映画-Movie Walker > 人物を探す > 木内みどり

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2017年 まで合計28映画作品)

2017年

ふたりの旅路

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演

「太陽」以来2度目となる桃井かおりとイッセー尾形共演の日本ラトビア初共同製作映画。あることをきっかけに自分の殻に閉じこもっているケイコ。ラトビアの首都リガで開催される着物ショーに参加した彼女は、震災で行方不明になった夫と不思議な再会をする。監督・脚本・編集は、ラトビア出身の映画監督マーリス・マルティンソーンス。

監督
マーリス・マルティンソーンス
出演キャスト
桃井かおり イッセー尾形 アーサース・スクラスティンズ マルティンス・サーメイス
2015年

日本零年 フクシマからの風 第二章

  • 2015年10月24日(土)公開
  • 出演(近所の老婦人 役)

ドキュメンタリー「フクシマからの風 第1章 喪失あるいは螢」の加藤哲監督による、福島原発事故から2年後の世界を描くヒューマンドラマ。出演は、「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の鳥羽潤、「毎日が夏休み」の佐伯日菜子、「こぼれる月」の目黒真希、「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」の木内みどり。

監督
加藤 哲
出演キャスト
鳥羽潤 佐伯日菜子 目黒真希 木内みどり

地球交響曲 ガイアシンフォニー 第八番

  • 2015年3月21日(土)公開
  • 声の出演

イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士の唱えるガイア理論“地球はそれ自体がひとつの生命体である”という考え方に基づき、龍村仁が全作を監督するドキュメンタリーシリーズ第8弾。日本人の中にかすかな残響波として今も響き続けている樹の精霊の声(宇宙の声)を聴く力を甦らせようとする人々の想いと活動を映し出す。

監督
龍村仁
出演キャスト
梅若玄祥 見市泰男 中澤宗幸 中澤きみ子
2006年

長い散歩

  • 2006年12月16日(土)公開
  • 出演(安田節子 役)

2006年モントリオール映画祭でグランプリを受賞した、俳優・奥田瑛二の監督第3作。虐待により心を閉ざした少女と、生きがいを失った老人のせつない交流を描く感動のドラマ。

監督
奥田瑛二
出演キャスト
緒形拳 高岡早紀 杉浦花菜 松田翔太

三年身籠る

  • 2006年1月28日(土)公開
  • 出演(桃子 役)

女優の唯野未歩子が初監督を務めたファンタジー。3年もの間、妊娠し続けた女性と、彼女を取り巻く人々の騒動をユーモラスにつづる。主演はオセロの中島知子。

監督
唯野未歩子
出演キャスト
中島知子 西島秀俊 奥田恵梨華 塩見三省
2004年

世界の中心で、愛をさけぶ

  • 2004年5月8日(土)公開
  • 出演(松本綾子 役)

片山恭一のベストセラー小説を、大沢たかお、柴咲コウ主演で映画化。原作で描かれた恋人の死に対峙する高校生時代に、成長した主人公の現在の恋を織り交ぜてつづる。

監督
行定勲
出演キャスト
大沢たかお 柴咲コウ 長澤まさみ 森山未來
2001年

地球交響曲 ガイアシンフォニー第四番

  • 2001年12月1日(土)公開
  • ナレーション

地球と共生する人々の生き方を言葉と映像でつづるドキュメンタリーの第4弾。今回は沖縄の版画家・名嘉睦稔ら4人が出演し、21世紀の子供たちへのメッセージを語る。

監督
龍村仁
出演キャスト
ジェームズ・ラブロック ジェリー・ロペス ジェーン・グドール 名嘉睦稔
1998年

落下する夕方

  • 1998年11月7日(土)公開
  • 出演(坪田正枝 役)

恋人との別れ、先輩の事故…、辛い現実と向き合うことの出来ない女性が、ひとりの女性との出会いと死別の中で再生していく姿を捉えたドラマ。監督は「MISTY」(三枝健起監督作)で製作を務めた合津直枝で、これが監督デビュー作。脚本は江國香織の同名小説を基に、合津監督自身が脚色。撮影を「D坂の殺人事件」の中堀正夫が担当している。主演は「時をかける少女」(角川春樹監督作)の原田知世と「JOKER/疫病神」の渡部篤郎、「エコエコアザラク」の菅野美穂。第48回ベルリン国際映画祭パノラマ部門、第22回香港国際映画祭、第33回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭コンペティション部門、第22回モントリオール国際映画祭今日の映画部門、第3回釜山国際映画祭アジアの女性監督特集部門、第34回シカゴ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
合津直枝
出演キャスト
原田知世 渡部篤郎 菅野美穂 国生さゆり
1997年

地球交響曲 ガイアシンフォニー 第三番

  • 1997年10月10日(金)公開
  • ナレーション

母なる星・地球(ガイア)に生きる生命の素晴らしさを謳いあげたドキュメンタリーの第3弾。今回は写真家・星野道夫、宇宙物理学者のフリーマン・ダイソン、外洋カヌー航海者のナイノア・トンプソンをフィーチャーした内容である。監督は前2作に引き続き龍村仁。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
龍村仁
出演キャスト
星野道夫 榎木孝明 フリーマン・ダイソン ナイノア・トンプソン
1995年

幻の光

  • 1995年12月9日(土)公開
  • 出演(道子 役)

“生と死”“喪失と再生”をテーマに、宮本輝の告白体の同名小説を映画化した人間ドラマ。これまでテレビのドキュメンタリーを数多く手掛けてきた是枝裕和の劇映画デビュー作。主演はモデル出身でこれが映画デビューとなった、テレビ・ドラマ『輝け燐太郎』の江角マキコ。第52回ヴェネチア国際映画賞・金のオゼッラ賞ほか、国内外で多くの賞を受賞した。95年度キネマ旬報ベストテン第4位。

監督
是枝裕和
出演キャスト
江角マキコ 内藤剛志 浅野忠信 柏山剛毅
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 木内みどり