映画-Movie Walker > 人物を探す > 羽方義昌

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2002年 まで合計15映画作品)

2002年

新・雪国

  • 2002年1月19日(土)公開
  • 撮影

直木賞作家・笹倉明による同名小説を映画化。雪の舞う場末の温泉街を舞台に、失意の中年男と若い芸者との激しい恋を描く。ベテラン俳優・奥田瑛二の迫真の演技に注目!

監督
後藤幸一
出演キャスト
奥田瑛二 笛木夕子 南野陽子 吉行和子
1997年

かっ鳶五郎

  • 1997年11月22日(土)公開
  • 撮影

浅草を舞台に、今も下町に生き続ける職人の心意気を描いた人情ドラマ。監督は「もうDEBUなんて言わせない!」の長濱英高。『週刊漫画ゴラク 増刊ネクスター』連載の本沢たつやの同名コミックを、長濱と三浦和明、駒崎正人が共同で脚色。撮影は「もうDEBUなんて言わせない!」の羽方義昌。音楽は元“CーCーB”の関口誠人が担当している。主演は「明日なき街角」の的場浩司。

監督
長濱英高
出演キャスト
的場浩司 三浦浩一 長門勇 小松みゆき

もうDEBUなんて言わせない!

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 撮影

会社の新製品のキャンペーンのためにダイエットすることになったOLが巻き起こす、笑いと涙のロマンティック・コメディ。監督はこれがデビュー作となる長濱英高。脚本は「女賭博師花吹雪お涼」の安井国穂。撮影にやはり「女賭博師花吹雪お涼」の羽方義昌があたっている。主演は1264人の応募があった“ミスデブコンテスト”の中から選ばれた青山雛で、彼女は映画の進行に合わせて実際に減量してみせている。

監督
長濱英高
出演キャスト
青山雛 石黒賢 田中美奈子 松村邦洋
1996年

女賭博師花吹雪お涼

  • 1996年4月14日(日)公開
  • 撮影

父の仇討ちを胸に秘めた女賭博師の生きざまを描いた任侠映画。監督は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の広瀬襄、脚本は「82分署」の安井国穂、撮影は「眠れる美女(1995)」の羽方義昌がそれぞれ担当した。主演は「日本一短い「母」への手紙」の鈴木砂羽。彼女を取り巻く男たちに、阿部寛、小西博之、織本順吉らがふんしている。

監督
広瀬襄
出演キャスト
鈴木砂羽 阿部寛 小西博之 織本順吉
1995年

眠れる美女(1995)

  • 1995年10月14日(土)公開
  • 撮影

文豪・川端康成の小説『眠れる美女』と『山の音』とをひとつに融合させ、現代的な解釈で捕らえた文芸ドラマ。監督は「恋はいつもアマンドピンク」の横山博人。脚本は大島渚や実相寺昭雄の作品等を手掛け、観念的な世界を描くのを得意とする石堂淑朗。主演は「シンガポールスリング」の原田芳雄と「夢魔」の大西結花。

監督
横山博人
出演キャスト
原田芳雄 大西結花 吉行和子 福田善之
1993年

小津と語る

  • 1993年11月27日(土)公開
  • 撮影

小津安二郎監督生誕九十年(没後三十年)記念して、九三年は様々なイヴェントや上映会が行われたが、その企画の一つとなったドキュメンタリー。小津監督に心酔するスタンリー・クワン、侯孝賢、ヴィム・ヴェンダース、リンゼイ・アンダーソン、アキ・カウリスマキ、ポール・シュレイダー、クレール・ドニら世界の七人の映画監督に、それぞれの指定の場所で、小津監督の写真を前にして、小津作品のスタイルについて、好きな作品、影響を受けた作品などについて語ってもらうという形式のドキュメンタリーで、「東京物語」のリニューアル・ニュープリント上映の併映作品として四十分のショートバージョンが上映された。他に八十分のロングバージョンもある。

監督
田中公義
出演キャスト
スタンリー・クワン 侯孝賢 ヴィム・ヴェンダース リンゼイ・アンダーソン
1992年

おこげ

  • 1992年10月10日(土)公開
  • 撮影

おこげ=おかまにくっつく女の子を軸に、ホモセクシャルな世界の人間ドラマを描く。監督・製作・原作・脚本は「郷愁」(86)以来監督2作目となる中島丈博。撮影は「塀の中のプレイ・ボール」の羽方義昌が担当。

監督
中島丈博
出演キャスト
清水美砂 村田雄浩 中原丈雄 深沢敦
1987年

アイドルを探せ(1987)

  • 1987年当年公開
  • 撮影

二人の男性の間で揺れながらも、自分の想いに素直に生きる女子大生の姿を描く。隔週刊『mimi』に連載中の吉田まゆみ原作の同名漫画の映画化で、脚本は伊藤尚子と監督も兼ねている「時代屋の女房2」の長尾啓司の共同執筆。撮影は「瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園」の羽方義昌が担当。

監督
長尾啓司
出演キャスト
菊池桃子 伊藤かずえ 武田久美子 竹本孝之

塀の中のプレイ・ボール

  • 1987年11月21日(土)公開
  • 撮影

刑務所に服役中の“懲役”たちが官側とのソフトボールの試合を実現させようとする姿を、それぞれのシャバでのエピソードを織り混ぜながら描く。前作「塀の中の懲りない面々」に続くシリーズ第2弾で、安部謙二原作の同名小説の映画化。脚本は同作の鈴木則文と「童貞物語」の掛札昌裕が共同で執筆。監督は「大奥十八景」の鈴木則文、撮影は「アイドルを探せ」の羽方義昌がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
草刈正雄 ジョニー大倉 京本政樹 森山潤久

瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園

  • 1987年1月24日(土)公開
  • 撮影

瀬戸内の淡路島で敗戦をむかえた野球少年少女の10年後の東京での青春を描く。阿久悠の同名小説を河本瑞賢と三村晴彦が共同で脚本化、監督は「愛の陽炎」の三村晴彦、撮影も同作の羽方義昌がそれぞれ担当。

監督
三村晴彦
出演キャスト
田原俊彦 鷲尾いさ子 黒崎輝 佐藤浩市
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 羽方義昌