映画-Movie Walker > 人物を探す > 辰巳柳太郎

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1987年 まで合計53映画作品)

1955年

王将一代

  • 1955年10月2日公開
  • 出演(坂田三吉 役)

北条秀司の原作を「六人の暗殺者」の菊島隆三と「下郎の首」の伊藤大輔が脚色し、同じく伊藤大輔が監督、「下郎の首」の平野好美が撮影を担当した。主なる出演者は「六人の暗殺者」の辰巳柳太郎、島田正吾、「月夜の傘」の田中絹代、「リオの情熱」の木暮実千代、「しいのみ学園」の香川京子、「悪魔の囁き」の中山昭二など。

監督
伊藤大輔
出演キャスト
辰巳柳太郎 田中絹代 木暮実千代 香川京子

風雲三条河原

  • 1955年9月13日公開
  • 出演(近藤勇 役)

「男一匹」の鏡二郎が西亀元貞と協同で脚本を書き、「男一匹」の並木鏡太郎が監督、同じく友成達雄が撮影を担当した。主なる出演者は「六人の暗殺者」の島田正吾、辰己柳太郎、外崎恵美子、「浅草の鬼」の山根寿子、「旗本退屈男 謎の伏魔殿」の徳大寺伸など。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
島田正吾 辰巳柳太郎 徳大寺伸 野村清一郎

六人の暗殺者

  • 1955年6月5日公開
  • 出演(花俣行蔵 役)

「男ありて」の菊島隆三の脚本を、「初姿丑松格子」と同じく新国劇の総出演によって、滝沢英輔が監督する。撮影は「越後獅子祭り やくざ若衆」の藤井春美。「大利根の対決」の島田正吾、辰巳柳太郎以下の新国劇員のほか、「青春怪談(1955 市川崑)」の滝沢修、「貝殻と花」の宮城野由美子、「青竜街の狼」の三島雅夫をはじめ、河野秋武、山形勲らが出演する。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
島田正吾 辰巳柳太郎 宮城野由美子 滝沢修

大利根の対決

  • 1955年4月10日公開
  • 出演(稲葉新吾 役)

「明治一代女」の伊藤大輔の書きおろしの脚本を「紋三郎の秀」の冬島泰三が監督し、「愛すればこそ」の伊藤武夫が撮影に当る。出演者は「消えた中隊」の島田正吾、辰巳柳太郎、「隠密若衆」の花柳小菊、「愛のお荷物」の雨宮節子、「次郎長外伝 秋葉の火祭り」の藤代鮎子のほかに新国劇が総出演する。

監督
冬島泰三
出演キャスト
島田正吾 辰巳柳太郎 清水彰 河村憲一郎

消えた中隊

  • 1955年1月14日公開
  • 出演(香川大尉 役)

井手雅人作の小説『池の塩』を「七人の侍」の黒澤明と「黒い潮」の菊島隆三が共同脚色した三村明の監督第一回作品。撮影は三村明自ら担当、音楽は「初姿丑松格子」の大森盛太郎である。出演者は「平手造酒(1954)」の辰巳柳太郎、島田正吾はじめ新国劇が総出演のほか「初姿丑松格子」の島崎雪子、「かくて夢あり」の梅原道子などである。

監督
三村明
出演キャスト
辰巳柳太郎 河村憲一郎 松木悟郎 大山克巳
1954年

初姿丑松格子

  • 1954年11月30日公開
  • 出演(浪人金子市之丞 役)

新国劇総出演の時代劇で長谷川伸の原作を、「七人の侍」の橋本忍が脚色し、「平手造酒(1954)」の滝沢英輔が監督、「美女と盗賊」の山崎安一郎が撮影に当る。出演者は「平手造酒(1954)」の島田正吾、辰巳柳太郎、「螢草」の島崎雪子、「忠臣蔵(1954)」の滝沢修のほか宮城千賀子、清水一郎、千秋実など。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
島田正吾 島崎雪子 滝沢修 河野秋武

平手造酒(1954)

  • 1954年10月19日公開
  • 出演(平手造酒 役)

「国定忠治(1954)」「沓掛時次郎(1954)」に次ぐ日活の新国劇総出演映画。製作、脚本、監督は「国定忠治(1954)」と同じく星野和平、菊島隆三滝沢英輔で、「風立ちぬ(1954)」の三村明が撮影に当った。辰巳、島田以下の新国劇に加えて、「学生心中」の宇野重吉、「ママの新婚旅行」の山田五十鈴と南寿美子、「三つの愛」の山形勲等が出演する。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
辰巳柳太郎 山田五十鈴 宇野重吉 南寿美子

沓掛時次郎(1954)

  • 1954年7月27日公開
  • 出演(六ツ田の三蔵 役)

「国定忠治(1954)」に次ぐ日活時代劇第二作。長谷川伸の原作より、「国定忠治(1954)」の菊島隆三と「霧の第三桟橋」の井手雅人が共同脚色し、「花と竜 第一部」「花と竜 第二部」の佐伯清が監督している。撮影は「この太陽」の藤井静、音楽は「雪の夜の決闘」の清瀬保二の担当。出演者は「大阪の宿」の水戸光子、「太陽のない街」の三島雅夫のほか、「国定忠治(1954)」に出演した島田正吾、辰巳柳太郎、石山健二郎はじめ新国劇が総出演する。

監督
佐伯清
出演キャスト
島田正吾 水戸光子 香川良久 辰巳柳太郎

国定忠治(1954)

  • 1954年6月29日公開
  • 出演(国定忠治 役)

「かくて夢あり」に次ぐ第二回作品。「にっぽん製」の菊島隆三のオリジナル脚本を、「浮気天国」の瀧沢英輔が監督している。撮影は「或る女」の峰重義、音楽は「美しき鷹」の大森盛太郎。出演者は「足摺岬」の津島恵子、「かくて夢あり」の花柳小菊のほか、「叛乱」の辰巳柳太郎、島田正吾、石山建二郎はじめ新国劇が総出演する。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
辰巳柳太郎 清水彰 津島恵子 花柳小菊

叛乱(1954)

  • 1954年1月8日公開
  • 出演(相沢中佐 役)

二・二六事件に至る陸軍部内の葛藤相剋を描いた立野信之の直木賞受賞作品「叛乱」を原作に「にっぽん製」の菊島隆三が脚色、「広場の孤独」の佐分利信が監督した。なお、佐分利監督は撮影中病いに倒れたため、阿部豊監督が後をつぎ、これを内川清一郎監督が補佐している。撮影は「銀二郎の片腕」の小原譲治、音楽は「広場の孤独」の早坂文雄。キャストは映画俳優の他、新派、新劇人が大挙出演している。

監督
佐分利信
出演キャスト
細川俊夫 清水将夫 鶴田浩二 山形勲
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 辰巳柳太郎