映画-Movie Walker > 人物を探す > 上原謙

年代別 映画作品( 1945年 ~ 1990年 まで合計151映画作品)

1990年

花の季節

  • 1990年2月27日(火)公開
  • 出演(三好幸太郎 役)

人の心と心を結ぶひとつの命“花”を通して、ある家族の姿を描く。脚本は「この胸のときめきを」の中岡京平が執筆、監督は「公園通りの猫たち」の中田新一、撮影は「ゴジラVSビオランテ」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
中田新一
出演キャスト
栗原小巻 小林稔侍 ガッツ石松 江藤潤
1987年

映画女優(1987)

日本映画史にその名を残す大スター田中絹代の映画デビューの頃から41歳までの半生を描く。脚本は原作となった『小説・田中絹代』(読売新聞社刊/文春文庫版)を書いた「落葉樹」の新藤兼人と「鹿鳴館」の日高真也と同作の市川崑、監督は市川崑、撮影は「雪の断章 情熱」の五十畑幸勇がそれぞれ担当。

監督
市川崑
出演キャスト
吉永小百合 森光子 横山道代 常田富士男
1983年

時をかける少女(1983)

  • 1983年7月16日(土)公開
  • 出演(深町正治 役)

ある日突然、時間を超える能力を持ってしまった少女の不思議な経験と悲しい恋を描く。筒井康隆の同名小説の映画化で、脚本は「転校生」の剣持亘、監督も同作の大林宣彦、撮影も同作の阪本善尚がそれぞれ担当。主題歌は、原田知世。

監督
大林宣彦
出演キャスト
原田知世 高柳良一 尾美としのり 津田ゆかり

ふしぎな國・日本

  • 1983年4月29日(金)公開
  • 出演(ダンディな老人 役)

東京と山口県美祢市を舞台に、チグハグで愛すべき“日本人”を明るく、鮮やかに描く。脚本は「関白宣言」の紺野八郎、監督は「連合艦隊」の松林宗恵、撮影は「土佐の一本釣り」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
松林宗恵
出演キャスト
植木等 財津一郎 玉川良一 左とん平
1968年

春らんまん(1968)

  • 1968年1月14日公開
  • 出演(相良 役)

水木洋子の原作を「ドリフターズですよ! 前進前進また前進」の松木ひろしが脚色したテレビドラマを、「颱風とざくろ」の井手俊郎が映画用に潤色・シナリオ化したホーム・コメディ。監督には「沈丁花」の千葉泰樹があたり、撮影は「燃えろ!太陽」の西垣六郎が担当した。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
新珠三千代 宝田明 白川由美 司葉子
1966年

若い娘がいっぱい

  • 1966年4月3日公開
  • 出演(依田春樹 役)

石坂洋次郎の“楽しい我が家”を「無宿者仁義」の長谷川公之が脚色、「万事お金」の井手俊郎が潤色、「お姐ちゃん三代記」の筧正典が監督した青春もの。撮影は「姿三四郎(1965)」の小泉福造。

監督
筧正典
出演キャスト
上原謙 加藤治子 浜美枝 金子吉延

バンコックの夜

  • 1966年4月3日公開
  • 出演(正代の父文之助 役)

「日本一のゴリガン男」の笠原良三がシナリオを執筆、「団地・七つの大罪」の千葉泰樹が監督したメロドラマ。撮影は「女は幾万ありとても」の完倉泰一。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
加山雄三 張美瑶 星由里子 上原謙
1965年

エレキの若大将

  • 1965年12月19日公開
  • 出演(松原の父 役)

「馬鹿と鋏」の田波靖男がシナリオを執筆、「恐怖の時間」の岩内克己が監督した“若大将”シリーズ第六作目。撮影は「血と砂」の西垣六郎。

監督
岩内克己
出演キャスト
加山雄三 有島一郎 中真千子 飯田蝶子
1963年

海底軍艦

  • 1963年12月22日公開
  • 出演(楠見 役)

押川春浪の“海底軍艦”より「のら犬作戦」の関沢新一が脚色、「マタンゴ」の本多猪四郎が監督した特撮もの。撮影もコンビの小泉一。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
高島忠夫 藤山陽子 小泉博 上原謙

クレージー作戦 くたばれ! 無責任

  • 1963年10月26日公開
  • 出演(畑中 役)

「ハワイの若大将」の田波靖男がオリジナル・シナリオを執筆、「写真記者物語 瞬間に命を賭けろ」の坪島孝が監督した喜劇。撮影は「女性自身」の遠藤精一。

監督
坪島孝
出演キャスト
植木等 ハナ肇 谷啓 犬塚弘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 上原謙