映画-Movie Walker > 人物を探す > 高峰三枝子

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1990年 まで合計139映画作品)

1990年

花の季節

  • 1990年2月27日(火)公開
  • 出演(北森はな 役)

人の心と心を結ぶひとつの命“花”を通して、ある家族の姿を描く。脚本は「この胸のときめきを」の中岡京平が執筆、監督は「公園通りの猫たち」の中田新一、撮影は「ゴジラVSビオランテ」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
中田新一
出演キャスト
栗原小巻 小林稔侍 ガッツ石松 江藤潤
1989年

226

  • 1989年6月17日(土)公開
  • 出演(斉藤春子 役)

昭和11年2月26日に皇道派の青年将校が決起し、元老、重臣らを襲った二・二六事件を描く。原作・脚本は「肉体の門(1988)」の笠原和夫、監督は同作の五社英雄、撮影は同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
芦田伸介 新克利 有森也実 石橋保
1988年

ラブ・ストーリーを君に

  • 1988年3月5日(土)公開
  • 出演(吉野琴 役)

白血病に冒された少女と、それを見守る青年との純愛を描く。ディディエ・ドゥコワン原作の小説「眼れフローレンス」の映画化で、脚本は「紳士同盟」の丸山昇一が執筆。監督は「恋人たちの時刻」の澤井信一郎、撮影は「この愛の物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
後藤久美子 仲村トオル 佐藤友美 柳沢慎吾
1984年

序の舞

母との愛憎を軸に、師匠・恩師・画塾生など三人の男たちと関わりながら、日本画家として大成していく女の生きざまを描く。宮尾登美子の同名小説の映画化で、脚本は「誘拐報道」の松田寛夫、監督は「人生劇場(1983)」の中島貞夫、撮影は「白蛇抄」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
岡田茉莉子 名取裕子 風間杜夫 水沢アキ
1983年

ふしぎな國・日本

  • 1983年4月29日(金)公開
  • 出演(小松さん 役)

東京と山口県美祢市を舞台に、チグハグで愛すべき“日本人”を明るく、鮮やかに描く。脚本は「関白宣言」の紺野八郎、監督は「連合艦隊」の松林宗恵、撮影は「土佐の一本釣り」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
松林宗恵
出演キャスト
植木等 財津一郎 玉川良一 左とん平

父と子(1983)

  • 1983年1月15日(土)公開
  • 出演(工藤百合 役)

父と子の絆を求めて旅に出る二人の姿を描く。朝日新聞に連載された水上勉の同名の小説を映画化したもので、脚本は「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の菊島隆三、監督はこの作品がデビュー作となる保坂延彦、撮影は「英霊たちの応援歌 最後の早慶戦」の村井博がそれぞれ担当。

監督
保坂延彦
出演キャスト
小林桂樹 中井貴一 三原順子 原田美枝子
1980年

幸福号出帆

  • 1980年11月15日(土)公開
  • 出演(コルレオーニ歌子 役)

オペラ歌手が相続した十億円の遺産をめぐって、オペラ歌手を目ざす娘、元歌手の母、伯母、兄の家族を中心に密輸団の女ボスなどが暗躍する三島由紀夫の同名の小説の映画化。脚本は「竜馬暗殺」の清水邦夫、監督は「幸せを世界の友へ」の斎藤耕一、撮影は「不良少年(1980)」の兼松煕太郎がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
藤真利子 倉越一郎 加藤治子 岸田今日子

天平の甍

  • 1980年1月26日(土)公開
  • 出演(与呂志女 役)

天平年間、日本仏教界の確立のために黄土に渡った四人の日本人青年僧の青春と、唐の高僧、鑒真和上の二十年の歳月をかけて渡日に成功するまでの苦難の道を描く。井上靖の同名の小説の映画化で脚本は「お吟さま(1978)」の依田義賢、監督も同作の熊井啓、撮影は「復讐するは我にあり」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
中村嘉葎雄 大門正明 浜田光夫 草野大悟
1979年

真田幸村の謀略

  • 1979年9月1日(土)公開
  • 出演(淀君 役)

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は「やくざの墓場 くちなしの花」の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、「ひと夏の秘密」の田中陽造、「総長の首」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「地獄(1979)」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 寺田農 あおい輝彦 ガッツ石松
1978年

火の鳥(1978)

  • 1978年8月12日(土)公開
  • 出演(ヒミコ 役)

生とは……?死とは……?そして命とは……?人間が存在する限り、永遠の宿命的問題を壮大なスケールで描いた手塚治虫原作『火の鳥』の古代ヤマタイ国を舞台にした第一部『黎明篇』の映画化。脚本は詩人の谷川俊太郎、監督は「女王蜂(1978)」の市川崑、撮影は「女王蜂(1978)」の長谷川清、特撮監督は「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の中野昭慶がそれぞれ担当。1978年8月19日より全国公開。

監督
市川崑
出演キャスト
若山富三郎 尾美としのり 高峰三枝子 江守徹
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高峰三枝子

ムービーウォーカー 上へ戻る