TOP > 映画監督・俳優を探す > ゲイン・ホイットマン

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1932年 まで合計13映画作品)

1932年

エスキモー(1932)

  • 1932年
  • ナレーション

F・W・ムルナウの助監督だったユーイング・スコットが1931年の3月から9月にかけてアラスカ北部のイヌイット地区に於いて監督撮影した映画で、ストーリーは氏自ら書き下ろし、キャメラはローイ・クラッフキがクランクした。主役は白人とイヌイット婦人のハーフなるチー・アクが勤め、イヌイットのキアツク(娘)、トユク少年、ラナク、ナー・シュクの2老人が重なる役を演ずる。この映画にはゲイン・ホィットマンが呈する説明がついている。

監督
ユーイング・スコット
出演キャスト
チー・アク キアツク トユク ラナク
1931年

メキシコ

  • 1931年
  • 出演(Tenny 役)

「ダルマッジの独身倶楽部」につづくリチャード・タルマッジの主演映画で、マデリン・アレンの原作からフランシス・ジャクソンが台詞を書き撮影台本を執筆し、上記作品と同じくノール・メイスンが監督にあたった。主役を助けて「女秘聞」のルピタ・トヴァー、ゲイン・ホィットマン、ジュリアン・リヴェロ、サム・アッペル等が出演。

監督
ノエル・メイソン
出演キャスト
リチャード・タルマッジ ゲイン・ホイットマン ジュリアン・リヴェロ サム・アッペル
1928年

ラッキー・ボーイ

  • 1928年
  • 出演(Mr._Trent 役)

「珍雄凱旋」で我国に紹介された舞台の人気者ジョージ・ジェッセル氏の主演する映画で、ヴァイオラ・ブラザーズ・ショーア女史の原作にヒントを得て「田舎娘」のノーマン・タウログ氏とチャールズ・シー・ウィルスン氏とが監督したものである。ジョッセル氏の相手役は「ニューヨーク」「瞳を刺す足」出演のマーガレット・クィンビー嬢であるが、そのほか「三人水兵恋行脚」のグェン・リー嬢、ウィリアム・ストラウス氏、ローザ・ロザノヴァ嬢、リチャード・タッカー氏、等も出演している。発声版の方は、パート・トーキーで、それに歌、擬音、伴奏がついている。この方ではジョッセル氏が得意の歌を聞かせるのである。

監督
ノーマン・タウログ チャールズ・C・ウィルソン
出演キャスト
ジョージ・ジェッセル ローザ・ロザノヴァ ウィリアム・ストラウス マーガレット・クィンビー

冒険児(1928)

  • 1928年
  • 出演(Tornado 役)

「ボルガ」「大帝の密使」と同じくビアチェスラフ・トゥルジャンスキイ氏の監督作品でレオン・アブラムス氏の原作を「海賊(1926)」のジャック・カニンガムス氏が脚色した。主演者は「荒原の勝利者」のティムス・マッコイ氏「アリゾナの快男児」のドロシー・セバスチャン嬢でゲイン・ホイットマン氏、チャーウス・デラニー氏、ジョージ・コウル氏、マイケル・ビサロフ氏、アレックス・メレシュ氏、キャサリン・ブロック嬢等が助演している。

監督
ヴィアチェスラフ・トゥルジャンスキイ
出演キャスト
ティム・マッコイ ドロシー・セバスチャン チャールズ・デラニー ジョージ・コウル
1927年

男装女剣客

  • 1927年
  • 出演(Jose_Hernandez 役)

「勇肌美人女給」「娘十八運動狂」と同じくダラレンス・バッジャー氏が監督したビービー・ダニエルスス嬢主演喜劇で、ジョン・マクダーモット氏が書き卸した物語を氏自身ロイド・コロガン氏と共同して脚色したもの。ダニエルス嬢の相手役は「娘十八運動狂」「令嬢無銭旅行」と同じくジェームズ・ホール氏で、「神ぞ知る」「ニウヨーク」等出演のウィリアム・ボウエル氏を始め、ジョセフ・スウィッカード氏、ゲイン・ホィットマン氏、トム・ケネディー氏、ジョアン・スタンデイング嬢等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジェームズ・ホール ウィリアム・パウエル ジョセフ・スウィッカード

曲者揃い

  • 1927年
  • 出演(Marshall_Stone 役)

E・J・ラス氏が書き卸した物語をレックス・テイラー氏が脚色し「チョビ髭七面騒動」「蹴球王」等と同じくフレッド・ニューメイヤー氏が監督したもので、主役は「要心無用」「ロイドの水兵」等出演後休養中だったミルドレッド・デイヴィス嬢と「最後の栄冠」「男見るべからず」等出演のロイド・ヒューズ氏が演じ、「戦艦くろかね号」「海馬」等出演のジョージ・バンクロフト氏を始め、エル・ブレンデル氏、ウィリアム・V・モング氏、オットー・マティーソン氏、ベティー・フランシスコ嬢、ゲイン・ホィットマン氏等が助演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ミルドレッド・デイヴィス ロイド・ヒューズ ジョージ・バンクロフト エル・ブレンデル
1926年

奔流天に騰る

  • 1926年
  • 出演(Andy_Lowry 役)

1923年度のピュリツァ賞を得たハッチャー・ヒューズ氏の戯曲を映画化したもので、ヴィイタグラフ誌がウォーナァ・ブラザース社に併合されると共に制作者として入社したジュー・スチュアート・ブラックトン氏が第1作品として監督製作した。因みに脚色はブラックトン氏令妹マリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が擔任した。主役は「娘は踊る」「陽気な巴里っ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で對手役は「知略三段返し」「白牙に衂りて」等出演のジョン・ハロン氏「白牙に衂りて」「男は度胸」等出演のゲイン・ホィットマン氏及び「夢の街」等出演のガードナー・ジェームズ氏が演じ、エヴェリン・セルビー嬢ジェームズ・マーカス氏等が助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ジョン・ハロン ゲイン・ホイットマン ガードナー・ジェームズ

恋は曲者変装自在

  • 1926年
  • 出演(Clive_Hunt 役)

「馬車で風切る男」に続いてチャールズ・ライズナー氏が監督したシドニー・チャップリン氏主演喜劇で、ロバート・シャーウッド氏バートラム・ブロック氏合作の物語をダリル・フランシス・ザナック氏が脚色したものである。チャップリン氏の相手女優は「快走百万哩」「陽気なパリっ子」等主演のパッシー・ルス・ミラー嬢が勤め、ゲイン・ホィットマン氏、マッシュー・ベッツ氏、デヴィド・トーレンス氏、エディス・ヨーク嬢等が助演している。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
シドニー・チャップリン パッシー・ルス・ミラー ゲイン・ホイットマン マシュー・ベッツ

お化粧兵隊

  • 1926年
  • 出演(Albert_the_premier 役)

匿名作家の小説に基づいてソニア・ハーヴェイ女史が脚色し、「奥様お耳拝借」「弱虫大手柄」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督したもので、主役は「愛欲外道」「女心を誰か知る」等出演のローウェル・シャーマン氏が演じ、「ペンキ塗り立て」「馬車で風切る男」出演のヘレン・コステロ嬢が相手役を勤め、ウィラード・ルイス氏、ジェーン・ウィントン嬢、ゲイン・ホィットマン氏、エセル・グレイ・テリー嬢、マーナ・ローイ嬢及びモード・ジョージ嬢が共に共演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ローウェル・シャーマン ヘレン・コステロ ウィラード・ルイス ゲイン・ホイットマン

浮かれ女房

  • 1926年
  • 出演(Edward_Martindale 役)

ビートリス・バートン女史作の小説に基づいてチャールズ・ローグ氏が脚色し、「吹けよ春風」「白牙に破りて」等と同じくハーマン・C・レイメイカー氏が監督したもので、主役は「特製鋼鉄人形」「裏表七人組」等出演のマリー・プレヴォー嬢と「特製鋼鉄人形」「男は度胸」等出演のマット・ムーア氏でジョン・パトリック氏、メーベル・ジュリエン・スコット嬢、ゲイン・ホィットマン氏、ジョージ・アーヴィング氏等が共演している。

監督
ハーマン・C・レイメイカー
出演キャスト
マリー・プレヴォー マット・ムーア ジョン・パトリック ドン・アルヴァラド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ゲイン・ホイットマン

ムービーウォーカー 上へ戻る