・スタールの監督作品で、フランセス・ニモ・グリーンの小説をベス・メレディスが脚色したもの、主役は「国民の創生」「鬼を欺く男」等出演のヘンリー・B・ウォルソール、「アダムス・リブ」「最後の一瞬」等出演のミルトン・シルス、「唖も語る」「風雲のゼンダ城」等出演のクレア・ウィンザーの3人で、アイリーン・リッチも重要な役を演じる。例によってスタール一流の人情物である。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール クレア・ウィンザー ミルトン・シルス アイリーン・リッチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > シャノン・デイ

ムービーウォーカー 上へ戻る