映画-Movie Walker > 人物を探す > 内藤陳

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1998年 まで合計15映画作品)

1998年

麗猫伝説 劇場版

  • 1998年8月16日(日)公開
  • 出演(役者 役)

1983年に大林宣彦監督は、入江たか子とその娘の入江若葉を迎えて尾道で作った、化け猫映画へのオマージュ的作品。もともとテレビ用映画として作られた16ミリ作品の劇場上映。

監督
大林宣彦
出演キャスト
入江たか子 入江若葉 柄本明 風吹ジュン
1997年

しずかなあやしい午後に

  • 1997年1月25日(土)公開
  • 出演(検疫官 役)

外国ではひとつのジャンルとして確立している短編映画を、その素地のない日本で製作しようという試みの下、作られた短編映画集。アニメーション、ファンタジー、ホラーのタイプの異なる3作品が収められ、これが監督デビューとなるグラフィックデザイナーの太田和彦、「怖がる人々」の和田誠、「白い馬」の椎名誠が、それぞれ監督にあたっている。スイカを買いに行った少年の1日をつづった“ワニメーション”の第1話「スイカを買った」(モノクロ・11分)は、台詞は一切なく、字幕と効果音だけで構成されたユニークなアニメーション。第2話「ガクの絵本」(カラー・29分)は、山間の川をカヌーで下るひとりの男と1匹の犬のある日の出来事を描いたファンタジー、第3話「遠灘鮫腹海岸(とおのなださめはらかいがん)」(カラー・29分)は、浜辺の砂に沈んでしまった男の不思議な体験を描くホラーで、それぞれ「ガクの冒険」の雑種犬・ガクとエッセイストの野田知佑、「ガクの冒険」の林政明が主演をつとめた。

監督
太田和彦 和田誠 椎名誠
出演キャスト
ガク 野田知佑 タロウ 高樹澪
1994年

SAEKO

  • 1994年1月22日(土)公開
  • 出演(内藤 役)

新宿・歌舞伎町を舞台に、女私立探偵の活躍を描くアクション映画。真柴貴興の原作『捜し屋 冴子』をもとに、真柴自身が脚本を担当。監督は相澤睦彦で本作がデビュー作となる。TVドラマ「悪魔のKISS」等で活躍した常盤貴子が主演する他、プロレスラーの藤原喜明をはじめ、藤原組、LLPWなどのレスラーたちや実在のレディース暴走族が大挙出演。スーパー16ミリ。

監督
相澤睦彦
出演キャスト
常盤貴子 紅夜叉 風間ルミ 藤原喜明
1993年

月はどっちに出ている

  • 1993年11月6日(土)公開
  • 出演(谷爺 役)

在日コリアンのタクシー運転手とフィリピーナの恋を軸に、在日外国人をはじめ東京に暮らす様々な人々のたくましい日常をシリアス、かつコミカルに描くドラマ。梁石日の『タクシー狂操曲』を原作に、「Aサインデイズ」の崔洋一が監督。本作に先立ち、WOWOWで放映された同名の短編連作が土台となっている。脚本は鄭義信と崔の共同。撮影は「お墓と離婚」の藤沢順一が担当。主演の忠男役にはWOWOW版の石橋凌に代わって劇団SETの岸谷五朗が扮している。キネマ旬報ベストテン第一位。スーパー16ミリ。

監督
崔洋一
出演キャスト
岸谷五朗 ルビー・モレノ 絵沢萠子 小木茂光
1992年

心臓抜き

  • 1992年5月17日(日)公開
  • 出演(黄泉屋仁吉 役)

死んだはずの男と再会した青年がミステリアスな事件に巻き込まれていく様を描く。脚本・監督は自主映画出身の高橋玄。撮影監督は高橋英明がそれぞれ担当。

監督
高橋玄
出演キャスト
伊藤猛 鈴木なお 山脇たづさ 藤井章人
1990年

香港パラダイス

  • 1990年4月28日(土)公開
  • 出演(珍玉斉 役)

世紀末の混沌を象徴する香港と東京を舞台にミステリアスな事件に巻き込まれたヒロインの活躍を描く。脚本・監督は「どっちにするの。」の金子修介、共同脚本は「まんだら屋の良太」の高橋正康と長谷川隆、撮影は「どっちにするの。」の高間賢治がそれぞれ担当。

監督
金子修介
出演キャスト
斉藤由貴 大沢誉志幸 相原勇 井森美幸
1988年

日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群

  • 1988年3月29日(火)公開
  • 出演(魚谷 役)

永遠の女性像を求めて彷徨う男たちの姿を描く。やまさき十三、さだやす圭原作の劇画「おかしな2人」の映画化で、脚本は「さびしんぼう」の剣持亘と「漂流教室」(潤色)の小倉洋二、大林宣彦と薩谷和夫が共同で執筆。監督は同作の大林宣彦、撮影は長野重一がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
竹内力 永島敏行 南果歩 原泉
1987年

さらば愛しき人よ

  • 1987年公開
  • 出演(ストームフィールドのマスター 役)

ヤクザという非情な世界に生きる男が、ある日、幼なじみの女と出会った……。甦った思い出と再燃した《愛》を抱きかかえて、男はバイオレンスの闇を突きすすむ。「プルシアンブルーの肖像」の脚本家・西岡琢也の原作を、「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」の原田眞人が脚本化し、自ら監督している。撮影は藤沢順一。

監督
原田眞人
出演キャスト
郷ひろみ 石原真理子 木村一八 佐藤浩市
1986年

玄海つれづれ節

  • 1986年1月15日(水)公開
  • 出演(ソープランド支配人 役)

北九州を舞台に、夫に蒸発された女性が仲間に助けられながら自立していく姿を描く。吉田兼好原作の『徒然草・第三八段』の映画化で、脚本は「オーディーン 光子帆船スターライト」の笠原和夫と下飯坂菊馬、兵頭剛の共同執筆。監督は「天国の駅」の出目昌伸、撮影は「ビッグ・マグナム 黒岩先生」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
吉永小百合 八代亜紀 風間杜夫 草笛光子
1984年

麻雀放浪記

  • 1984年10月10日(水)公開
  • 出演(おりん 役)

敗戦直後の東京の片隅でひたすら麻雀を打ち続け、様様な勝負師との出会いでもう一つの人生を学んでいく若者を描く。阿佐田哲也の同名小説の映画化で、イラストレーターの和田誠が初の脚本を執筆、監督としてデビュー、「野菊の墓」の澤井信一郎が脚本を共同執筆している。撮影は「ダブルベッド」の安藤庄平。

監督
和田誠
出演キャスト
真田広之 大竹しのぶ 加賀まりこ 内藤陳
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 内藤陳